オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:消費者物価指数


    持ち家の帰属家賃を除いたもの 通常、ニュース等で報道される消費者物価上昇率物価が○%上がった、といった値は全国総合指数が使われる。 消費者物価は個人所得等のデフレータとして使用される。例えば実質個人所得を求める際の式は以下のとおり。 名目個人所得÷消費者物価指数×100…
    12キロバイト (1,902 語) - 2023年6月17日 (土) 08:58

    (出典 www.sankei.com)


    日本の物価伸び率が米国に逆転したとのニュースを聞いて一安心しました。円安の影響もあるのかもしれませんが、これからも安定した経済成長が続いてほしいです。

    1 首都圏の虎 ★ :2023/07/22(土) 12:47:42.98 ID:VClqe49U9
    日本の6月の消費者物価指数(CPI)は生鮮食品も含む全体の指数が前年同月比3.3%のプラスとなり、3.0%の米国を追い抜いた。およそ8年ぶりの日米逆転だが、賃金の伸びは見劣りする。岸田文雄政権が目指す「物価と賃金の好循環」は遠い。賃上げが進まないと消費が冷え、成長に響きかねない。

    全文はソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA20C4Q0Q3A720C2000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1689906158

    ★1 2023/07/22(土) 08:59:56.33
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1689991066/

    【【経済】賃金上昇は鈍る中、日本の物価が急上昇‼ 深刻なインフレの兆しか⁉】の続きを読む


    【生活】不安で不安で仕方ない・・・電気代ってどこまで上がり続けるの?


    物価上昇 13カ月ぶりに鈍化 電気・ガス代抑制策で
    …2月の全国の消費者物価指数の上昇幅が、3.1%となった。 政府の電気代抑制策などの効果で、伸びは13カ月ぶりに縮小している。 2月の全国の消費者物価…
    (出典:FNNプライムオンライン(フジテレビ系))


    一般家庭の平均的な電気料金は、2012年10月時点で、25.9 ct/kWhであった。2011年の一般家庭の支出のうち、電気代は2.4%を占める(右の図参照)。1998年~2011年のあいだでに電気料金は上昇しているが、ドイツ連邦エネルギー・水道事業連盟(ドイツ語版)の発表によると、平均的な3人家庭の状況は…
    58キロバイト (6,971 語) - 2023年2月9日 (木) 15:53


    政府の電気代抑制策が効いていることは良いニュースですが、今後は他の分野にも目を向けて、物価上昇を抑制する取り組みが必要だと思います。

    【【生活】不安で不安で仕方ない・・・電気代ってどこまで上がり続けるの?】の続きを読む


    フレーションであり、財やサービスの一般的な価格水準が持続的に低下することである。インフレーションの一般的な指標はインフレ率で、物価(通常は消費者物価指数)の長期的な変化率を年率換算したものである。 経済学者は、非常に高いインフレ率やハイパーインフレ
    31キロバイト (4,508 語) - 2023年3月16日 (木) 11:44
    インフレの原因として、消費者物価指数に含まれていない側面(たとえば、医療費や住居費)が大きく影響している可能性があります。

    1 アルカリ性寝屋川複垢 ★ :2023/03/17(金) 07:38:45.80ID:H54TIHkW9
    シリコンバレー銀行とシグネチャー銀行の突然の破綻をめぐる混乱はまだ続いているものの、米金融当局が両行の預金を全額保護する措置を早々に発表したことで、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のための利上げを停止する可能性は消えたというのが筆者の基本認識だ。

    とは言え、時々刻々と新たな情報が加わっており、シナリオはあくまで可変的であることに留意されたい。

    さて、問題のインフレの推移だが、いち早く上昇が始まった欧米についてはピークアウトが鮮明になってきた一方、日本では依然加速が続いている。

    日銀が3月10日に発表した2月の国内企業物価指数(PPI)からは、インフレ圧力がいまだに残っている実情が確認された。

    前月比では0.4%低下と2020年11月以来のマイナスを記録したものの、前年同月比では8.2%上昇と引き続き大幅な伸びが続いた。2022年12月は同10.5%上昇、1月は同9.5%上昇だったので、プラス幅の縮小に注目すると、インフレ抑制は確かに進んでいるように見える。

    しかし、2月のPPIが鈍化した背景には、同月から始まった政府による電気・ガス代負担軽減策の効果がある。例えば、電力・都市ガス・水道の寄与度は前月比マイナス0.52%と、全体のマイナス幅(0.4%低下)を上回る。

    また、原油価格の落ち着きも見られ(ただし顕著に下落したわけではない)、石油・石炭製品の寄与度は前月比マイナス0.10%だった。

    このほか、木材・木製品の寄与度も前月比マイナス0.02%を記録したが、これらのマイナス寄与となった3類別(電力・都市ガス・水道、石油・石炭製品、木材・木製品)を仮に無視すると、PPIは前月比0.2%上昇という結果になる。

    企業の間で取引されるモノについては、物価上昇の主役が「エネルギー以外」に移っている状況を読み取れる。


    長いので続きはソースで
    YAHOO(businessinsider) 3/16(木) 11:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b1a1958fb7c35ac15a3e3b2bea3b65785474156

    【【経済】もう耐えるしかないのか⁉日本のインフレが終わらない明白な理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ