オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:森保一


    PK ペナルティーキック ペナルティーキック - サッカーのルールのひとつ。 PK戦 - サッカーで、規定の試合時間を終了して決着がつかなかった際に行うもの。 ゴールキック (ラグビー) - ラグビーユニオン及びラグビーリーグのルールのひとつ。 ペナルティーキック (プロレス技) -…
    3キロバイト (438 語) - 2021年11月4日 (木) 14:43
    確かにコースの狙いが絞りきれていなかったような感じはしました。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/12/06(火) 09:22:34.50ID:bjPYS+SQ9
    ◆カタールW杯▽決勝トーナメント1回戦 日本代表1―1(PK1―3)クロアチア代表(5日・アルジャヌーブ競技場)

    【アルワクラ5日=スポーツ報知取材班】日本は史上初の8強を懸けた決勝トーナメント(T)1回戦でクロアチアに1―1の延長戦でも決着がつかず、PK戦1―3で敗れた。森保ジャパンが目指してきた「新しい景色」を見ることはできなかった。PK戦は1番手の南野、三笘が続けてGKに阻まれた。3番手の浅野は決めたが、4番手で登場した主将DF吉田もGKに止められた。

    森保一監督はPK戦は「運だと思います。というのと、訓練と両方あると思います」と話し、日本のPK戦における課題についても言及した。「これまでも、育成年代(の指導者)も含めて色んな経験させていただいた。ボールを強く、狙ったところに決めていくことにおいては、日本と欧州であったり、世界のトップを走るチームと差があるなと感じてきていました。今日の試合に関しては、相手GKは本当に素晴らしかった。もっと強く狙ったところに蹴れるから、駆け引きができる。今後日本サッカーのポイントとしていかなければいけない」と課題に挙げた。

    スポーツ報知2022年12月6日 5時39分
    https://hochi.news/articles/20221206-OHT1T51057.html

    【【話題】やはり日本のPK技術は低いのか?】の続きを読む


    森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
    37キロバイト (3,642 語) - 2022年11月28日 (月) 08:11
    当然ですね、こんな勝ち方をして続投しない訳ない‼

    1 首都圏の虎 ★ :2022/12/03(土) 11:01:24.19ID:nsglHtOI9
     日本サッカー協会は、「*組」ともいわれたE組で首位突破を決めた、森保一監督(54)の手腕を高く評価した。現在はFIFワールドカップ(W杯)期間中のため、延長オファーをすぐには出さないが、大会終了後に検証の時間を経て早ければ22年中、遅くても23年1月までには正式オファーを出す。

     森保監督との契約はこの大会まで。日本協会の田嶋会長は森保采配を高く評価しつつも「最後の決断はオレがするけれど(続投は)技術委員会で決めること。オレはしゃべらない」。しかしある幹部は「森保が断らない限り、この大会を最後に彼との契約を延長しない理由がない」と話した。

     特に今大会、負傷者が続出するなど、万全な戦力ではない上に「*組」と言われたほどの強敵ドイツ、スペインを撃破した求心力を高く評価する。

     大会後、森保監督は約1カ月の長期休暇をとり、激戦の疲れを癒やす予定。その間、大会の検証とともに、田嶋会長を中心に選定委員会数人の協議を経て正式に続投要請する流れとなる。そのため、次期監督選任は長期化するが、森保監督の続投の方針が変わることはない。

     森保監督には「(スペインのように)子どもからA代表まで同じサッカーができるように、日本もなった方がいい」との願望がある。長期体制に突入すれば、その夢の現実味も増してくる。【盧載鎭】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/508e73d3918b757e4fba9f9f0ddf21c2e050b630

    【【注目】歴代最高⁉森保一監督続投オファーへ!!!!!】の続きを読む


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
    37キロバイト (3,645 語) - 2022年11月27日 (日) 12:37
    ドイツ戦に勝利しただけに敗戦のショックは大きい。

    1 Anonymous ★ :2022/11/27(日) 21:24:40.42ID:8BZCPcU39
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc14dcb99347b047da22cabb2f3627a96b46b2c1

    ◇27日 サッカーW杯カタール大会 1次リーグE組 日本0―1コスタリカ(アルラヤン)

     日本は勝てば2大会連続の1次リーグ突破に近づくところだったが、コスタリカに0―1で敗れた。2014年大会でベスト8入りした実績を持つ相手の堅守を最後まで崩せず、迎えた後半36分に痛恨の失点を喫した。

     ドイツを倒して勢いに乗るサムライブルーは開始早々に積極的な仕掛けを見せた。スタメン起用された左サイドの相馬がいきなり相手をかわして攻め込んだ。

     しかし、守りを固めるコスタリカに対し、シュートまでなかなか持っていけない時間が続いた。前半はビッグチャンスをつくれず、0―0のまま、後半へと折り返した。

     後半は4バックから3バックにシステムを変えて臨んだ。スイッチが入った格好になり、立ち上がりから攻勢。後半1分、小気味いい流れから守田がシュートを放ち、相手GKナバスを初めて慌てさせた。同12分、相馬がドリブルシュート。相馬は同18分にはFKを直接狙っていった。

     ゴールが生まれそうな雰囲気が漂い始め、先制されたあとの同44分には波状攻撃を繰り広げたが、最後まで決め切ることができなかった。

    中日スポーツ



    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1669550499/

    【【驚愕】ガーン・・・日本、コスタリカにまさかの敗戦‼11/27】の続きを読む

    このページのトップヘ