オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:時短営業


    最高裁判所(さいこうさいばんしょ、Supreme Court of Japan)は、東京都千代田区隼町4番2号にある、日本における司法府の最高機関。日本国憲法で存在が規定され、裁判所法に基づき構成される。略称は、最高裁(さいこうさい)。 最高裁判所は、日本国憲法が施行された1947年5月3日に、日本
    33キロバイト (4,481 語) - 2022年6月22日 (水) 12:37
    元オーナーの言い分もわからんでもないな。恐らくこれは最高裁まで行くね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/29(水) 11:10:18.31
    2022年06月28日

     24時間営業を自主的にやめ、一躍脚光を浴びたセブン-イレブン東大阪南上小阪店の元オーナー、松本実敏さん(60)。その後、セブン本部に契約を解除されたのは不当として、取引再開を求めた訴訟を起こしていた。

     ***

     松本氏は元々工務店を経営していた。2008年9月のリーマンショックの影響で工務店を辞め、2012年、セブン-イレブンの店主となった。
    ところが、人手不足が慢性化し、自身の過重労働が続いたため、2019年2月から時短営業に踏み切った。するとセブン側は同年12月、7年7カ月の間にお客からのクレームが336件もあったことを理由に、契約を解除したのだった。
     松本氏は店舗の明け渡しを拒否し、2020年2月、店主としての地位確認や契約解除の無効などを求めて大阪地裁に提訴していたが、今年6月23日、その請求が棄却されたのである。
    「私の弁護士は、無茶苦茶な判決と言っていますよ」
     と語るのは、松本氏。




    100人の支援者
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06281701/?all=1

    【【話題】セブンイレブン本部に敗訴した『東大阪・元オーナー』の言い分とは? 】の続きを読む


    【注目】結局、どうなったの⁉セブンイレブン元オーナーVS本部の裁判がついに判決を迎えたぞ‼


    セブン&アイ・ホールディングス > セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、日本のコンビニエンスストアチェーン。セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社で、日本のコンビニエンスストアとしては最大手。チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している。
    156キロバイト (21,502 語) - 2022年6月15日 (水) 18:38


    オーナー側が近隣住民やお客様を今まで大切にしてこなかった事が敗訴の原因だと思う。

    【【注目】結局、どうなったの⁉セブンイレブン元オーナーVS本部の裁判がついに判決を迎えたぞ‼】の続きを読む

    このページのトップヘ