オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:日銀


    過度な賃上げは労働コストの上昇による国際競争力の低下やコスト・プッシュ・インフレを招く。 しかし、労働組合が分権的に組織されている場合、個々の労働組合にとって、他の企業・産業の賃金交渉で賃上げ抑制が実現される保証はない。 もし他の企業・産業で大幅な賃上げが実現したにもかかわらず、自分たちだけ賃上げ
    23キロバイト (2,925 語) - 2024年3月29日 (金) 10:24

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    賃上げが消失すると、消費が低迷し景気が悪化する可能性がある。政府や日銀が再び介入することは避けられないかもしれない。

    1 蚤の市 ★ :2024/07/14(日) 07:44:16.95 ID:73A/rvfK9
    政府と日銀が11〜12日に2日連続で為替介入を実施したとの観測が市場で浮上している。対ドルの円相場は一時157円台まで上昇したが、日米の金利差はなお大きく円安圧力は引き続き強い。政府は円安の長期化で賃上げ効果が消失し、経済の好循環に水を差す事態を危惧する。

    「日本は輸入の8割が外貨建てなので投機による円安で輸入物価が上がる。それで国民の生活が脅かされるとしたら問題だ」。財務省の神田真人財務官は1...(以下有料版で,残り1444文字)

    日本経済新聞 2024年7月13日 19:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA11BKS0R10C24A7000000/

    【【経済】企業の賃上げ遅れ、政府・日銀が介入を検討中‼ 景気回復への影響は?】の続きを読む


    円 (通貨)のサムネイル
    円安水準へと逆戻りし(右上グラフ青線)、はもはやローカル通貨でしかないという評価もされた。に対するこうした評価は、に対する先感を助長し、先述したキャリー取引を加速させた。しかし、2008年にかけて、金融危機が深刻化する中での独歩高が進行しており、過度の円安期待が歪んだものであったことを示唆している。…
    46キロバイト (4,332 語) - 2024年6月24日 (月) 11:54

    (出典 pattayaja.com)


    円安ってここまで影響が大きいんですね。日常の食費にも影響が出てくるとは驚きです。

    1 @シャチ ★ 警備員[Lv.16] :2024/06/27(木) 20:50:25.57 ID:lR4qm2Da9
    きのう、節目の160円を突破した円相場は、きょうも160円台半ばでの取引が続く歴史的な円安局面となっています。その影響はあの国民食にも出ています。

    サクサク衣に肉汁がつまったとんかつ。この国民的な食材、豚肉の価格に“異変”が起きています。

    安井ミート 安井健浩 社長
    「仕入れ値は毎週10円ずつぐらいの勢いでどんどん上がっている」

    メキシコ産の豚の腕肉。4年前は1キロ480円でしたが、今は680円。およそ1.5倍に値上がりしました。

    背景にあるのは37年半ぶりの水準となった円安です。

    節目の160円を突破し、歴史的な円安局面となった円相場。

    鈴木俊一 財務大臣
    「特に経済に対する影響については強く懸念している」

    鈴木大臣は「必要な対応をとる」と改めて市場をけん制しましたが、政府・日銀が行った為替介入は、わずか2か月でその効果をなくした形です。

    円安は私たちの生活にも影響を及ぼしています。


    「豚肉好きだから(妻が)豚肉を買ってくるが、今は鶏肉になっちゃってる」

    このまま円安が進めば、値段が上がるだけではなく、豚肉そのものが手に入らなくなるかもしれないといいます。

    安井ミート 安井健浩 社長
    「問屋さんの方が買い負ける。量を買えないと値段も上がってしまう悪循環がいま続いています」

    海外から商品を輸入する際、外国に買い負ける。それは豚肉に限ったことではありません。

    これは通貨の国際的価値を示したグラフ。2020年を100とした場合、主要国は通貨の価値が上がっていますが、日本は下落し続け、今年5月は過去最低を更新。4年間で“円の実力”が落ちているのです。

    安井ミート 安井健浩 社長
    「本来は安定してみんなが食べやすいもの、今は豚肉ですら高級食材になりつつある」

    輸入に頼る私たちの生活に影響する円安。今後、「円の実力」を上げるためにどんな政策が必要か、問われることになります。

    TBSテレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/642ed60a50b63aac8091dd9e9cd851a8df14b6b1

    【【経済】日本の食品価格急上昇‼ 円安で豚肉高騰が止まらない‼】の続きを読む


    円相場(えんそうば)は、に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)。 特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対するの相対価値を示すことがある。 国際市場において、日本の通貨である
    74キロバイト (12,565 語) - 2024年6月5日 (水) 21:23

    (出典 diamond.jp)


    この円高で海外通販がお得になるかも!欲しいものがたくさんあるので楽しみです。

    1 PARADISE ★ :2024/06/26(水) 21:36:05.06 ID:A7eo9ev19
    先ほど、外国為替市場で円相場が節目の1ドル=160円を超えました。160円を突破するのは、政府・日銀が為替介入に踏み切ったことし4月以来、2か月ぶりです。

    円安の要因となっている日米の金利差は当面縮まらないとの観測から、より高い金利で資金を運用しようと円売り・ドル買いの動きが強まりました。

    4月に為替介入のあった1ドル=160円台をつけたことで、市場では介入への警戒感が一層高まっています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e9ec32ee9ac1a7546e4c6377822c6cb6d7b9b3b

    ★1 2024/06/26(水) 18:56:37.87
    ※前スレ
    【速報】円相場、1ドル160円へ★2 [PARADISE★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1719400026/

    【【注目】今後の円相場予測‼ 1ドル160円を超える可能性は?】の続きを読む


    植田和男のサムネイル
    植田 和男(うえだ かずお、1951年〈昭和26年〉9月20日 - )は、日本の経済学者。第32代日本銀行総裁。専門はマクロ経済学、金融論。東京大学名誉教授。 静岡県出身。年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) 運用委員長、日本銀行政策委員会審議委員、東京大学大学院経済学研究科長、共立女子大…
    23キロバイト (2,685 語) - 2024年4月19日 (金) 22:28

    (出典 mainichi.jp)


    日銀の国債買い入れ減額決定は、金融政策の正常化を進める上で重要なステップですね。景気の回復が進んでいる証拠と受け止められるでしょう。

    1 ぐれ ★ :2024/06/14(金) 12:33:36.80 ID:3T+CWdRT9
    ※06/14 12:26
    NHK

    日銀は14日まで開いた金融政策決定会合で、金融政策の正常化に向けて国債の買い入れの規模を減らすことを決めました。

    これまで月間6兆円程度を買い入れるとしていましたが、次回の会合で今後1年から2年程度の具体的な減額計画を決定するとしています。

    続きは↓
    日銀 国債買い入れの減額を決定 金融政策の正常化さらに進める
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240614/k10014480611000.html

    【【経済】日銀の決定が日本経済や株価に与える影響は?】の続きを読む


    国債のサムネイル
    国債が安全であるか、あるいは安全でないかということは、それを発行している国家の財政の状態などによる。格付け機関が各国の国債の評価・格付けを行っている。 国債は他の債券同様に発行された後でも市場で売買できるため、価格は常に変動する。国債価格とその裏返しとしての国債金利(長期金利)は世界情勢や、国債
    35キロバイト (3,234 語) - 2024年2月2日 (金) 03:02

    (出典 www.sbbit.jp)


    日銀の保有国債を減額する決定、少し驚きました。しかし、経済状況を考えると、正常化の一環として適切な措置かもしれません。

    1 蚤の市 ★ :2024/06/13(木) 07:40:03.41 ID:TGUT2uTC9
    【この記事のポイント】
    ・日銀が国債の保有残高の圧縮を検討
    ・一定の幅を持たせつつ、段階的に買い入れを減らす案が浮上
    ・金利に続き、量的緩和政策も正常化へ
    日銀は13~14日に開く金融政策決定会合で、国債買い入れの減額を検討する。3月に異次元緩和を解除してからも長期金利の急変動を避けるためそれ以前と同程度の買い入れを続けてきたが、保有国債の残高を段階的に減らす方向で議論する。金利に続き、「量」の面でも正...(以下有料版で、残り1137文字)

    日本経済新聞 2024年6月13日 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB1262K0S4A610C2000000/

    【【経済】保有国債を減額する日銀の決定、市場への影響は?】の続きを読む

    このページのトップヘ