オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:新型コロナ


    新型コロナウイルスとして位置づけられていたものである。以下の4ウイルスはいずれもベータコロナウイルス属(英語版) (Betacoronavirus) に属する。 新型コロナウイルスの「新型」には、既知のウイルス科分類に属する新しい病原体という意味がある。すなわち、新型コロナウイルスは、コロナ
    17キロバイト (1,618 語) - 2023年12月2日 (土) 14:06

    (出典 amr.ncgm.go.jp)


    耐性ウイルスの変異によって治療が長期化するとは驚きです。がん患者がさらなるリスクにさらされることになるのは心配ですね。研究者たちによる迅速な対策が求められます。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/02/16(金) 11:32:21.89 ID:w+Gg714J9
    免疫不全のがん患者らが新型コロナウイルスに感染すると、抗ウイルス薬を投与しても体内にウイルスが残り続け、薬が効かない耐性ウイルスに変異するケースがあることが、国立感染症研究所(感染研)などの調べでわかった。別の薬を投与するといった対処法は国が策定する「診療の手引き」に盛り込まれておらず、感染研などの研究班は3月中にも新たな診療指針案を作成し、周知を図る方針だ。(中田智香子)

     感染研にはコロナ患者が急増した2022年初頭の「第6波」の後、各地の医療機関から免疫不全の患者がコロナにかかったケースで「一定期間入院した後も検査で陽性が続く」とする相談が寄せられるようになった。血液中の免疫細胞ががん化する悪性リンパ腫の患者などが目立ったという。

     コロナに感染しても通常は薬でウイルスを大幅に減らすことができ、生き残った一部のウイルスも最終的には体の免疫力で撃退できる。しかし免疫不全の人はウイルスを根絶できず、薬に強い耐性ウイルスが再び増加するケースがある。

     感染症の治療では一般に耐性ウイルスに対して別の薬に変える方法が有効とされるが、医師がコロナ治療の参考にしている手引きには対処法が書かれていない。盛り込むには臨床試験(治験)が必要で、改訂には時間がかかるという。

     このため手引きの作成に関わってきた感染研の鈴木忠樹・感染病理部長らのチームは患者の分析を進め、手引きを補完する免疫不全患者向けの「診療指針案」の作成に着手した。鈴木部長は「課題が周知されることで、免疫不全の患者にも有効な治療法や薬の開発につながれば」と話す。

     悪性リンパ腫を巡っては国内で年間約3万6000人が診断され、コロナ治療が長期化するリスクのある人は一定数いるとみられる。国立国際医療研究センターの大曲貴夫(おおまがりのりお)・国際感染症センター長は「悪性リンパ腫などの患者でコロナの感染が長引くと、予定していた抗がん剤治療が受けられず、命に関わる。耐性ウイルスは新たな感染拡大を引き起こす恐れもあり、免疫不全の患者への対処は非常に重要だ」と指摘している。

    複数の薬を同時投与で対処
     感染拡大時に「コロナ重症センター」の機能を担った関西医科大総合医療センター(大阪府守口市)では、重度の免疫不全が原因で治療が長期化したケースが相次いだ。発症から100日以上陽性が続いた人もいたという。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e91e525fe08ea67ca8fcd31f9d05904e4546c044

    ★1 2024/02/14(水) 10:19:14.04
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707873554/

    【【必見】陽性100日以上続く新型コロナ、がん患者の治療が長期化する要因とは?】の続きを読む


    新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)は、2019年末より始まったSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) を病原体として急性呼吸器疾患等を引き起こす新型コロナウイルス感染症…
    322キロバイト (37,343 語) - 2024年1月23日 (火) 23:33

    (出典 news.infoseek.co.jp)


    ワクチンの無料接種期間が3月までとなっていることはありがたいです。効果的な予防策として、できるだけ多くの人々が接種を受けることが重要です。引き続き情報をチェックして、予約を取る準備をしておきたいですね。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/31(水) 08:07:09.33 ID:2XTe7Q+p9
    ■感染力は強いが陽性反応は遅い!?
    気になるのは感染力だ。勝田教授は「強いのは間違いない」という。
    関西福祉大学 勝田吉彰教授:免疫逃避で2度、3度感染するという特徴があります。(Q.無症状もありますか?)そういう人もいますし、それから実際に検査をしても、プラスと出てくるまでの日数が少し伸びています。例えば、熱が出て、慌てて駆け込み、検査しました、マイナスですと言われました。ただ2日後、3日後で測ってみたらプラスでしたというような、インフルエンザに比べると、プラスに出てくる場合の日数が、やや伸びているところがあります。

    ■感染の広がりは春になるまで続く
    変異株への置き換わりの中、今後、感染は広がっていくのか?

    厚生労働省が発表している全国の新型コロナの患者数の推移は、2023年5月から定点把握になっていて、1医療機関あたりの患者数となる。2023年1月は、第8波の真っ只中で、1医療機関あたり30人ほどだった。5類になった後の第9波では、20人ほど。

    最新のデータ(1月15日から21日)では、12.23人となっているが、9週連続で患者が増加している。いつ頃がピークで、どれほど患者数が増えるとみられるのだろうか?

    関西福祉大学 勝田吉彰教授:これは例年、大体同じようなパターンかなと思います。確かに今『JN.1』という変異株のことがありますが、それは一部であって、大きな要因の「換気がしにくい」ということ、つまり夏や冬で、どうしても窓が閉まっていて換気がしにくいという環境で増えるという事を繰り返しています。春先になり、窓が開いてみんなが換気しやすくなる時に減ってきます。だいたい、ここから先、3月まで大きく変わらないと思います。

    新たな変異株「JN1」への置き換わりと、第10波の感染拡大に関連性はあるのか?
    関西福祉大学 勝田吉彰教授:一部あります。免疫逃避あるので、何度もかかる人が出るというところで、明らかに増えてはいます。でもそれだけではなくて、むしろそれ以外の、換気の話や、人口密度、あるいはいろんな人との接触の機会という要因の方が大きいと思います。

    まもなく春節もあり、外国人観光客も増えてくるが、その影響はあるのか?
    関西福祉大学 勝田吉彰教授:無いと断言することはありえないですけれども、ただ、1ついえるのは、いま中国で流行っているのも『JN.1』、欧米でも『JN.1』が多いですから、全く別のものが入ってくるわけではないので、そんなにびっくりする影響にはならないと思います。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cee46d213b59f8521aaadb1eca3a16408a5f03ee?page=2

    ★1 2024/01/30(火) 15:12:44.96
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1706609616/

    【【必見】新型コロナ変異株「JN.1」の特徴とは?】の続きを読む


    新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)は、2019年末より始まったSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) を病原体として急性呼吸器疾患等を引き起こす新型コロナウイルス感染症…
    322キロバイト (37,343 語) - 2024年1月23日 (火) 23:33

    (出典 www.dairyspeednews.jp)


    このニュースを見て、感染の影響が心臓に与えるリスクがあることを初めて知りました。心不全の持病を抱えている人にとっては、ますます気をつけなければならない時期なのですね。情報をしっかりと把握し、自分自身と周りの人を守るために行動しましょう。

    1 ぐれ ★ :2024/01/25(木) 22:47:53.47 ID:F13M4Zi99
    ※1/24(水) 17:30配信
    Science Portal

     新型コロナウイルスの感染は昨年11月下旬から年が明けても増える傾向が続き、流行の「第10波」の兆しも見せている。理化学研究所(理研)と京都大学の共同研究グループは昨年末、症状が収まった後もウイルスが心臓に残存すると心不全のリスクが高まる可能性があると発表した。同5月に感染症法上の位置付けが5類に移行し、人々は「コロナとの共生」の日常に戻っているが、流行ウイルスの性質が大きく変わったわけではなく、油断はできない。厚生労働省は今冬期の流行拡大に注意を呼びかけている。

    国内初感染確認から4年でまた増加傾向

     新型コロナウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから1月15日で4年が経過した。5類移行後は感染実態の把握方法は全数把握から全国約5000の定点医療機関による定点把握に変更された。厚労省によると、定点把握の感染者数は移行後も増え続け、昨年8月末から9月上旬には1医療機関当たり約20人になり流行の「第9波」のピークに達した。その後11月中旬に底になったものの、同月下旬から再び増加傾向を見せていた。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fa14886f4e019bdf39f26a77010ffced2bf06491

    【【必見】新型コロナ感染拡大‼「第10波」の兆しも・・・専門家が警告するリスクとは?】の続きを読む


    新型コロナウイルスとして位置づけられていたものである。以下の4ウイルスはいずれもベータコロナウイルス属(英語版) (Betacoronavirus) に属する。 新型コロナウイルスの「新型」には、既知のウイルス科分類に属する新しい病原体という意味がある。すなわち、新型コロナウイルスは、コロナ
    17キロバイト (1,618 語) - 2023年12月2日 (土) 14:06

    (出典 www.sankei.com)


    首都圏の医療体制が大変厳しい状況ですね。入院患者数が1500人を超え、さらに酸素投与など必要な患者に180床しか確保できないとは心配です。一刻も早く感染拡大を抑えるための対策が必要です。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/23(火) 16:15:26.69 ID:Fo5ki+ru9
    新型コロナの都内の入院患者数が1500人を超えたことを受け、東京都が酸素投与が必要な中等症以上の患者を受け入れるための病床、およそ180床を確保することが分かりました。
    (小池知事)
    「中等症2以上の患者を受け入れるための約180床の確保を、都内の医療機関に対して要請した」

    新型コロナの病床については、入院患者数がピーク時の3分の1を超えた場合、「段階1」とし、病床を確保するよう国が定めています。

    この基準を東京都に当てはめると1500人となり、1月18日に公表された入院患者数は1531人で、基準を上回りました。今回、都はおよそ180床、都立病院などに病床の確保を要請したということです。

    都内の感染者数は、定点医療機関あたり5.66人で、前の週の3.38人を上回っています。小池知事は、本格的な受験シーズンを迎えているとして、手洗いうがいや換気など、基本的な感染防止策を心がけるよう呼び掛けています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d53dac3fb873312eaf6b80cc270cd3fa7d9db41

    ★1 2024/01/22(月) 11:08:04.81
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1705914034/

    【【驚愕】首都圏の医療現場が逼迫し、新型コロナ患者の受け入れに限界が近づく・・・】の続きを読む


    後遺症が長い場合は1年以上続く感染経験者もいる。WHOが2021年10月に初めて公表した後遺症の定義は「ウイルス感染確認から3カ月以内に発症し、2カ月以上続き、他の病気では説明できない症状」としている(「#後遺症」で詳説)。 原因ウイルスは変異しており、感染力が強いSARSコロナ
    135キロバイト (16,060 語) - 2024年1月1日 (月) 06:23

    (出典 kenkou-tsuushin.com)


    コロナ後遺症の性別の違いについて驚きました。女性が発症者の7割を占めるという結果はなぜなのでしょうか?性別による免疫やホルモンの違いが影響しているのでしょうか?今後の研究で真相が明らかになることを期待しています。

    1 ぐれ ★ :2024/01/15(月) 21:44:39.77 ID:FMQ5rnpe9
    ※1/15(月) 11:00配信
    毎日新聞

     新型コロナウイルスの後遺症を発症する人の約7割は女性――。後遺症専門外来を設置する医学研究所北野病院(大阪市)を受診した320人のデータから判明した。

     国内で初めて新型コロナの患者が確認されてから15日で4年が経過した

     北野病院の調査によると、後遺症患者のうち女性は68・8%で、男性は31・2%と女性が多かった。

     主な症状は、「倦怠(けんたい)感」が最も多かった。「思考力と集中力の低下」や「軽い活動や運動後に数時間から3日以内の激しいだるさ」「不眠」が続いた。

     年齢の中央値は45歳で、体格指数(BMI)は23・8。普通体重(18・5~25未満)に分類されるものの、やや肥満寄りだった。

     新型コロナを発症した際に入院した人の割合は12・5%に過ぎず、症状の重さと後遺症の発症には関連性が乏しいとみられる。

     米ワシントン大の研究者らが2022年10月に米医師会誌に公表した論文では、米国やドイツ、イタリアなど22カ国の120万人を分析した結果、女性の方が発症しやすく、20~40代に多かったとまとめた。発症のピークは男女とも20代だった。北野病院の調査と似たような傾向を示している。

     世界保健機関(WHO)は後遺症を「発症から3カ月後に2カ月以上の症状がある」と定義している。体内の炎症が後遺症の原因とみられ、炎症の原因として体内にウイルスが残る持続感染や再活性化が指摘されている。

     昨年2月に公表された横浜市立大病院の論文は、日本や米国、スイス、ノルウェーなどの7万4690人のデータを解析した結果、オミクロン株感染者のうち後遺症患者の定義に当てはまる人は11%に上ると明らかにした。後遺症に苦しむ人が多くいることが浮き彫りになっている。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d70ca54ecadf272abd3c3ed5d68f5617584419c2

    【【注目】コロナ後遺症の症状、女性発症者の多くに共通する“倦怠感”に迫る医療現場の実態とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ