オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:労働環境


    “人手不足倒産” 過去最多313件 建設業・物流業が全体の4割占める

    (出典:FNNプライムオンライン(フジテレビ系))


    人手不足(ひとでぶそく)とは企業経営において発生する問題で、これは企業が業務を行う上で必要とされる人材(特に若年労働者やブルーカラー・技術者)が集まらず、思うように業務が行えていないような状態のことを言う。 近年の日本において、一部の企業や業種で人手不足が起こっており、企業全体の業務に支障をきたしている。…
    4キロバイト (554 語) - 2023年10月6日 (金) 05:05

    (出典 tosan-tetsuzuki.com)


    建設業や物流業が特に人手不足の影響を受けやすいのは理解できます。労働環境の改善や人材育成に力を入れることが重要です。

    1 煮卵 ★ :2024/04/09(火) 15:03:57.70 ID:bF1lWATZ9
    帝国データバンクによると、人件費の高騰や採用難などによる「人手不足倒産」が、2023年度は313件となり、過去最多を更新した。

    業種別に見ると、建設業は94件、物流業は46件で、それぞれ過去最多となり、全体の4割を占めた。

    社会インフラとして欠かせないこの2業種では、4月から時間外労働の上限規制が適用される、いわゆる「2024年問題」に直面している。

    [FNN]
    2024年4月9日 火曜 午前0:24
    https://www.fnn.jp/articles/-/682780

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1712623301/

    【【経済】なぜ建設業・物流業が人手不足に直面し、倒産が増加しているのか?】の続きを読む


    雇用 (労働契約書からのリダイレクト)
    この問題は、雇用機会と労働生産性について、ふたつとも上昇させるのが困難である点に起因しているとされる。国連社会開発研究所(UNRISD)によれば労働生産性の向上は雇用創出に負の影響を与えるという。労働者あたり1%の生産性向上による雇用喪失は、1960年代では-0.07%であったが、今世紀初頭には-0…
    23キロバイト (3,412 語) - 2023年12月20日 (水) 16:03

    (出典 oreryu-torimatomenyu-susokuhou.com)


    日本の労働生産性が低い理由は、企業の組織文化や働き方の問題もあるのではないでしょうか。長時間労働や過労死といった問題が報道されることもありますが、労働環境が改善されない限り生産性は上がりにくいのかもしれません。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/18(木) 07:31:40.58 ID:A8tILZt19
    <背景として挙げられる問題は、ICT化の遅れと女性の能力を活用できていないこと>

    2023年の日本の名目国内総生産(GDP)は世界3位から4位に落ちる見通しだという。GDPとは年間に生み出された付加価値の総額で、一国の経済活動の規模を知ることができる。これを就業者数で割った値が「労働生産性」で、どれだけ効率的に富を産出しているかの指標となる。

    GDPの実額は上位であるものの、労働生産性の順位は芳しくない。2022年の日本の順位は,OECD加盟の38カ国中31位(日本生産性本部)。10年前の2012年の順位(20位)よりも下がっている。

    これは日本の実額が下がっているからではなく、日本よりも増加率が高い国が多いためだ。この10年間にかけて就業者1人あたりのGDP額が何%増えたかを算出すると,日本が12%なのに対し、韓国は37%、アメリカは41%、ノルウェーは72%という具合だ。

    「日本は教育熱心で国民の潜在能力が高いはずなのに、どういうことか」と疑問に感じる人も多いだろう。定期的に実施される国際学力調査の結果を見ると、日本は上位の常連だ。横軸に子どもの学力、縦軸に労働生産性をとった座標上に、OECD加盟の37カ国を配置したグラフにすると<図1>のようになる。

    <図1>

    各国のドットの散らばりを見ると、大よそ右上がりの傾向にある。国民の潜在能力が高い国ほど労働生産性は高い。何とも分かりやすい話だ。しかし日本は傾向から外れていて、学力は首位であるのに労働生産性は31位。高いポテンシャルが活かされていない国と言える。

    こうした現状の背景として、まず労働環境の問題を挙げなければならないだろう。よく言われるのは、ICT(情報通信技術)化の遅れだ。見直しが進んではいるものの、依然として紙や電話等を使った非効率なやり取り、必要性が定かでない対面主義が幅を利かせている。先ほど最近10年間の労働生産性の伸びを国ごとに比べたが、ICT化の波にうまく乗れているかどうかの違いは大きいだろう。旧態依然の慣行(働き方)により、学校教育の高い成果が帳消しにされてしまっている。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/477acd90753270f9c310e182cedd185797fb276d
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2024/01/post-103449_3.php

    ★1 2024/01/17(水) 13:34:04.06
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1705489956/

    【【経済】日本の学力レベルが高くても労働生産性が低い理由とは?】の続きを読む


    Amazon.co.jp (アマゾンジャパンからのリダイレクト)
    2019年4月、個人事業主のドライバーを活用した自社配送サービス「Amazon FLEX(アマゾンフレックス)」を開始した。東京・神奈川・千葉・愛知・宮城・北海道の1都4県で展開している。 2019年、アマゾン茨木フルフィルメントセンター(FC)の本格稼働開始 2020年、玄関への「置き配」を30都道府県で標準に…
    124キロバイト (16,615 語) - 2024年1月7日 (日) 00:13

    (出典 calendariotributario.org)


    アマゾンフレックス配達員の激務について、本当に大変な状況だと思います。トイレにも行けないほどの忙しさは、人間の尊厳にも関わる問題です。アマゾンは労働環境の改善に真剣に取り組むべきです。

    1 ぐれ ★ :2024/01/18(木) 12:33:03.89 ID:VrfEPg7R9
    ※2024年01月16日 18時59分
    弁護士ドットコム

    #日本の雇用と労働
    #プラットフォームワーク

    アマゾンジャパンと直接業務委託契約を結んだ個人事業主が配送する「Amazon Flex」に登録するドライバーの20代男性が1月16日、労働環境の改善を求めて、加入した労働組合を通じてアマゾンジャパンに団体交渉を申し入れた。

    男性は「Amazon Flex ユニオン」に加入。「低賃金で労災保険もなく、アカウント停止(Amazon Flexの個人評価システムで解雇相当)にいつ追いやられるかわからない不安定な状況で働いている」と訴え、改善を求めている。

    申し入れ後に開かれた会見で、男性は「1時間に20個以上の荷物を配送しないといけないオファーが多く、未配達で低評価を受けないようにするためには、7~8時間車を走らせ続けざるを得ない。休憩を取る時間がなく、トイレを我慢したり、信号待ちの間におにぎりを食べて食事を済ますこともある」と厳しいドライバー事情を訴えた。

    ●「最低賃金と同程度の報酬で働かされている」と批判

    続きは↓
    https://www.bengo4.com/c_5/n_17055/
    ※前スレ
    【Amazon】アマゾンフレックス配達員「トイレ行けず、信号待ちでおにぎりかじる」激務訴え、環境改善を要求 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1705527698/

    ★ 2024/01/18(木) 06:41:38.28

    【【社会】アマゾンフレックス配達員が激務を告発‼ 働き続ける中で絶望的な環境に⁉】の続きを読む


    佐川急便 (カテゴリ 災害対策基本法指定公共機関)
    など)へ発送については、「中継料」と称する追加料金を要するデメリットがある(宅急便やゆうパックでは不要)。 強力な営業活動や発送条件に融通が利くことから[要出典]、発送個数多い通信販売企業利用や企業間取引が活発である。一方で、柔軟な時間指定が可能なため(ただし、宅配部門で深夜時間配達が可能な
    35キロバイト (4,466 語) - 2023年12月4日 (月) 01:02

    (出典 www.ac-illust.com)


    時間指定をしていても、遅れることが多いのでやはり苦情は言わざるを得ません。特に重要な商品や予定がある場合には、時間通りに届けてもらえないと困ってしまいます。大手2社はもっと努力して配達の正確さを高めるべきだと思います。

    1 ばーど ★ :2023/12/24(日) 08:28:13.59 ID:cbUuXJWl9
     宅配の「時間指定」配達サービスをめぐり、指定時間に配達が間に合わなかった際、無料サービスにもかかわらず苦情を言う客がいるとして、X(旧ツイッター)で賛否両論が寄せられた。

     J-CASTニュースが宅配会社大手に見解を尋ねると、実際に「配達を待っていた時間を返してほしい」などと苦情が届くことがあるという。

    ■「取りに来いよと」「客に言うのはお門違い」

     宅配会社が提供する個人宅配達での時間指定サービスについては、たとえば佐川急便では、午前中(8時~12時)、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、18時~21時、19時~21時の7つの時間帯から選択できる。ヤマト運輸は8時~12時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時の5つから選択できる。両社とも時間指定に追加料金はない。

     Xでは2023年12月中旬、指定時間に間に合わなかった際に苦情を言う客がいるとする指摘があり、

    「昔は『明日か明後日、届くかもしれない』くらいの感覚だった気がするんですが、いつからこんなに着荷時間にまで厳しく要求するようになったのでしょうかね」
      「そんなに急ぎなら集配所まで取りに来いよと言いたくなりますね」
      「大きく勘違いされてる方が多いと思います...」

    と理解を示す声があがる一方、

    「依頼する方は運賃に含まれていると思っているし、実際にその通りなので、契約違反されたことにクレームを付けるお客様は別に間違えてはいない」
      「これを客に言うのはお門違いでは。送料や時間指定配達の無料設定を作ってるのは客ではなく発送側だし、契約にそういうサービスを組み込んでしまっている以上、客が利用するのは至極真っ当」
      「会社が謳っているサービスに不備があったのは事実で、(客側が横柄な態度を取る必要はないが)できなかったサービスに対して文句を言うなら金払えと客に求めるのは絶対に違う」

    などの反発も見受けられた。

    宅配会社に実情を聞いた
     J-CASTニュースが宅配会社に配達時間が遅延する原因を尋ねると、ヤマト運輸広報は12月18日、次のように回答した。

    「お届けするお荷物が増えるお中元・お歳暮の時期や、天候・道路事情などにより、ご希望いただいた配達時間帯に遅れてしまう場合がございます」

     事態の受け止めに関しては、こう述べる。

    「お客さまには、ご迷惑おかけしてしまい、申し訳ございません。お客さまからのご意見についての詳細は控えさせていただきますが、引き続き、お荷物を受け取るお客さまの利便性と配送サービス品質の向上に努めてまいります」

     佐川急便は19日、配達遅延の原因について「天候不良や道路状況の事情、物量の増加によりお荷物のお届けに遅れが生じる場合がございます」と回答。配達の時間指定に遅れた際に苦情が届くとし、実際の例を列挙した。

    「本日指定なのでずっと荷物を待っていた」
      「配達を待っていた時間を返してほしい」
      「遅れるなら連絡が欲しかった」

     受け止めについては、次のよう答えた。

    「ご指摘を真摯に受け止め、今後、同様の事案が発生しないよう再発防止に努めてまいります」

    JCASTニユース 最終更新:12/23(土) 16:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/329b67ce97f5e818915947bcb8fe8c7805d75baf

    【【話題】宅配時間指定の苦情問題に対する大手2社の実情とは?】の続きを読む


    年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)とは、労働者の休暇日のうち、使用者から賃金が支払われる休暇日のことである。「年次」とある通り、1年ごとに毎年一定の日数が与えられる。有給休暇、年次休暇、年休、有休などといわれることが多い。 国際労働機関条約では年間あたり3労働週、欧州連合指令では年間あたり4週間を確保するよう規制されている。…
    97キロバイト (16,870 語) - 2023年11月21日 (火) 14:50

    (出典 www.excite.co.jp)


    企業側の風土や文化も関係しているかもしれません。長時間労働や働き方改革の進まない企業が多いため、有給休暇を取得しにくい環境があると考えられます。

    1 守護地頭 ★ :2023/11/24(金) 07:15:06.52 ID:zzxWb6pf9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7430b516a54473c90695fd154a2b45405e8ae6be

    新型コロナウイルス感染拡大により、「少しくらいの体調不調や微熱なら、はってでも会社に行くべき」という風潮は薄れつつある。だが、日本人はいまだに「休む=悪いこと」と捉えがちだ。日本の労働環境は、今後どのように変化していけばいいのだろうか?

    休むことに罪悪感を持つ日本人は多い。その理由について、フェミナス産業医事務所の代表産業医・精神科医である石井りな医師は、「日本人は、集団帰属意識が強い人種なのだと思います。それ自体は決して悪いことばかりではないのですが、『たとえ体調不良でも、仲間が頑張っている中で自分だけ休むわけにはいかない』という考えに発展するのでしょう」と分析する。

    40代以降は特にこういった意識が強めで、20~30代の若い世代は自身の健康を優先する傾向にあるという。しかし全体を俯瞰すると、休みたがらない人のほうが多いのが実情だ。大手総合旅行会社のひとつであるエクスペディアが実施した「有給休暇の国際比較調査」では、2022年の日本で働く人の有給休暇の取得率はワースト2位だと発表された。

    ※以下略

    11/24(金) 7:02配信

    【【疑問】なぜ、日本人は有給休暇を取らないのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ