オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:労働意欲


    “"ベーシックインカム導入案は否決に傾くか 世論調査結果 - SWI swissinfo.ch"”. 2016年5月3日閲覧。 ^ “"生活保障の再生とアクティベーション"”. 宮本太郎(北海道大学). 2011年4月15日閲覧。 ^ 「なぜ今ベーシックインカムなのか 第2回:「ベーシックインカム
    127キロバイト (14,165 語) - 2023年10月29日 (日) 23:39

    (出典 blogs.itmedia.co.jp)


    ベーシックインカムの導入により、人々は経済的な不安を感じることが減り、安心して働き続けることができると感じました。経済の安定とともに、個人の自己実現や社会的な貢献への意欲も高まるのではないでしょうか。

    1 少考さん ★ :2024/02/02(金) 08:29:34.55 ID:HwHMLabI9
    ベーシックインカムは労働意欲を減退させない…月500ドルをもらっても人々は働き続けている | Business Insider Japan:
    https://www.businessinsider.jp/post-281796

    Katie Balevic [原文] (翻訳:大場真由子、編集:井上俊彦)
    Feb. 02, 2024, 07:30 AM
    https://www.businessinsider.com/minneapolis-guaranteed-basic-income-program-results-study-gbi-ubi-2024-1

    ベーシックインカム制度の初期の結果によると、低所得世帯への毎月の支給は彼らの成功に貢献したという。

    ・ミネアポリスのベーシックインカム保証制度は、1年後に有望な結果を示した。
    ・2年間のベーシックインカム保証制度では、200の低所得世帯に毎月500ドルが無条件で支給された。
    ・研究者たちは、この支給が受給者たちの経済的な安定を促進し、労働意欲を低下させるわけではないことを明らかにした。

    ミネソタ州ミネアポリス市はベーシックインカム保証制度(Guaranteed Basic Income :GBI)を試験的に導入している。そして、その結果は明るい見通しが立つものだ。

    ミネアポリスでは2023年から、200の低所得世帯に毎月500ドル(約7万5000円)を無条件で支給している。

    最近、アメリカ各地の都市でも、一部の市民を対象としたベーシックインカム制度のテストが行われている。このようなプログラムは、社会的に弱い立場にある人々が仕事を探すのをやめ、代わりに政府に頼ることを選択するようになるのではないかという懸念が持たれていたが、(略)


    アイオワ州では、共和党の州議会議員2人がベーシックインカム制度を禁止する法案を提出しようとしているとBusiness Insiderは報じた。一方、テキサス州のある議員は、ヒューストンを含むハリス郡で新たに開始されたベーシックインカム制度を違憲であると訴えた。

    ※全文はソースで。

    【【注目】労働意欲減退の心配は不要?米ミネアポリス市の調査結果から見るベーシックインカムの実態とは?】の続きを読む


    保護者に必要な扶助を行い、最低限度の生活(ナショナル・ミニマム)を保障するとともに、自立を促すことを目的とする。 2012年(平成24年)から生活保護への総合的な見直しが決まり、不正受給への厳格な対処、生活扶助や医療扶助等の給付水準適正化、保護
    107キロバイト (15,380 語) - 2022年12月23日 (金) 06:11
    受給する必要がない人まで受給するから悪いイメージが付いてしまっているのでしょう。

    1 デビルゾア ★ :2022/12/31(土) 05:06:35.96ID:PlMTaKf89
    2012年、ある人気お笑い芸人の親が生活保護を受給していることが報道されたことを機に「生活保護受給者はズルや楽をしている」「生活保護=不正受給」といった誤ったイメージが世間に広がった。さいきまこさんが描く『陽のあたる家』『神様の背中』『助け合いたい』(全て秋田書店)はそれらの誤解を解いてくれる漫画だ。さいきさんに生活保護へのよくある誤解や偏見について話を聞いた。

    (中略)

    ――依然として世間の生活保護への風当たりが強く感じますが、生活保護バッシングはいつ頃から強まったのでしょうか。

    2012年に人気お笑い芸人の親御さんが生活保護を受給していることが報道され、世間から注目を集めました。その芸人さんが売れていなかった頃に親御さんが受給を開始し、売れてからは福祉事務所と相談しながら援助もしていたそうです(その分保護費は減額される)。福祉事務所は、把握したうえで支給を停止していないので(親族であっても養わなければならない義務はないため、親族の高収入が必ずしも支給停止になる理由にはならない)不正ではありませんでした。

    しかし売れている芸人であり、高収入であると見られたこと、親との関係が良好であることをテレビで話していたことから「子は親を養うのが当然だ」「収入があるのに親に生活保護を受けさせるのは不正だ」という見方がマスメディアを中心に作られていました。彼の親は不正受給ではないのにもかかわらず、生活保護バッシングは加熱し「生活保護は不正受給が多い」というイメージが作られていったんです。

    でも実際には、保護費の総額に対する不正受給額を算出すると約0.36%です(※)。そして、不正受給というと「財産があるのに役所に嘘をついて受給している」というイメージですが、実際は「働いた際の収入を申告しなかった」などです。それらは税務課のデータと照合すればすぐにわかり、その分の保護費は返還させられます。
    むしろ捕捉率(生活保護を利用する資格がある人のうち実際に利用している割合)は厚生労働省の推計によると22.9%であって、必要な人が利用できていない問題があります。「バッシングされるのが怖い」「ママ友に知られたくない」といった理由から申請自体できない人は珍しくないです。それを乗り越えて受給に至っても、担当職員から「あなたは税金で生活しているんだから」と嫌味を言われ続けて、収入がほとんどないにもかかわらず、生活保護を抜けた人もいます。

    (中略)

    ちなみに私自身も、かつては生活保護に偏見がありました。

    ――どんなことでしょうか。

    最初に生活保護を意識したのは、子どもを保育園に入れるための手続きで市役所に行ったときです。そこは「福祉」と表示されたフロアで、案内板には「生活保護」という文字も書かれていました。その時「そうか、保育園に入れるのは『福祉』を受けるってことなんだ」「生活保護と同じなんだ」とモヤモヤした記憶があって。モヤモヤの理由は長い間わからなかったのですが、生活保護の問題を知るようになって、ようやくそれが差別感情なのだと自覚しました。

    生活保護に限らず「福祉のお世話になるのは『かわいそう』な人」という空気が、日本の社会にはあります。当時は「保育園に入れられる子どもはかわいそう」という空気もありました。福祉を受けることへの偏見は、本人に自覚がなくても、空気によって知らず知らず沁みついてしまうのかな……と、自分の経験を通して感じています。

    (中略)

    ――生活保護受給者がパ*をしていることが取り上げられ「本当は働けるのに働かない怠けた人」というイメージが強まった印象があります。

    パ*は槍玉にあげられる筆頭ですよね。支援者は「ギャンブル依存症の問題が潜んでいる」と指摘しています。世間のイメージは「生活保護を受給→パ*通い」ですが、実際にはさまざまな要因からパ*がやめられなくなり、働くこともできなくなって生活保護を利用するに至るなど、複雑な事情があるケースが少なくありません。責めるのではなく、必要なのは支援です。そして何より、保護費の使途は本人が決めること。もともと多くはない保護費をパ*で浪費したら困るのはご本人ですし、それを他人が責めるのは筋違いの上に酷でしょう。

    (全文はこちら)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9942bf1b4542dd468eb59dad6c64f00783f75292

    【【社会】う~ん、なぜ生活保護は『恥』とされるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ