オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:円安


    ラーメンのフランチャイジーが400近くを中国国内に展開しており、日本の外食チェーン店としては最も多い。タイでは首都のバンコクを中心に、8番らーめんや味千ラーメン、山小屋ラーメン、ばんからラーメンなど、日本の多店舗型ラーメン店の進出が目立つ。 中国では日本式ラーメンはトンコツラーメン
    109キロバイト (9,791 語) - 2024年2月11日 (日) 03:43

    (出典 www.nippon.com)


    1000円の壁がとてもショックです。この値段以上の価値を提供してくれたラーメン店だっただけに、惜しまれる閉店になってしまいました。他の飲食店も物価高の影響を受けていることは事実ですが、この店の倒産は特に心を痛めます。

    1 BFU ★ :2024/02/11(日) 19:35:24.03 ID:L/Untzpj9
    大好きな方も多い『ラーメン』。実は今、倒産する店が増えています。そこにはラーメン業界特有の「壁」がありました。

    あったかいスープに、つるつるの麺。ときおり無性に食べたくなるアレ。日本人の国民食とも言われる「ラーメン」のことです。しかし今、苦境に立たされている店が多くあります。

    兵庫県西宮市で25年以上営業を続けていた「にしのみやラーメン」。豚骨や鶏ガラのスープに海老エキスを加え、白菜がたっぷり入ったあっさり系のラーメンが名物で、長年、地元の人たちに愛されてきました。


    【15年来の常連客】「スープが特徴的なので、とんこつラーメンとかみそラーメンでもなくて、『にしのみやラーメン』っていうジャンルで成り立ってる」

    しかし、1月末に店を閉めることを決めました

    一番の要因となったのが「物価高」です。

    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「スーパーでも買い物されたら値段上がってるのは感じられると思うんですけど、僕ら店はスーパーよりも安く仕入れてきてたもので、スーパーが1.5倍になってるところを僕らは2倍になってたりするところもある」

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c7e432932cbb4463fa0bfc2e1618b3407d2c6dc

    【【経済】1000円の壁を乗り越えられず・・・涙の閉店となったラーメン店の背景とは?】の続きを読む


    インフレーション (物価高騰からのリダイレクト)
    昇か需要超過かは判別できる。景気の過熱によって物価が上昇しているのかどうかを判断するには、消費者物価指数ではなくGDPデフレーターを見なければならない。 原価インフレーション(コストインフレーション) 賃金・材料等の高騰によって発生する。原油価格の高騰によるインフレーションや消費増税によるスタグフレーションが典型的な例である。…
    31キロバイト (4,554 語) - 2024年1月21日 (日) 02:40

    (出典 news.yahoo.co.jp)


    原材料高が前年比7割減とのことで、少しホッとしました。最近の値上げ続きで心配していたので、これは朗報ですね。ただし、価格が完全に戻ったわけではないので、引き続き節約に努めたいと思います。

    1 蚤の市 ★ :2024/02/01(木) 10:53:09.55 ID:oQy3Sm9D9
     帝国データバンクは31日、2月の食品値上げ数が1626品目になるとの調査結果を発表した。前年同月比では約7割減で単月としては4カ月ぶりに千品目台となった。主な値上げ要因は原材料高が一服し、人件費が増えつつある。前年同月は計5639品目だった。

     今年2月の値上げで多い品目は、パスタソースや冷凍食品などの「加工食品」が643品目。「調味料」も545品目でケチャップやだし製品が中心となる。

     2024年1~5月では4556品目が値上げとなる見通し。前年同期は1万6106品目だった。値上げが浸透したことで食品メーカーでは採算性が改善した。

    2024年01月31日 16時40分共同通信
    https://www.47news.jp/10466768.html

    【【経済】2月の食品値上げ1626品目、原材料高の7割減とは?】の続きを読む


    国内総生産 (GDPからのリダイレクト)
    GDPも一人当たり名目国内総生産と一人当たり実質GDPがある。 現在の国別一人当たりGDPについては国の国内総生産順リスト (一人当り為替レート)を参照。 名目GDPを実質GDPで割ったものをGDPデフレーターと呼ぶ。 名目GDPと実質GDPはそれぞれインフレの調整を行っていないGDP
    48キロバイト (5,544 語) - 2023年12月14日 (木) 09:06

    (出典 newseveryday.jp)


    日本のGDPが4位に転落する可能性が高まっているとのことですね。これまでの経済力を誇ってきた日本が、他の国に抜かれる状況になるとは驚きです。今後の経済政策にはより注力する必要がありそうです。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/16(火) 09:43:34.84 ID:UcTIr8gu9
     2023年の名目国内総生産(GDP)で日本がドイツに抜かれ、世界4位に転落することがほぼ確実になった。米ドル換算で比べるため、日本のGDPが円安で目減りする一方、ドイツは大幅な物価高でかさ上げされることが要因だ。ただ、長期的にドイツの経済成長率が日本を上回ってきた積み重ねの結果という面もある。

    名目GDPはその国が生み出すモノやサービスなどの付加価値の総額。経済規模を比べる時に使う代表的な指標で、1位は米国、2位は中国だ。

     ドイツが15日発表した23年の名目GDPは、前年比6・3%増の4兆1211億ユーロ。日本銀行が公表している同年の平均為替レートでドル換算すると、約4兆5千億ドルとなる。

     大幅に伸びた要因は、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の高騰などで、日本以上に激しい物価上昇に見舞われたことだ。物価の影響を除いた実質成長率は0・3%減と、3年ぶりのマイナス成長になった。

     一方、日本の23年の名目GDPは来月発表されるが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの試算では591兆円(約4兆2千億ドル)とドイツを下回る。円ベースでは前年比で5・7%増えるが、円安が進んだことでドル換算では1・2%減ると予測されている。

     日本はすでに1~9月期の実績で、ドイツに約2千億ドル(約28兆円)の差をつけられている。追いつくには10~12月期に約190兆円を積み上げる必要があるが、前年同期が約147兆円だったことを踏まえると、実現はほぼ不可能だ。

     長期的にみるとドイツの成長率は日本を上回っており、経済規模の差は縮まってきていた。国際通貨基金(IMF)のデータから00~22年の実質成長率を単純平均すると、ドイツの1・2%に対し、日本は0・7%にとどまる。

     各国の経済規模をめぐっては、日本は1968年に西ドイツ(当時)を国民総生産(GNP)で上回り、世界2位の経済大国となった。だが2010年にGDPで中国に抜かれて3位になっていた。(寺西和男=ダボス、米谷陽一)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3477c4492a7de21be7d26064cb879c2c9606c716

    ★1 2024/01/15(月) 18:52:09.99
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1705359311/

    【【経済】日本のGDP、ドイツに抜かれて4位転落をほぼ確実に迎える見通しとは?】の続きを読む


    国内総生産 (GDPからのリダイレクト)
    GDPも一人当たり名目国内総生産と一人当たり実質GDPがある。 現在の国別一人当たりGDPについては国の国内総生産順リスト (一人当り為替レート)を参照。 名目GDPを実質GDPで割ったものをGDPデフレーターと呼ぶ。 名目GDPと実質GDPはそれぞれインフレの調整を行っていないGDP
    48キロバイト (5,544 語) - 2023年12月14日 (木) 09:06

    (出典 www.quick.co.jp)


    今回の記事で改めて日本の経済の現状を知ることができました。1人あたりGDPでG7の最下位というのは驚きです。円安も影響しているので、国内景気を活性化するためには為替政策の見直しが必要なのかもしれません。

    1 ばーど ★ :2023/12/25(月) 21:49:50.96 ID:Ile5pVzM9
    内閣府が25日発表した国民経済計算の年次推計によると、豊かさの目安となる日本の2022年の1人あたり名目国内総生産(GDP)は3万4064ドルとなった。イタリアに抜かれて主要7カ国(G7)で最下位だった。円安が大きく影響したが、長期的な成長力の低迷も映している。

    21年の4万34ドルから減った。経済協力開発機構(OECD)加盟国38カ国中でも21位と、21年の20位から順位を落とした。21位に転...(以下有料版で,残り806文字)

    日本経済新聞 2023年12月25日 16:41 (2023年12月25日 16:43更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA251C40V21C23A2000000/

    前スレ
    22年の1人あたりGDP、G7で最下位 円安で順位下げる [蚤の市★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1703496534/

    【【経済】22年の1人あたりGDPでG7最下位に⁉ 円安が順位を下げる衝撃の事実とは?】の続きを読む


    クリスマスケーキ(英語: Christmas cake)は、クリスマスを祝って食べるケーキで、イギリス、アイルランド、並びにその他の英連邦諸国や日本、フィリピンなどの国々で広く親しまれている。 イギリスクリスマスケーキは特に12月24日(クリスマス・イヴ)や12月26日(ボクシング・デー)のティータイムに供される習慣がある。…
    4キロバイト (351 語) - 2022年12月25日 (日) 02:30

    (出典 prtimes.jp)


    クリスマスケーキの値上げには本当に驚きました。特にこの2年間で500円も上がっているなんて!美味しいケーキを楽しみたいけど、予算的に厳しいかもしれませんね。少し値上げ幅を抑えてほしかったです。

    1 ぐれ ★ :2023/12/06(水) 13:33:48.54 ID:odaB1JtZ9
    ※12/5(火) 15:00配信
    帝国データバンク

    2023年冬シーズン「クリスマスケーキ」価格調査

     今年のクリスマスケーキは「値上げの波」をより実感することになりそうだ。全国の大手コンビニエンスストアや百貨店、スーパー、著名な洋菓子店など計100社で販売されるクリスマスケーキの価格(ホール型5号、4~6人向けサイズ)を調査した結果、2023年冬シーズンの平均価格は4468円(税抜)だった。

     1年前(22年冬、「昨シーズン」)の4143円に比べて325円、率にして7.8%の値上がりとなった。本格的な値上げラッシュが始まる前の21年冬シーズンに比べると、529円・13.4%の値上がりとなり、クリスマスケーキは2年間で1割超の大幅値上げとなった。

     前年から価格が上昇したケーキをみると、値上げ幅として最も多いのは「500円以上」と「300円未満」で、それぞれ20社に上った。500円以上の値上げは百貨店や洋菓子店において主力となる4000~5000円台の中高価格帯ケーキで、300円未満の値上げは量販店やスーパーなどで販売される3000円台のケーキに多くみられた。以下「400円未満」(18社)、「200円未満」(14社)、「500円未満」(9社)と続き、調査対象の100社のケーキのうち、昨シーズンから前年から価格が上昇したケーキは81社に上った。

     ただ、500円以上値上げした企業は昨シーズンに比べて倍増した一方、値上げ幅を「200円未満」に抑えた企業は14社・10社減となるなど、大幅値上げを決断したクリスマスケーキが目立った。

    原材料価格の高騰が大きく影響、イチゴは最大1.5倍のケースも

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e05bd6e357341492d42ed3f9dc3fc2e208e1d84

    【【経済】消費者に打撃‼ クリスマスケーキの値上げラッシュが続くとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ