オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:人手不足


    飲食店(いんしょくてん)は、調理した飲食物を客に食べさせる店である。 日本において飲食店は食品衛生法第3条における「食品等事業者」の一種にあたる。同法は「食品等事業者」を「食品もしくは添加物を採取し、製造し、輸入し、加工し、調理し、貯蔵し、運搬し、もしくは販売することもしくは器具もしくは容器包装を…
    4キロバイト (458 語) - 2023年12月5日 (火) 00:41

    (出典 restart-style.com)


    宅配や持ち帰りサービスを積極的に取り入れていたお店が増えている中で、それでも倒産が増えているのは悲しいですね。早く状況が好転してほしいです。

    1 ネギうどん ★ :2024/04/11(木) 10:29:59.70 ID:Wn9eUaTW9
    2023年度「飲食業の倒産動向」調査

     コロナ禍が落ち着き、人流や訪日外国人も戻ってきたが、飲食業はゼロゼロ融資の返済や食材価格・光熱費の上昇、人手不足などが押し寄せ、コロナ禍前より厳しさを増している。
     2023年度(4-3月)の「飲食業」倒産(負債1,000万円以上)は930件(前年度比57.0%増)と急増し、4年ぶりに前年度を上回った。年度では初めて900件を超え、過去最多を記録した。また、「新型コロナウイルス」関連倒産は529件(同37.4%増)で、飲食業倒産の約6割(56.8%)を占めた。

     2023年度の飲食業は、コロナ禍から業績回復が遅れた事業者だけでなく、インバウンド需要を取り込み売上が伸びた事業者も、人件費や食材・光熱費の上昇が収益の足かせとなった。

     2023年度の飲食業の「人手不足」倒産は57件(前年度29件)で1.9倍、「物価高」倒産は59件(同21件)で2.8倍と大幅に増え、それぞれ過去最多を更新した。

     業種別では、コロナ特需の終焉で淘汰が進む「宅配」「持ち帰り」に加え、物価や人件費上昇の影響が深刻な「ラーメン店」や「焼肉店」を含む「専門料理店」で最多となった。

     利幅が薄い飲食業は、急激なコストアップで利益がさらに圧迫され、売上増加だけでは十分な採算の改善に至らない事業者も多い。飲食業でも価格転嫁が必要だが、客足の維持と採算を両立できる価格設定には同業者との差別化も急務になっている。

    ※ 本調査は、日本産業分類の「飲食業」(「食堂,レストラン」「専門料理店」「そば・うどん店」「すし店」「酒場,ビヤホール」「バー,キャバレー,ナイトクラブ」「喫茶店」「その他の飲食店」「持ち帰り飲食サービス業」「宅配飲食サービス業」)の2023年度(4-3月)の倒産を集計、分析した。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ff8e3412f87bc0d8f524871e8c5f1dcd88a031c0

    【【経済】「2023年度の飲食業倒産、過去最多930件」飲食業界の厳しい現状とは?】の続きを読む


    ヤマト運輸株式会社(ヤマトうんゆ)は、日本の配送会社。本社は東京都中央区銀座。1919年に小倉康臣によって東京市京橋区で創業された。 現在の企業は2005年に旧法人(現・ヤマトホールディングス)が分割準備会社として設立し、旧法人との吸収分割により事業を開始した企業である。…
    154キロバイト (22,347 語) - 2024年2月1日 (木) 12:35

    (出典 artemarizana.blogspot.com)


    ヤマト運輸のドライバーの不満があまりにも多いですね。分業制の意味がないと感じる理由は何でしょうか?センター集約化による人手不足が現場での休憩や作業効率に悪影響を与えているようです。問題の解決に向けて、意見交換が必要かもしれません。

    1 ぐれ ★ :2024/02/11(日) 16:52:21.57 ID:H7ljoxfr9
    ※2024.02.11
    集英社オンライン編集部ニュース班

    本社の方針転換により揺れるヤマト運輸の現場。前回(#6)はSD(セールスドライバー)の分業制により登場したCD(クールドライバー)の悲痛な声を届けた。しかし、SDにも大量の退職者が……。いったい何が起きているのか。


    センターの集約化で大量退職
    ヤマト運輸は、現場の業務効率化を図るために、昨年から都内の一部主管エリアで”分業制”をスタート。

    しかし、CD(クールドライバー)部門では配達エリアが広くなったことで配達遅延が相次ぎ、クール宅急便の配送物の品質低下を引き起こし、現場から批判殺到の事態となっている。

    一方で、副都心主管のセンター(営業所)に勤めるSD(セールスドライバー)の男性は、「自分たちのようなSDにも分業制のシワ寄せがきている」と肩を落とす。

    「同僚がCDに選出されたのですが、午前指定のクール(宅急便)が多い日など、週に何度かは私たちも手伝わないといけなくて……。分業制によってSDはドライ(通常の荷物)の集配だけになるはずだったのに、『分業制にした意味なくね?』というのが本心です」

    東東京主管のセンターに勤めるSDも「分業制になって仕事が増えた」と怒りをあらわにする。

    「私のセンターのCDも『これ無理だから頼みます』と何十個ものクールを持ち込んでくるんです。
    それなのに上層部からは『人員を削れ』とお達しがきたようで、これまで4人で配っていたエリアを3人でやることになり……。おまけに人手不足のセンターに駆り出されることも多くなりましたね」

    そして、ヤマト運輸が分業制とともに推し進めているのが、センターの”集約化”だ。

    この集約化によって大量の退職者が出ている現状を#4で報じた。そして、この男性が勤める東東京主管でも「ここ数年でセンターの集約化が進み、この1年間で30人ほどの正社員が自主退職する事態に発展しました」と話す。いったいなにが起きているのか。

    「もともと東東京主管が担当する千代田区は、トラックを使わずに台車だけで配達する『台車センター』が多く、これまで一度もトラックに乗ったことのないドライバーも少なくなかった。

    それが今回の集約化によって荷物の配達にはトラックが欠かせなくなり、現場からの反発が相次ぎました。それなのに、支店長が『車に乗れないなら辞めてもらってけっこう』と一蹴したそうで……。CDの問題も重なり、大量退職につながってしまいました」

    続きは↓
    https://shueisha.online/newstopics/195206?page=1

    【【社会】ヤマト運輸のドライバーが休憩時間を虚偽報告?現場の問題が浮き彫りに・・・】の続きを読む


    セブン&アイ・ホールディングス > セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、日本のコンビニエンスストアチェーン。セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社で、日本のコンビニエンスストアとしては最大手。チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している。…
    171キロバイト (22,956 語) - 2024年1月13日 (土) 09:48

    (出典 sirabee.com)


    「24時間営業をやめる」というのは残念なことですが、地域の需要に応じた経営戦略なのかもしれませんね。深夜に行くことが多かったので、ちょっと寂しいですが、セブン‐イレブンは便利な店舗がまだまだたくさんあるので、他の店舗を活用しようと思います。

    1 ぐれ ★ :2024/01/21(日) 07:45:32.03 ID:QCyyERCX9
    ※1/20(土) 10:03配信
    現代ビジネス

     今年で50周年を迎えるセブンーイレブン・ジャパン。コンビニが好きすぎるフリーの記者が、好奇心からアルバイトをしてみたら? 消費者の立場ではなかなか見えてこない、意外な一面が次々と見えてきた。

     記事前編は「記者がセブン‐イレブンでバイトをして痛感…儲からない店舗の残酷な『悪循環』」から。

    最低賃金でやっと黒字

     コンビニバイトの時給は地域にもよるだろうが、最低賃金かそれにちょっと上乗せした程度。もちろん失業保険や年金など社会保険料などは払わない。だが、それでやっと黒字のコンビニが大半だ。

     野党の一部に最低賃金を一気に5割増とか公約しているところがあるが、そんなことになったらコンビニは全滅しかねない。いま打ち出されている2030年代半ばに最低賃金1500円という政府公約も、年利4%ぐらいづつ10年上げなければならないが、それを続けられるコンビニは多くないだろう。途中でギブアップするところが相次ぐとオーナーはいう。

    人集めがオーナーの腕の見せ所
     だから人集めがオーナーのもっとも腕の見せ所になる。待遇がいいわけではないから、早朝や深夜、週末は店員を集めづらい。主力の主婦層がもっとも来てくれない時間帯だ。結局、オーナー家族で埋めている。

     オーナーの80歳のお母さんは、厄介になっているからと手伝っていて、あさ6時の開店時はほぼ毎日店番だ。8時をすぎるとバイトが入るが、それまでは40歳ぐらいのオーナーの妹とふたりで店番している。

     内向的な娘は話すのが得意でないから、もっぱら陳列係。高齢で少し腰のまがったおばあさんがレジ係に入っている。あさは7時をすぎると通勤客が朝食やたばこを買いに立ち寄り始める。単価の低い時間帯だが、次々来るから売り上げは多い時間帯だ。いわばラッシュアワーだ。80歳でこれを捌くにはちょっとつらそうだ。

    24時間営業を巡って、潮目が変わったとき

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddfb9faf95c14521b7ea2a34c338e8be68745b7e

    【【社会】セブン‐イレブンの「24時間営業をやめる」店舗が注目を浴びる理由とは?】の続きを読む


    コールセンターは、顧客からの電話によるクレームや問い合わせなどの対応業務を専門に行う事業所・部門で、大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い大規模な施設を「コールセンター」または「カスタマーセンター」「お客さまセンター」「サポートセンター
    26キロバイト (3,763 語) - 2023年10月15日 (日) 09:50

    (出典 mama-no-mama.jp)


    コールセンターの顧客対応にAIが導入されると、応答時間が5割も短縮されるなんて素晴らしいですね。これによって、待ち時間も大幅に短縮されることで、よりスムーズなサービスを受けることができるのではないでしょうか。

    1 蚤の市 ★ :2024/01/14(日) 22:13:41.67 ID:MBREUsh89
    顧客の問い合わせに対応するコールセンター業界で、生成AI(人工知能)の導入が急速に進んでいる。大手13社中12社がオペレーターの支援や通話内容の要約などに活用し、平均5割の業務時間削減効果を見込んでいることがわかった。人手不足の解消につなげ、データ分析など付加価値の高い事業領域へのシフトを狙っている。

    生成AIは自然な対話や文章要約を得意とする。コールセンターにおける顧客対応は特に導入効果が高い...(以下有料版で、残り1634文字)

    日本経済新聞 2024年1月14日 20:27
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2156G0R21C23A2000000/

    【【社会】コールセンターの顧客対応におけるAI活用の効果とは?】の続きを読む


    自衛隊(じえいたい、英: Japan Self-Defense Forces、略称: JSDF)は、日本の保有する軍隊。陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3軍種からなり、最高指揮官である内閣総理大臣及び隊務統括を担う防衛大臣による文民統制(シビリアン・コントロール)の下、防衛省によって管理される…
    185キロバイト (27,386 語) - 2024年1月6日 (土) 11:36

    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    自衛隊の派遣や増員が容易でない背景は、まず人手不足が挙げられます。災害が発生した場合、すぐに多くの自衛官を現地に送り込む必要がありますが、その数は限られています。人員の確保や人員の訓練には時間がかかるため、即座に対応することが難しいのです。

    1 夏スケボー ★ :2024/01/07(日) 20:30:49.79 ID:ytmw0y8Q9
    自衛隊派遣、増員が容易でない背景 能登半島地震と熊本地震の差

    2024/1/7 12:18(最終更新 1/7 17:48)毎日新聞

    石川県能登半島地方を震源とする地震に対する自衛隊派遣を巡り、野党の一部から「逐次投入」「初動が遅い」といった批判が出ている。政府は部隊の増強を重ね、6日までに5400人態勢に拡充したが、2016年の熊本地震では発生から5日後に2万2000人を派遣した実績があるだけに、派遣規模に限れば見劣りの感もある。数字上で差が生じた背景には何があるのだろうか。

    「今般の自衛隊の災害派遣について一部、逐次投入であるとか、初動が遅いといった指摘がある。私から少し詳しく説明をしたい」

     首相官邸で6日に開かれた政府の非常災害対策本部会議に出席後、記者団の取材に応じた木原稔防衛相が問わず語りに説明を始めたのは、地震発生後からの自衛隊の対応だった。

    自衛隊は、地震発生翌日の2日までに2000人態勢を構築し、ヘリによる人員や物資の輸送、救助活動を実施。3日は4600人態勢で、重機を使った陸路の修復や給水・給食など生活支援にも活動を広げ、6日までに5400人規模に拡充した。木原氏は「被災者に寄り添った生活支援活動を強力に推進するため、さらに部隊を増強させていく」と強調した。

    防衛省によると、5日現在で自衛隊は174人を救助し、糧食9万4563食、毛布6979枚、燃料6520リットルなどを輸送した。給食、給水支援はそれぞれ1387食、247トンを数える。

     一方、最大震度7を2度観測し、震災関連死を含め熊本、大分両県で225人が亡くなった熊本地震では、発生翌日に自衛隊員1700人を投入。2日後に1万5000人、5日後に2万2000人と一気に派遣規模を引き上げ、日本の災害対応として初めて、被災地からの要請を待たずに物資を緊急輸送する「プッシュ型」の実現に貢献した。

     こうした経緯を踏まえ、立憲民主党の泉健太代表は5日、「自衛隊が1000人、2000人、5000人という逐次投入になっているのは遅い」と批判。SNS(ネット交流サービス)上でも政府の対応を疑問視する投稿が見られる。

     自衛隊の初動対応に問題はなかったのか。対応を困難にした要因の一つが被災地の地理的な特性だ。自衛隊幹部は「陸の孤島と言われている半島での未曽有の震災。一番起きてほしくない場所で起こった」と振り返る。

    能登半島は日本海側最大の半島で、金沢市から半島先端までは陸路で約140キロに及ぶ。険しい海岸線も多く、山地がほとんどを占め、小さな集落が山あいに点在している。被害が激しい半島先端に向かうにつれて道路網が寸断されており、石川県によると6日午前6時現在で、半島中央の七尾市から北部に向かう道路は1本しか確保されていない。

     木原氏は、半島では陸路が限られるため、「道路の復旧状況や現地での受け入れ態勢の段階などを見ながら人数を増やしていった」と説明。自衛隊では活動可能なエリアの拡大に応じて人員を増強する手法をとっており、主に平野部が被災した熊本地震とは条件が異なるとの認識を示した。

     さらに、熊本に比べ、能登半島には規模の大きな自衛隊の拠点がないという事情もある。熊本市には南九州全体を管轄する陸上自衛隊第8師団の司令部があり、1万人超の隊員が常駐している一方で、能登半島には航空自衛隊のレーダーサイトしかない。防衛省幹部は「アクセスが非常に難しい場所で、通信の状況も悪く、状況把握が難しかった。そのなかで非常にスピーディーに部隊投入ができた」と語り、初動に問題はなかったと強調した。

     また、今回初めて、被災者の要望聞き取りを任務とする臨時部隊を400人規模で結成した。「プッシュ型」支援ではくみ取れない物資や支援のニーズを迅速に反映させ、きめ細かな支援につなげるとしている。

    https://mainichi.jp/articles/20240107/k00/00m/040/059000c

    ※前スレ
    自衛隊派遣、増員が容易でない背景 能登半島地震と熊本地震の差 ★2 [夏スケボー★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1704623479/

    【【社会】自衛隊活動における課題とは?能登半島地震と熊本地震の違いとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ