オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:人件費高騰


    ラーメンのサムネイル
    ラーメンのフランチャイジーが400近くを中国国内に展開しており、日本の外食チェーン店としては最も多い。タイでは首都のバンコクを中心に、8番らーめんや味千ラーメン、山小屋ラーメン、ばんからラーメンなど、日本の多店舗型ラーメン店の進出が目立つ。 中国では日本式ラーメンはトンコツラーメン
    106キロバイト (9,390 語) - 2024年5月17日 (金) 12:40

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    ラーメン店の倒産が過去最多というのは本当に心配です。地域の活性化にもつながる飲食店の衰退は、地域全体に影響を及ぼす可能性がありますね。

    1 Gecko ★ :2024/05/18(土) 07:50:50.93 ID:l2YPcHIj9
    ★今、「ラーメン」が大ピンチ!相次ぐラーメン店の倒産、止まらない“4重苦”とは?

    日本の国民食「ラーメン」が大ピンチだ。2023年には過去最多となる63件のラーメン店が倒産。物価高騰など、ラーメン屋を取り巻く“4重苦”に迫る。

    担々麺がピンチ!ゴマの仕入れ価格が高騰

    名古屋市の『中国料理 四川』。お昼時、お客さんが一心不乱に食べていたのは人気メニューの「担々麺」だ。満足げな表情でラーメンを味わう一方、お客さんからは「(ラーメンの値段が)上がってますね最近、増々」「高くなってきているなっていう感じはすごいします。だからこそ行くときは高くてもおいしいなと思えるところに行きたい」など心配の声が。

    実はいま、日本の国民食「ラーメン」が大ピンチなのだ。

    その理由は「物価高騰」。『中国料理 四川』のマスター・柳田孝視さんは、「豚肉や他の材料も上がってきていますし、ほんとに値上がりばっかりですね材料費は」と話す。柳田さんによると、担々麺に使う具材のほとんどが値上がっており、なかでも切実なのが担々麺には欠かせない「ゴマ」だ。

    『中国料理 四川』の担々麺は、南米から取り寄せるゴマをペースト状にして、トウガラシなどを加えてスープに。もともとゴマは、1㎏920円で仕入れており、値段の変動は過去にほとんどなかったという。柳田さん曰く、「去年と比べて1㎏130円上がっていて、また来月ぐらいからもう100円値上がる」というゴマ。

    新紙幣の発行による券売機の改修も影響

    値上げは、名古屋市民にお馴染みのラーメン屋にも影響が。1978年創業の『ラーメン福』だ。看板メニューは、もやしがたっぷり乗った「ラーメン」。そんな自慢の味は、2年前に600円から650円に値上げ。来月からさらに値上げし、700円になるという。材料費はチャーシューも麺も野菜も、“上がっていない物はない”と言うほど。しかし、値上げの理由は「物価高騰」だけではない。

    2つ目の理由は「人件費の高騰」。人手不足が深刻な日本。時給を上げても人が集まらず、アルバイトの時給を去年秋に思い切って150円アップ。なんと1,250円に変更した。

    時給アップについて店長は、「高いなとは思うんですけど、なかなかまだ来てもらえない。(働き始めた頃は)時給950円とかだったので、今の時給を見ると羨ましいなとは思いますよね」と心境を明かした。

    さらに、意外なところにもお金がかかっていた。新紙幣の発行による、券売機の改修だ。同店では、7月から発行が始まる新紙幣対応のために、券売機を新調。1万円札の肖像画が渋沢栄一になるなど、20年ぶりに一新されるデザインに対応するため、券売機のパーツを新しくしなければいけないのだ。改修費は、1台あたり25万円ほど。物価と人件費の高騰と合わせて、設備投資の費用も重くのしかかっていたのだ(抜粋)



    (出典 Youtube)


    https://news.ntv.co.jp/n/ctv/category/life/ct29f2ffd6451f4689b5c4f3ef5535dc5a

    【【経済】ラーメン店の倒産が過去最多に⁉ 背後に潜む「物価高騰」の影響とは?】の続きを読む


    “人手不足倒産” 過去最多313件 建設業・物流業が全体の4割占める

    (出典:FNNプライムオンライン(フジテレビ系))


    人手不足(ひとでぶそく)とは企業経営において発生する問題で、これは企業が業務を行う上で必要とされる人材(特に若年労働者やブルーカラー・技術者)が集まらず、思うように業務が行えていないような状態のことを言う。 近年の日本において、一部の企業や業種で人手不足が起こっており、企業全体の業務に支障をきたしている。…
    4キロバイト (554 語) - 2023年10月6日 (金) 05:05

    (出典 tosan-tetsuzuki.com)


    建設業や物流業が特に人手不足の影響を受けやすいのは理解できます。労働環境の改善や人材育成に力を入れることが重要です。

    1 煮卵 ★ :2024/04/09(火) 15:03:57.70 ID:bF1lWATZ9
    帝国データバンクによると、人件費の高騰や採用難などによる「人手不足倒産」が、2023年度は313件となり、過去最多を更新した。

    業種別に見ると、建設業は94件、物流業は46件で、それぞれ過去最多となり、全体の4割を占めた。

    社会インフラとして欠かせないこの2業種では、4月から時間外労働の上限規制が適用される、いわゆる「2024年問題」に直面している。

    [FNN]
    2024年4月9日 火曜 午前0:24
    https://www.fnn.jp/articles/-/682780

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1712623301/

    【【経済】なぜ建設業・物流業が人手不足に直面し、倒産が増加しているのか?】の続きを読む


    インフレーション (物価高騰からのリダイレクト)
    昇か需要超過かは判別できる。景気の過熱によって物価が上昇しているのかどうかを判断するには、消費者物価指数ではなくGDPデフレーターを見なければならない。 原価インフレーション(コストインフレーション) 賃金・材料等の高騰によって発生する。原油価格の高騰によるインフレーションや消費増税によるスタグフレーションが典型的な例である。…
    31キロバイト (4,554 語) - 2024年1月21日 (日) 02:40

    (出典 www.tenpos.com)


    1杯1000円の壁は、ラーメン店の経営にとって大きな課題です。値上げをしても客足が遠のく可能性もあるため、他の方法を模索する必要がありますね。例えば、提供スピードの向上やサービスの充実など、お客さんが満足できる工夫が求められています。

    1 シャチ ★ :2024/02/05(月) 20:40:05.31 ID:sSRIpdMG9
    2/5(月) 19:12配信 関西テレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb5071602abff5964c02609aacd2d7a8363fe4a0?page=1

    大好きな方がたくさんいる『ラーメン』のニュースです。実は今、倒産する店が増えています。そこにはラーメン業界特有の「壁」がありました。


    あったかいスープに、つるつるの麺。日本人の国民食とも言えるラーメン。しかし今、苦境に立たされている店が多くあります。

    兵庫県西宮市で25年以上営業を続けていた「にしのみやラーメン」。豚骨や鶏ガラのスープに海老エキスを加え、白菜がたっぷり入ったあっさり系のラーメンが名物で、長年、地元の人たちに愛されてきました。

    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「カウンターどうぞ~」

    【15年来の常連客】(Qどのくらいの頻度で?)「週1くらいでしょうかね。食べ応えといいますか、味はもちろんなんですけど」

    【15年来の常連客】「スープが特徴的なので、とんこつラーメンとかみそラーメンでもなくて、『にしのみやラーメン』っていうジャンルで成り立ってる」

    しかし、1月末に店を閉めることを決めました。


    一番の要因となったのが「物価高」です。

    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「スーパーでも買い物されたら値段上がってるのは感じられると思うんですけど、僕ら店はスーパーよりも安く仕入れてきてたもので、スーパーが1.5倍になってるところを僕らは2倍になってたりするところもあるので」

    オーナーの秦さんによると、チャーシューに使う輸入物の肉が、5年前は1キロ当たり約600円だったのに対し、2023年末には約900円にまで値上がりしたと言います。

    さらに…
    【にしのみやラーメンオーナー 秦一晶さん】「『1000円の壁』っていうところですかね。やっぱり」


    ラーメン業界で叫ばれる「1000円の壁」。この店では、物価の上昇に伴い、値上げすることもありましたが、1000円を超えると客離れにつながるのではと、全てのラーメンを1000円以下で提供していました。しかし度重なる物価の上昇で、値上げも限界を迎え、店を閉める判断をしました。

    こうした影響などで閉店する店は多く、東京商工リサーチによると、2023年、倒産や休廃業をしたラーメン店は合わせて74件と過去最多となりました。(以下ソースで

    【【経済】ラーメン業界に衝撃走る‼ 史上最多の倒産数、値上げ限界に迫る壁とは?】の続きを読む


    倒産することにより、関連会社や取引企業が連鎖的に倒産することを連鎖倒産(れんさとうさん)という。 また、日本においては「会社が潰れる」・「あの会社は潰れた」などの俗的な表現もある。 倒産状態になった経済主体による、債権者への弁済のための処理ないし手続を、倒産処理ないし倒産
    68キロバイト (7,116 語) - 2023年11月13日 (月) 06:35

    (出典 www.foods-ch.com)


    2023年のラーメン店倒産が過去最多というニュースは本当に衝撃です。食材の高騰が原因と聞いて、将来の飲食業界への影響が心配です。どのような対策を講じるべきなのでしょうか。

    1 Gecko ★ :2024/01/23(火) 08:12:23.64 ID:qkBoePFa9
    去年1年間のラーメン店の倒産が過去最多になったことが分かりました。食材価格や光熱費、人件費などの高騰が原因です。

     東京商工リサーチによりますと、2023年に倒産したラーメン店(負債1000万円以上)は45件で、前の年の2.1倍となりました。

     業態別でラーメン店の倒産データを取り始めた2009年以降では、2013年の42件を上回り最多を更新しました。

     コロナ禍で経営が厳しくなったラーメン店は、いわゆる「ゼロゼロ融資」や休業補償など手厚い支援を受けてきましたが、客足が以前のように戻らなかったことに加えて小麦などの食材価格や水道・光熱費の高騰、人手不足に伴う人件費の上昇が資金繰りを圧迫しているとしています。

     東京商工リーチは対抗策として価格転嫁が最適としつつも「値上げは有名店でも容易ではなく、『1000円の壁』も立ちはだかっている」として、今後も他店との差別化を図れない小規模や零細規模のラーメン店の淘汰(とうた)が続くと分析しています。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000333688.html

    【【経済】ラーメン業界に暗雲漂う・・・2023年に入り倒産が急増、その経営難の理由とは?】の続きを読む


    大阪万博(おおさかばんぱく) 日本万国博覧会 - 1970年に大阪府吹田市で開催された国際博覧会(万国博覧会、万博)。EXPO'70。 2025年日本国際博覧会 - 2025年に大阪大阪市で開催が予定されている国際博覧会。公式略称は「大阪・関西万博」。 このページは曖昧さ回避のためのページです。…
    490バイト (129 語) - 2023年4月22日 (土) 14:11

    (出典 dot.asahi.com)


    万博の建設費が高額になる理由や、その負担を府と市が負うということに疑問を感じます。なぜ企業やスポンサーからの資金調達や補助金を活用しないのでしょうか?

    1 蚤の市 ★ :2023/10/07(土) 12:31:02.98 ID:rt0jjOkV9
    2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場建設費が従来計画から最大500億円上振れることになった。増額は20年以来2度目で、大阪府と大阪市の負担額は約780億円と当初計画から360億円ほど膨らむ見通し。追加の公費負担にはより丁寧な説明責任が求められる。

    会場建設費は運営主体・日本国際博覧会協会(万博協会)が発注するメイン会場や大催事場などの整備に充てられる。資材高や人件費の高騰を背景に各工事の...(以下有料版で,残り881文字)

    日本経済新聞 2023年10月7日 5:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF0651S0W3A001C2000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1696647809

    【【驚愕】大阪万博の建設費、負担増加の理由とその影響に迫る‼】の続きを読む

    このページのトップヘ