オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:京アニ事件


    控訴期間は、判決書の送達を受けてから2週間の不変期間(天変地異以外裁判所が変更できない期間)である(民事訴訟法285条)。この期間内に、控訴審を担当する裁判所(控訴裁判所)宛ての控訴状を、第一審の裁判所に提出して、控訴の提起をする。控訴状に、控訴の理由が記載されていない場合は、控訴
    12キロバイト (1,761 語) - 2023年11月22日 (水) 15:19

    (出典 news.ntv.co.jp)


    青葉被告の控訴は予想通りの展開ですね。次は控訴審での判決を待ちましょう。被害者や関係者にとっては長引く裁判の過程は辛いかもしれませんが、真相究明のためにも必要な過程だと思います。

    1 首都圏の虎 ★ :2024/01/26(金) 13:54:32.55 ID:EQdZIGhz9
     京アニ放火殺人事件で青葉被告が控訴しました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/89147c2801946f2f93aa752e01676fc5b226c651

    【【注目】青葉被告が控訴‼ 京アニ事件の真相はいかに?】の続きを読む


    京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。報道における略称は京アニ事件京アニ放火など。 アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男Aが侵入し、ガソリンを撒いて放火したことで…
    314キロバイト (41,816 語) - 2024年1月25日 (木) 05:18

    (出典 ricetsuki.com)


    死刑判決が下されたことに納得はできるけれど、同時に悲しさも感じます。京アニは多くの名作アニメを創り上げ、多くの人々に感動と喜びを与えてきた存在です。この事件によって被害を受けた人々に対して、一刻も早く心のケアや支援が行われることを願います。

    1 Hitzeschleier ★ :2024/01/25(木) 13:43:08.46 ID:6pT20sLt9
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e2fe1f0b6c214c332faa9f0570f26105b755ff66&preview=auto
     36人が死亡、32人が重軽傷を負った2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件で、殺人など五つの罪に問われた青葉真司被告(45)の裁判員裁判の判決公判が25日、京都地裁で開かれた。増田啓祐裁判長は求刑通り、青葉被告に死刑を言い渡した。

     起訴内容に争いはなく、青葉被告の刑事責任能力の有無や程度が争点となった。増田裁判長は判決理由の中で「事件当時は心神喪失、心神耗弱のどちらの状態でもなかった」と青葉被告の刑事責任能力を認定。被告には誇大な自尊心があり、うまくいかないことがあると攻撃的になると指摘し、ガソリンによる放火という犯行手段については「本人の考え方や知識に基づくもので、妄想の影響はほとんど認められない」と述べた。

    【【衝撃】京アニ事件での真犯人に死刑判決が下される‼ 京都地裁の判決に世間騒然・・・】の続きを読む


    京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。報道における略称は京アニ事件京アニ放火など。 アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男Aが侵入し、ガソリンを撒いて放火したことで…
    317キロバイト (42,099 語) - 2023年12月6日 (水) 01:37

    (出典 sn-jp.com)


    青葉さんのリハビリに対する意識の高さに感心します。彼が今回の事件を悔やんでいることが伝わってきますね。やけどのリハビリを通じて、彼が自身の行動を反省し、再度社会への復帰を果たすことを願っています。

    1 Hitzeschleier ★ :2023/12/06(水) 12:53:35.69 ID:N3XcprTE9
    「こんな環境なら事件起こさなかった」
    2023年12月6日 11時36分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/25479934/

     京都アニメーション放火殺人事件の6日の公判で青葉真司被告(45)は、事件で負ったやけどのリハビリのために現在介助を受けているとして「感謝の念しかない。早くこんな環境に置かれていれば事件は起こさなかった」と述べた。

    【【注目】京アニ事件・青葉被告のリハビリ介助で感じた思いとは?】の続きを読む


    京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。報道における略称は京アニ事件京アニ放火など。 アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男Aが侵入し、ガソリンを撒いて放火したことで…
    313キロバイト (41,475 語) - 2023年9月21日 (木) 06:00

    (出典 jijineta-showtime.blog.jp)


    青葉真司被告の言動が非常に不適切だと思います。遺族はただ真相を知りたいだけであり、彼らの感情を踏みにじるような発言は許されません。被告は悪事を犯したことを反省し、遺族に対して謝罪するべきです。

    1 Hitzeschleier ★ :2023/09/21(木) 18:33:43.72 ID:CJiecbMG9
     被害者参加制度を使って裁判に参加する遺族は20日、法廷で青葉被告に直接質問しました。

     入社4か月の娘を亡くした女性

    「あなたの目に入った女性2人のうちの1人は、私の娘の可能性が高いです」

     青葉被告「はい」

     入社4か月の娘を亡くした女性

    「娘は6月に配属されたばかりでした。そういう社員がたくさんいることを想定していましたか」

     青葉被告「すみません、そこまでは考えていませんでした」

     これまで裁判で淡々と質問に答えてきた青葉被告ですが、遺族側の質問に対し苛(いら)立ちを見せる場面も―。

     遺族の代理人「犯行前に別の選択肢はなかったのですか?」

     青葉被告「逆に聞きますけど、それはこんなことするなら、さっさと*でくれということですか」

     裁判長「あなたが答える場ですから、質問しないでください」

    https://news.goo.ne.jp/article/ytv/nation/ytv-2023092008342879.html

    関連
    「逆に聞くが」被害者側の質問に青葉被告がまくし立てる「京アニは良心の呵責なく、被害者としての立場だけ述べてどう思うのか」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695200531/
    青葉真司被告、遺族側の問いかけに言い返す「盗作する社風を知らず、稼いだ金をもらっている」「盗作を知らないのはどうなのか」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695202109/
    青葉真司被告「京アニがしてきたことは全部不問になるのか」 被害者側の追及に〝逆ギレ〟
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695214753/
    青葉真司被告、2chで「『あなた(京アニ女性監督)本人ですよね』と書き込むと恥ずかしさから流す態度とられた。女性監督で間違いない」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695275456/


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695279576/

    【【注目】京アニ事件の被告者に対する遺族の質問、苛立ちの場面が明らかに⁉】の続きを読む


    京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。報道における略称は京アニ事件京アニ放火など。 アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男Aが侵入し、ガソリンを撒いて放火したことで…
    309キロバイト (40,608 語) - 2023年9月19日 (火) 08:35

    (出典 www.mbs.jp)


    青葉被告は本当に罪悪感を感じているのでしょうか?36人もの無辜の命を奪ったのに、小説一つで軽々しく言い訳するなんて信じられません。本当に謝罪と反省の気持ちがあるのなら、それを行動で示すべきです。

    1 Hitzeschleier ★ :2023/09/19(火) 18:48:57.28 ID:pi2+PXYr9
     36人が死亡、32人が重軽傷を負った2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件で、殺人罪などに問われた青葉真司被告(45)の裁判員裁判の第7回公判が19日、京都地裁(増田啓祐裁判長)で開かれた。青葉被告は被告人質問で、検察側に36人が亡くなった結果について現在の考えを問われ、「小説一つでそこまでしなくてはならないのか正直な気持ちとしてあります」などと述べた。

     青葉被告は今月5日にあった初公判の罪状認否で、「現在ではやり過ぎたと思っております」と述べていた。

     検察側は19日の被告人質問で、青葉被告に罪状認否の内容について認識を問うと、青葉被告は「ガソリンで火をつけるとは、行き過ぎだと思っています」とし、「30人以上亡くなられた事件ということを鑑みると、小説一つでそこまでしなくてはならないのか正直な気持ちとしてあります」と淡々とした口調で説明した。

    (略)
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1113147

    【【必見】青葉真司被告の心境変化に迫る‼ 事件後の人生への葛藤とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ