オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:トッピング


    壱番屋 (ココイチからのリダイレクト)
    ココいちばんや、略称: ココイチ)を運営する大手カレーライス専門店チェーンである。ハウス食品グループ本社の連結子会社。フランチャイズにより日本国内各地のほか、海外のアメリカ合衆国、中国、韓国、タイなど世界各国にも店舗を展開する。 店名は「カレーならココ一番や…
    38キロバイト (4,993 語) - 2022年12月29日 (木) 12:16
    値上げして高いけどココイチ最高‼

    1 パンナ・コッタ ★ :2023/01/10(火) 07:37:02.17ID:QCdAm2MF9
    値上げが続いても、No.1カレーチェーンの座はびくともしないCOCO壱番屋(ココイチ)。2022年12月には同年2回目の値上げが実施され、ベースとなるポークカレーは東京都、神奈川県、大阪府で547円→591円に。上記以外の地域は526円→570円になりました。

     40円強の値上げなのでトッピングしづらくなったという声も多く聞こえてきますが、2022年6月に導入されたハーフサイズトッピングを活用すると、まだまだ自由にカスタマイズをすることができるんですよね!

     ココイチは「1000円以内で楽しむ!」が筆者のモットー。今回はハーフトッピングを活用したオススメのココイチの組み合わせを4種類ほど紹介したいと思います。

    1)3品トッピングの贅沢シーフードカレー
    「ハーフシーフードコンボ」
     まずは、シーフードアイテムを組み合わせた名付けて「ハーフシーフードコンボ」。ベースとなるポークカレー(591円)に秋冬限定のカキフライの2個版(204円)を乗せハーフフィッシュフライ(84円)をトッピング。さらにハーフエビにこみ(110円)を加えると989円で贅沢なシーフードたっぷりカレーの完成です(※東京、神奈川、大阪以外は968円)。

    (出典 bizspa.jp)



    続きはこちら

    bizSPA!フレッシュ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95e97455beb81c6d7806d0b476bbcda25821e5ed

    【【注目】最強のトッピング⁉値上げのココイチに救世主が⁉】の続きを読む


    茹でたジャガイモを潰したマッシュポテトをベースとする庶民的な通常のコロッケ(ポテトコロッケ)と、ベシャメルソースを用いる洋食屋のクリームコロッケに大別される。これらの種にポテトコロッケは挽肉、みじん切りの炒めタマネギ、クリームコロッケはカニなどの魚介類などを混ぜ込み、俵型や小判型、勾玉型などに成形し…
    26キロバイト (3,762 語) - 2022年9月11日 (日) 09:03
    いや~そばにコロッケは最高ですね‼いったい誰が考えたんだろう・・・ググってみよう‼

    1 フォーエバー ★ :2022/09/22(木) 22:42:15.78ID:CAP_USER9
    9/21(水) 12:03配信

    スポニチアネックス
    極楽とんぼの加藤浩次

     お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が21日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演し「コロッケそば」の魅力を語った。

     番組では、歌手・星野源の「味噌汁にフライドチキンを入れる」というこだわりについてトークした。出演者のみちょぱこと池田美優が「フライドチキンがベチャベチャって感じになりそう」と話すと、加藤は「そばにコロッケを入れたときのベチャベチャ感いいじゃん」と反応。すると、みちょぱは「そばにコロッケ入れるんですか?」と驚きの声を上げ、ここからコロッケそば論争に。

     そばにコロッケを「入れない」みちょぱに対し、加藤は「何言ってんのあんた?」とツッコミを入れ「そばにコロッケ入れるよね。ジュクジュクにしたいもん」。他の男性出演者も「定番」「ふやけるのがおいしい」「最後溶かして、おしゃれなビシソワーズみたいになる」と追従した。

     みちょぱがコロッケそば未経験なのは「立ち食いそば行ったことないからか」と加藤は推測し「行ってこいよ!」と、おすすめしていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7cea5767d15413cede19c06d60f2dbb61d47ecf

    【【話題】あなたはそばにコロッケ入れる派?それとも入れない派? 】の続きを読む

    このページのトップヘ