オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    タグ:インフレ


    日本銀行 (日銀からのリダイレクト)
    日本銀行(にっぽんぎんこう、英: Bank of Japan、英語略称: BOJ)は、日本銀行法に基づき日本の中央銀行として設立された認可法人である。略称は日銀(にちぎん)。財務省が所管する。 日本銀行は、日本国政府から独立した法人とされ、国の行政機関ではないものの、その金融政策は行政の範疇に属すると考えら…
    98キロバイト (12,762 語) - 2024年3月29日 (金) 17:40

    (出典 www.zakzak.co.jp)


    円急落は輸出企業にとっては好材料だが、一方でインフレ懸念も出てきそうだ。日銀の今後の政策が注目される。

    1 @蚤の市 ★ 警備員[Lv.20(前19)][苗] :2024/04/27(土) 17:19:50.18 ID:nHW2/d+I9
     【ニューヨーク時事】週末26日のニューヨーク外国為替市場では、円相場が一時1ドル=158円台に急落し、1990年5月以来約34年ぶりの安値水準を付けた。日銀が政策金利の据え置きを決めたことなどを背景に、円売り・ドル買いの流れが一段と加速。日本の金融当局による円買い為替介入への警戒感が高まっている。

    時事通信 外経部2024年04月27日06時25分配信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2024042700156&g=int
    ★1 2024/04/27(土) 06:43:40.74
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1714186555/

    【【経済】日銀の政策維持が円急落を後押し?NY市場の反応は?】の続きを読む


    スタグフレーション(英: stagflation)とは、経済における状態の一つである。stagnationとinflationのかばん語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。 スタグフレーションという用語は、英国下院議員のイアン・マクロード(英語版)が1965年、議会で…
    18キロバイト (2,306 語) - 2024年2月2日 (金) 09:14

    (出典 saitama-ken.com)


    スタグフレーションは経済にとって非常に厄介な問題です。平均時給が上昇しているにもかかわらず、賃金総額が減速しているのは懸念すべきです。この問題を解決するためには、経済政策の見直しが必要です。

    1 お断り ★ :2024/02/04(日) 12:26:17.50 ID:7REV+JgX9
    米国経済は強烈なスタグフレーションへ、1月雇用統計分析

    時給の加速にもかかわらず賃金総額は減速
    その賃金総額は2.3%の上昇となり、前月の3.7%から減速した。
    平均時給のインフレは跳ね上がったにもかかわらず、賃金総額は減速トレンドが続いている。
    結論
    これがどういう意味を持つのか、ここの読者であればもう分かるだろう。労働の単価は上がっているのだが、単価が上がったために企業は全体としては雇用を増やすことが出来なくなり、企業が労働者に支払う金額全体は減っている。
    つまり企業は賃金インフレに苦しんでいる。低い失業率も、労働市場で人が足りていない証拠だと言える。賃金を上げなければ人を雇えないが、企業には高い賃金を受け入れる体力がないので労働時間の方を削っている。
    詳細はソース グローバルマクロリサーチ 2024/2/3
    https://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/43990

    【【国際】財政政策の影響が?米国経済で平均時給の増加にもかかわらず賃金総額が減少する理由とは?】の続きを読む


    フレーションであり、財やサービスの一般的な価格水準が持続的に低下することである。インフレーションの一般的な指標はインフレ率で、物価(通常は消費者物価指数)の長期的な変化率を年率換算したものである。 経済学者は、非常に高いインフレ率やハイパーインフレ
    31キロバイト (4,555 語) - 2023年7月19日 (水) 14:56

    (出典 www.bloomberg.co.jp)


    カナダという比較的豊かな国でも、インフレがホームレス問題を引き起こしているのですね。これは深刻な問題ですし、一刻も早く解決策を見つける必要があります。政府だけでなく、市民も支援をしていくべきだと感じました。

    1 お断り ★ :2023/10/28(土) 18:09:29.91 ID:2XoVrNkO9
    家賃高騰で追い出され…カナダで路上生活者が急増
    【AFP=時事】カナダで、家賃や不動産価格の高騰から路上生活者が急増している。
    モントリオール東方80キロに位置する人口7万人の町グランビー(Granby)に住むダニー・ブロダールコテさん(39)は、数か月前から墓地に近い森の中でテント生活を送っている。恋人とアパートを借りていたが、6月に退去を迫られた。
    用務員として「週5日」働いている。「住める場所がほとんどないのは、家賃が高過ぎるから」だと話した。
    今年に入りインフレが加速する中で、現状は統計よりはるかに悪いと懸念する。
    「もはや収入の範囲内でやり繰りできるレベルではなくなっている」と話した。
    ブロダールコテさんは、手頃な価格の住まいを見つける希望をまだ捨てていない。だが、今のところは、出勤前に近くの川で体を洗う日課を続けるしかない。
    冬が近づく今、数か月後はどんな暮らしをしているのか、先が見えないと話した。
    詳細はソース 2023/10/28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/097165485346221875b8ca00a2fdc035791c2307

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1698467435/

    【【国際】カナダ、インフレによって先の見えないホームレスの現実とは?】の続きを読む


    鳥インフルエンザ(とりインフルエンザ、英語: Avian influenza, Avian flu, bird flu)とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。トリインフルエンザとも表記される。また、鳥インフルもしくはフル
    93キロバイト (11,136 語) - 2023年4月1日 (土) 05:50
    卵不足が世界的な問題となっている中、日本でも抽選販売が行われるようになってしまったのは非常に残念ですね。食の安定性が脅かされる中、政府は何らかの対策を打つべきです。

    1 七波羅探題 ★ :2023/04/25(火) 19:22:05.88ID:9wE76WWL9
    日本経済新聞2023年4月25日 17:51
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB17BH80X10C23A4000000/

    鳥インフルエンザによる鶏卵不足が世界に広がっている。国内では抽選販売を余儀なくされるケースが出てきた。海外では感染例がほとんどなかった南米で23年になって感染が急拡大。感染がまだ確認されていないブラジル産の買い意欲が高まっている。不足感は世界的な価格高騰を招いており、収束のめどはまだ立たない。

    「卵でこんな措置をとることは過去になかった」。パルシステム生活協同組合連合会(東京・新宿)は3月下旬か...

    ※以下会員記事

    【【衝撃】日本でも卵不足を実感する時代に⁉抽選販売で入手困難に・・・】の続きを読む


    フレーションであり、財やサービスの一般的な価格水準が持続的に低下することである。インフレーションの一般的な指標はインフレ率で、物価(通常は消費者物価指数)の長期的な変化率を年率換算したものである。 経済学者は、非常に高いインフレ率やハイパーインフレ
    31キロバイト (4,508 語) - 2023年3月16日 (木) 11:44
    インフレの原因として、消費者物価指数に含まれていない側面(たとえば、医療費や住居費)が大きく影響している可能性があります。

    1 アルカリ性寝屋川複垢 ★ :2023/03/17(金) 07:38:45.80ID:H54TIHkW9
    シリコンバレー銀行とシグネチャー銀行の突然の破綻をめぐる混乱はまだ続いているものの、米金融当局が両行の預金を全額保護する措置を早々に発表したことで、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のための利上げを停止する可能性は消えたというのが筆者の基本認識だ。

    とは言え、時々刻々と新たな情報が加わっており、シナリオはあくまで可変的であることに留意されたい。

    さて、問題のインフレの推移だが、いち早く上昇が始まった欧米についてはピークアウトが鮮明になってきた一方、日本では依然加速が続いている。

    日銀が3月10日に発表した2月の国内企業物価指数(PPI)からは、インフレ圧力がいまだに残っている実情が確認された。

    前月比では0.4%低下と2020年11月以来のマイナスを記録したものの、前年同月比では8.2%上昇と引き続き大幅な伸びが続いた。2022年12月は同10.5%上昇、1月は同9.5%上昇だったので、プラス幅の縮小に注目すると、インフレ抑制は確かに進んでいるように見える。

    しかし、2月のPPIが鈍化した背景には、同月から始まった政府による電気・ガス代負担軽減策の効果がある。例えば、電力・都市ガス・水道の寄与度は前月比マイナス0.52%と、全体のマイナス幅(0.4%低下)を上回る。

    また、原油価格の落ち着きも見られ(ただし顕著に下落したわけではない)、石油・石炭製品の寄与度は前月比マイナス0.10%だった。

    このほか、木材・木製品の寄与度も前月比マイナス0.02%を記録したが、これらのマイナス寄与となった3類別(電力・都市ガス・水道、石油・石炭製品、木材・木製品)を仮に無視すると、PPIは前月比0.2%上昇という結果になる。

    企業の間で取引されるモノについては、物価上昇の主役が「エネルギー以外」に移っている状況を読み取れる。


    長いので続きはソースで
    YAHOO(businessinsider) 3/16(木) 11:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b1a1958fb7c35ac15a3e3b2bea3b65785474156

    【【経済】もう耐えるしかないのか⁉日本のインフレが終わらない明白な理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ