オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技


    格闘技RIZINの未来は俺だ!朝倉未来インタビュー前編チャンプロード×暴走列伝 単車の虎 公式サイト ^ 瀬戸少年院〔少年院の御三家と呼ばれる日本3大少年院(多摩少年院、浪速少年院、瀬戸少年院)の内の1つ〕。RIZIN CONFESSIONS #52 ^ タダモノじゃない朝倉兄弟の兄ミクル……その「死と覚悟」を大沢ケンジが聞く
    40キロバイト (4,618 語) - 2021年6月13日 (日) 16:58



    (出典 a.kota2.net)


    格闘技って普通に観戦する分には面白いと思いますが、こうなるとやっぱり怖いですよね・・・

    1 Anonymous ★ :2021/06/14(月) 07:06:00.57

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1a6cc4d9feaabc2ef15f15275d13e25d58fe556

    ◆RIZIN.28 ▽第10試合 MMA(66キロ) 朝倉未来ークレベル・コイケ(13日、東京ドーム)

     18年ぶりとなる東京ドームでの総合格闘技大会のメインイベントで人気ユーチューバーの朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=が、“柔術界の鬼神”クレベル・コイケ(31)=ブラジル、ボンサイ柔術=に惨敗した。

     1回はグランドに引きずり込まれ、ヒヤリとさせられるシーンが2度あったが、スタンドに立ち直って、パンチ、キックで反撃。2回に絞め落とされた。

     ◆朝倉 未来(あさくら・みくる) 1992年7月15日、愛知県生まれ。12年にDEEPで総合格闘技デビュー。13年からはTHE OUTSIDERへ参戦。15年に65-70キロ級王座、60-65キロ級王者を獲得し、THE OUTSIDER史上初の二階級制覇の快挙を果たした。17年3月に韓国のROAD FCで海外初挑戦。18年8月にRIZIN初参戦。元UFCファイター・日沖発、リオン武、ルイス・グスタボ、矢地祐介らを破っている。20年11月のRIZIN.25で修斗王者の斎藤裕とRIZINフェザー級タイトルマッチで対戦も敗戦し王座戴冠とはならなかった。

    画像

    (出典 a.kota2.net)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 www.jlab.work)


    (出典 www.jlab.work)


    関連スレ
    「だから『いじめられている人にも原因がある』って俺は言います」 朝倉未来、2度の持論に賛否両論 ★10 [首都圏の虎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623074023/
    【路上の伝説】朝倉未来「完敗。やることはやってきたので後悔はないけど、素直に悔しい。今後のことは少し考えます」 [Anonymous★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623588537/

    前 ★1が立った日時:2021/06/13(日) 20:59:13.69
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623604315/


    【【衝撃】あの『朝倉未来』がまさか失神KOされるとは・・・ 】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。二児の父親。圧倒的な実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボ
    93キロバイト (12,583 語) - 2020年11月1日 (日) 03:41



    (出典 www.wowow.co.jp)


    すごい試合、これは痺れました!!

    1 豆次郎 ★ :2020/11/01(日) 12:30:37.75

    11/1(日) 12:27
    配信
    スポニチアネックス
    井上尚弥 鮮やかKO勝ち!7回右ストレート一閃、ベガス初陣飾る WBA4度目、IBF2度目の防衛

     ◇WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 ○統一王者 井上尚弥―WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー●(2020年10月31日 米ラスベガスMGMグランド )

     プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が10月31日(日本時間11月1日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドで行われ、統一王者・井上尚弥(27=大橋)がWBA2位、IBF4位ジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝利した。WBA王座は4度目、IBF王座は2度目の防衛となった。

     井上にとってラスベガスデビュー戦で、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、約1年ぶりの試合だった。

     当初は、今年4月にWBO王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。互いに相手を変えて防衛戦に挑むこととなった。これまでの戦績は井上が19戦全勝(16KO)、対するモロニーは22戦21勝(18KO)1敗だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c48403e448105b18aa9a0ab2c4386961aa1efd1


    【【必見】すげえええええ!!井上尚弥の右ストレートが半端ない!!】の続きを読む

    このページのトップヘ