オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:芸能ニュース > 声優・アニメ


    【話題】何なんこれ⁉ まさかあの『おそ松さん』が実写化されるとは⁉


    おそ松くん > おそ松さんおそ松さん』(おそまつさん)は、赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作とした日本のテレビアニメ。赤塚不二夫生誕80年記念として2015年10月から2016年3月までテレビ東京ほかにて第1期が放送された。1988年に放送されたテレビアニメ第2作『おそ松
    361キロバイト (49,660 語) - 2021年8月3日 (火) 00:36


    うん、これは大ヒットしそうな予感がします‼

    【【話題】何なんこれ⁉ まさかあの『おそ松さん』が実写化されるとは⁉】の続きを読む


    こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載された。通称及び公式略称は「こち亀こちかめ)」。単行本は全200巻に及び、2021年に『ゴルゴ13』に抜かれるまでは「最
    130キロバイト (13,890 語) - 2021年7月16日 (金) 01:20


    やっぱり来たか、うすうすそうなるだろうなと期待していました!

    1 記憶たどり。 ★ :2021/07/19(月) 08:53:34.01

    https://news.yahoo.co.jp/articles/22926f2a700fadedd5e59a7e1a20ff736410226d?tokyo2020

    人気ギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(作者・秋本治)の新刊コミックス201巻が
    10月4日に発売されることが19日、集英社より発表された。2016年9月の200巻発売以来、
    5年ぶりの新刊となり、今月5日にコミックス201巻を発売し「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」
    としてギネス世界記録に認定された『ゴルゴ13』の記録に並んだ。

    201巻に収録されるのは、連載40周年とコミックス200巻を記念して開催された展覧会『こち亀展』で展示され、
    会場でしか読むことができなかった「想い出の巻」、再編集版コミックス・集英社ジャンプリミックス『平成こち亀』
    シリーズに収録された描き下ろし作品3編、2017年以降に『週刊少年ジャンプ』に掲載された6編のエピソード、
    秋本氏が紫綬褒章を受賞された際の描き下ろし号外漫画など、ジャンプコミックス初収録の内容になる。

    1976年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で約40年にわたって連載された同漫画は、
    亀有公園前派出所に勤務する警察官の主人公・両津勘吉(りょうつ かんきち)が、東京の下町を舞台に、
    その同僚や周辺の人物と繰り広げるギャグ漫画。テレビアニメ化や、香取慎吾主演でドラマ化や
    実写映画化もされた人気作品となっている。

    コミックスは『ゴルゴ13』に抜かれるまで「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されていた。
    なお、きょう19日発売の『週刊少年ジャンプ』33・34合併号では、新作読切が掲載されており、名物キャラクターで、
    4年に一度、オリンピック開催年に目覚めるという超能力警官・日暮熟睡男が登場している。

    ■201巻収録予定エピソード
    ・「40周年の日暮はどこだ!?の巻」 『こち亀ジャンプ』(2016年8月16日発売)に掲載
    ・「想い出の巻」 2016年9月~2018年1月に実施した『こち亀展』で展示
    ・「復活!両さん亀有に帰って来た!の巻」 『週刊少年ジャンプ』(2017年9月16日発売)に掲載
    ・「おめでとう50周年!の巻」 『週刊少年ジャンプ』(2018年7月14日発売)に掲載
    ・「Vチューバー大作戦の巻」 『平成こち亀3年1-6月』(2019年4月26日発売)に掲載
    ・「両さんウォーク!!の巻」 『平成こち亀7年1-6月』(2019 年12月27日発売)に掲載
    ・「日暮……登場?の巻」 『週刊少年ジャンプ』(2020年7月20日発売)に掲載
    ・「おーい!元気でいるか!の巻」 『週刊少年ジャンプ』(2020年12月21日発売)に掲載
    ・「今年も元気だぜ!の巻」 『平成こち亀13年1-6月』(2020年12月25日発売)に掲載
    ・「お待たせ!日暮の巻」 『週刊少年ジャンプ』(2021年7月19日発売)に掲載
    ※そのほか、秋本氏が紫綬褒章を受賞された時の描き下ろし号外漫画なども収録。


    【【話題】ギネス世界記録、ついに『こち亀』が負けじと『ゴルゴ13』に並ぶ‼】の続きを読む


    新世紀エヴァンゲリオン > ヱヴァンゲリヲン新劇場版 > シンエヴァンゲリオン劇場版 『シンエヴァンゲリオン劇場版𝄇』(シンエヴァンゲリオンげきじょうばん、英: EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)は、2021年3月8日に公開された日本のアニメーション映画(作品のイメージカラー:
    168キロバイト (24,087 語) - 2021年7月13日 (火) 05:42


    へぇ~、今でも人気があるなんて。やっぱりエヴァンゲリオンって相当魅力があるアニメなんだろうね。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/07/13(火) 12:48:12.24

    https://twitter.com/evangelion_co/status/1414782366422237184?s=21

    上映開始の3/8〜7/12までの
    127日間累計で
    『シン・エヴァ』興行収入は100億円を突破致しました。
    本当にありがとうございました。
    なお本作は7月21日(水)に一部劇場を除き終映となります。

    #シンエヴァ
    #シンエヴァラストラン
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【速報】すげぇーーーーー!! 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入がヤバいことに⁉】の続きを読む


    ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の劇画。1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載中。超一流のスナイパー(狙撃手)・暗殺者「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。 リイド社の単行本(SPコミックス)は2021年4月時点で200巻を数え、この巻
    113キロバイト (14,778 語) - 2021年7月3日 (土) 22:19



    (出典 k-matsui-gumi.co.jp)


    へぇ~、そうだったんだ‼ 全然意識していなかった・・・

    1 孤高の旅人 ★ :2021/07/04(日) 11:17:51.67

    「ゴルゴ13」気が付けば201巻…「こち亀」抜き世界記録
    2021/07/04 10:11
    https://www.yomiuri.co.jp/culture/subcul/20210703-OYT1T50230/

     漫画家さいとう・たかをさん(84)の代表作「ゴルゴ13」の単行本の第201巻が5日、リイド社から刊行される。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として2016年にギネス世界記録に認定された秋本治さん(68)の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社、全200巻)を抜き、最多巻記録を更新することになる。

     さいとうさんは「気が付けば201巻、ただただ読者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしている。

     「ゴルゴ13」は、一匹 狼おおかみ のA級スナイパーが、複雑な国際情勢の中で「標的」の狙撃を請け負うシリーズ連作。1968年に「ビッグコミック」(小学館)で連載が始まり、昨年、コロナ禍によるスタッフの「3密」回避のため、約1か月半中断した以外は、現在も休むことなく連載が続いている。


    【【話題】漫画・ゴルゴ13って『ある分野で世界記録』を更新したらしいよ‼】の続きを読む


    ベルセルク(ノルウェー語: berserk)とは、北欧神話・伝承に登場する、異能の戦士たちである。古ノルド語やアイスランド語ではベルセルクル (berserkr)、英語ではバーサーカー (berserker) と言い、日本語ではしばしば狂戦士と訳される。 語源は2説ある。 古ノルド語で熊 (ber)
    8キロバイト (1,140 語) - 2021年3月12日 (金) 13:47



    (出典 img.sirabee.com)


    うわっ、そうなん⁉ 普通にショックです・・・

    1 ネトウヨ ★ :2021/05/20(木) 14:23:10.99

     漫画『ベルセルク』などを執筆した漫画家の三浦建太郎さんが5月6日午後2時48分、急性大動脈解離のため亡くなった。54歳。20日、白泉社が公式サイトで訃報を伝えた。

     サイトでは「三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼し「なお告別式はご家族にて執り行われました」と報告。

     「三浦先生には、永年にわたり白泉社で『ベルセルク』をはじめとする人気作品の数々をご執筆いただきました。現在もヤングアニマルにて同作を、一昨年からはヤングアニマルZEROで『ドゥルアンキ』を連載中でした」と記し「読者の皆様には、三浦先生の作品をご愛読いただきましたことを深謝いたしますとともに、謹んでご逝去のご報告をお知らせ申し上げます」と伝えた。

     ヤングアニマル編集部一同としてのコメントも掲載。「三浦建太郎先生の突然の訃報に接し、ヤングアニマル編集部は深い悲しみに包まれています。この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした」。

     「どうかファンの皆様、関係者の皆様、三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」とメッセージしている。

     三浦さんの代表作『ベルセルク』は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し現在も連載中で、コミックス累計4000万部を超える人気作。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997~98年にテレビアニメ化、2012年~13年に3部作で劇場アニメ化、2016~17年に再度テレビアニメ化された。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/464a813bd1c9aabc5e3bf72e5b1e1e1e551424f0
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621485692/


    【【訃報】そっそんなーーー、漫画・ベルセルクが⁉ あれ、面白かったのに・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ