オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:政治経済 > 日本政治経済


    3つの(みっつのみつ)は、2020年(令和2年)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大期に総理大臣官邸・厚生労働省が掲げた標語。集団感染防止のために避けるべきとされる密閉・密集・密接を指す。3つの「」・三つのとも表記され、一般に3(さんみつ)と略される。また、英語圏ではThree
    30キロバイト (4,184 語) - 2021年2月26日 (金) 01:39



    (出典 i.ytimg.com)


    前回のことを考慮すると、もうさすがに自粛では厳しいでしょう。正直、限界だと思います。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/03/07(日) 11:10:13.82

    首都圏1都3県への緊急事態宣言の再延長決定から初の週末を迎えた6日、陽気に恵まれたためか、
    繁華街や行楽地はにぎわった。「買い物ぐらい…」。警戒感の薄れを反映し、東京都心部の人気スポットでは「密」につながる雑踏が見られた。

    人、人、人…。高級ブランド店が並ぶ東京・表参道は買い物に訪れたマスク姿の若者らで混雑し、
    交差点付近は信号待ちの人々が歩道からあふれそうになっていた。

    千葉市から買い物に来た女子大生(19)は「まさか、こんなに人がいるとは思わなかった。
    みんな意識が低くなっているのかも。やっぱり人混みは怖いと思った」と話した。
    https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspa*-2021030601001462/?l-id=RNBreakingNews


    首都圏1都3県への緊急事態宣言の再延長決定から初の週末を迎え、東京・表参道を行き交う大勢の人たち。
    陽気にも恵まれ、買い物に訪れた若者らで混雑した=6日午後
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/kyodo/kyodo_kd-newspa*-2021030601001462_0-enlarge.jpg


    【【速報】何のための再延長なの⁉ あ~あ、都心部の繁華街が・・・】の続きを読む


    emergency」等の日本語訳として、メディア等にて「非常事態」・「非常事態宣言」が使用されることがあるが、あくまでも翻訳に際しての表記の揺れであり、基本的に「緊急事態」・「緊急事態宣言」と同様の意味である。 措置には、警察・軍隊(日本の場合、自衛隊)など公務員の動員、公共財の徴発、緊急
    74キロバイト (8,132 語) - 2021年3月1日 (月) 09:54



    (出典 www.asahicom.jp)


    2週間の意味がよくわからない、判断の基準が中途半端なら延長なんて逆にしない方がいいのでは・・・

    1 ばーど ★ :2021/03/05(金) 12:22:24.36

    ※略

    7日での宣言解除方針から一転。
    1都3県の延長を決断した菅首相は4日、あらためて訴えた。

    菅首相「病床の状況がまだ厳しい状況にある。そういう中で、2週間の時間をいただければ、改善することができる。商売をやっている方にはご迷惑をかけるので、タイミングとしてはギリギリだった」

    リバウンドが懸念される首都圏。

    午後の東京・渋谷は、宣言が延長される見通しとなっても、人出に変化は見られない。

    街の人からは「カフェめぐりしようと思って」、「たまにはいいかなって思っちゃう」、「緊急事態宣言が出ていても、みんな出歩いてるし、遊んでるので、延長しても、それは変わらないかな」といった声が聞かれた。

    新橋にある「ホルモンユカちゃん」は、経営難から都からの要請を受けず、午後11時半まで営業をしている。

    東京・新橋でホルモン焼き店を営む藤嶋さんは、宣言再延長の方針を、素直には受け入れられないという。

    ホルモンユカちゃん・藤嶋由香オーナー「通常営業だと、1週間に単純計算で100万円くらいは売り上げがあるので、そこで6万円とかだと全然やっていけないので、口座にもほとんどお金が残っていない状況なので、とても厳しいです。通常営業することでしか、生き残っていけないので、頑張っていきたい」

    こうした不満の一方、政府内からは「まずは2週間だが、その先、月末まであるかもしれない」といった声が上がっている。

    早くもささやかれる、再々延長論。

    そもそも、2週間の判断に、明確な根拠はない。

    政府関係者「“念のため”という要素が強い」

    2020年3月の3連休には、花見客など多くの人出があった。

    この2週間後の4月4日、都の感染者は、初めて100人を超え、その3日後、緊急事態宣言が発令された。

    今回の宣言中に卒業シーズンを迎える若者も、戸惑っていた。

    専門学生「卒業旅行に行こうとしてました。関東圏内で行けたらいいと思っていたけど、延長するので、なしになりました」

    大学生「最後の学生生活なんですけど、ご飯とかも夜行けないから悲しい」

    来週から始まる延長期間で、感染拡大をどう抑え込むのか。

    菅首相は、5日の正式決定後に会見を行い、説明する見通し。

    3/4(木) 19:54配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a0afe69d61f4cd54fe2ddcccbae0e98142d0637f


    【【注目】う~ん、宣言2週間延長で都内はどう変化したのか?】の続きを読む


    経済大国(けいざいたいこく、英: Economic power)とは、経済の分野において、世界に対して大きな影響力を持っている国家である。 厳密な定義はないが、GDP(国内総生産)が世界の総生産に占める割合の大きい国が経済大国と呼ばれる。現在、経済大国と呼ばれる国は、アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本、ドイツなどである。
    4キロバイト (626 語) - 2020年3月15日 (日) 07:20



    (出典 ggo.ismcdn.jp)


    世界の国々と比較するとそうでもないような気がします。

    1 ボラえもん ★ :2021/03/01(月) 22:13:41.66

    ■GDPは本当の豊かさの尺度ではない

     人は、自分のことを過大評価する傾向がある。国に対する意識も同様である。日本は本当に豊かな国なのか。
    日本は世界第3位の「経済大国」という言葉が一般的に使われ、国民もそれを額面通りに受け取っている。
    だが世界を見渡すと、日本は誇るほどの経済大国ではないのかもしれない。
    確かにGDP(国内総生産)を見れば、アメリカ、中国に次ぐ規模の経済大国である(以下の統計はIMFによる)。
    GDPは国民が一年間働いて新たに付け加えた価値(付加価値)の総額である。
    単純に言えば、労働人口が多く、国民が一生懸命働けば、それだけ合計額のGDPは大きくなる。
    だが、GDPだけでは、本当の豊かさを計ることはできない。
    ちなみに、アメリカのGDPは20兆8072億ドルである。中国は14兆8697億ドル、日本は4兆9105億ドルである。

     通常使われるGDP統計には国内の物価水準が反映されていない。国際比較する場合、ドルで換算する。
    だが、同じ1ドルでも、それぞれの国では価値が違う。1ドルの価値は日本と中国では違う。
    中国の物価水準は日本より安いので、中国では多く買える。それを調整するために、それぞれの国の物価水準を反映したGDPが必要になる。
    それが「購買力平価(PPP: Purchasing Power Parity)」で計ったGDPである。
    「購買力平価GDP」で見ると、各国の順位は大きく変わってくる。世界第1位は中国になる。要するに中国の物価水準は低いのである。
    すなわち1ドルの実質価値は高いことを意味する。2位はアメリカである。日本は第4位に順位を下げる。
    その額は、中国が24兆1624億ドル、アメリカが20兆8072億ドル、3位がインドで8兆813億ドル、そして日本が5兆2361億ドルである。
    ちなみにお隣の韓国は14位である(GDPでは10位)。

     これでも正確に国民の豊かさは表現されない。既に指摘したように、労働人口の多い国はGDPが大きくなる。
    だが一人がどれだけの価値を生み出しているかは分からない。そこで、「一人当たりのGDP」が重要になってくる。
    すると1位はルクセンブルクになる。2位がスイスである。アメリカは5位に順位を下げる。日本は22位に低下する。
    中国は59位と発展途上国の水準にまで低下する。要するに中国のGDPが大きい最大の理由は人口が多いことなのである。

    ■一人当たりの購買力GDPで見ると日本は世界28位

     これでも十分に国民の豊かさを表現できない。「購買力平価でみたGDPの一人当たりのGDP」が重要になる。
    それによると、アメリカは7位とさらにランクを下げる。日本はどうか。世界で28位である。

     中国に至っては73位にまで順位を落とす。人口が多いから、人口数で割ったGDPが少なくなるわけである。
    この数字から見る限り、中国が経済大国だというのは憚られる。規模が大きいから、国家予算の規模も大きく、軍事力強化や海外援助もできるのである。
    ただ、その分、国民に負担を強いていることになる。これが「超大国」中国のもうひとつの顔である。

     お隣の韓国は24位で、日本より順位は上にくる。
    アジアで見ると、シンガボールが全体の第2位で、アジアでトップにランクされている。
    他のアジアの国では、香港が9位、台湾が14位であり、日本はアジアでは5位に過ぎない。
    日本は経済大国であるというのは、日本人の思い込みによる“幻想”である。
    世界と比較すると、日本人はそれほど豊かな生活を送っているわけではない。多くの日本人が持っている“自己イメージ”は修正すべきかもしれない。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakaokanozomu/20210222-00223854/


    【【疑問】日本って本当に「経済大国」なのかな?】の続きを読む


    ドラッストア(英: drug store)は、一般用医薬品を中心に健康・美容に関する商品や日用品、生鮮食品以外の食品(飲料・日配食品等)をセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態である。日本の流通業界ではディスカウントストア(DS)と区別して「DgS」「Dg
    15キロバイト (1,826 語) - 2021年2月3日 (水) 16:39



    (出典 diamond-rm.net)


    やはり新型コロナによるインバウンド客の激減が決定的だったのかもしれません。

    1 チミル ★ :2021/02/26(金) 21:23:10.45

    ドラッグストアのマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは26日、今年10月の経営統合に伴い発足する持ち株会社の名称を「マツキヨココカラ&カンパニー」にすると発表した。社長にマツキヨHDの松本清雄社長、代表権のある副社長にココカラの塚本厚志社長がそれぞれ就く。子会社となるココカラは9月29日に上場廃止になる予定だ。

    売上高は単純合算で1兆円規模と国内最大手になる。インターネット通販との競合などで事業環境は厳しく、経営資源の集約で収益改善を図る。

    2026年3月期のグループ売上高1兆5千億円を目標とすることも発表した。

    https://this.kiji.is/738004786597543936


    【【注目】ついに『マツキヨ』と『ココカラファイン』が経営統合!! その名は?】の続きを読む


    特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)は、日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による経済的影響への緊急経済対策の一施策として、2020年(令和2年)に実施された日本に住民基本台帳がある世帯主に定額の現金を給付する制度、またはその給付金である。
    24キロバイト (3,297 語) - 2021年2月15日 (月) 10:31



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    現状で菅内閣の支持率を上げる方法と言えば、定額給付金の再給付しか道はないのではないでしょうか。

    1 スタス ★ :2021/02/24(水) 13:51:06.21

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022300335&g=pol
    首相動静(2月23日)
    2021年02月23日22時02分
    Line

     午前10時現在、東京・赤坂の衆院議員宿舎。
     午前10時33分、同議員宿舎発。
     午前10時43分、皇居着。天皇誕生日祝賀の儀に出席。
     午前11時3分、皇居発。
     午前11時15分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。
     午後2時19分、同議員宿舎発。
     午後2時22分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の「カージュラジャ ティアド」で散髪。
     午後4時43分、同ホテル発。
     午後4時47分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。
     午後10時現在、同議員宿舎。(2021/02/23-22:02)


    価格はこちら
    https://www.carjurajah.jp/tiado/barber/

    (出典 i.imgur.com)


    【【速報】ぶっちゃけ、菅総理って国民のことをどう思っているのか⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ