オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:事件・事故 > 強盗・殺人


    在日ベトナム人(ざいにちベトナムじん, ベトナム語: Người Việt tại Nhật Bản/𠊛越在日本)は、日本に一定期間在住するベトナム国籍の人々である。日本に帰化や亡命した、およびその子孫のことをベトナム系日本人と言う。 日本国法務省によれば、2019年の時点で411,968
    6キロバイト (763 語) - 2020年5月18日 (月) 19:18



    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


    これはものすごい被害だ・・・

    1 雷 ★ :2020/10/29(木) 10:05:41.61

    家畜盗難にも関与か!?ベトナム人13人逮捕 強固なSNSネットワーク
    2020年10月28日 12時58分

     群馬県など北関東で家畜や果物が相次いで盗まれた事件で、入管難民法違反容疑で逮捕された同県太田市のベトナム人のうち、自称カラオケ店経営の男(39)ら2人が、宅配便で国内のベトナム人向けに肉や果物を送っていた。県警は、SNSで注文を受けて送ったとみて、窃盗事件との関連を慎重に捜査している。

     県警が27日、太田市内にある宅配便の配送センターの伝票を調べたところ、2人の名前で肉や果物を配送した記録があった。受取人はほぼ全てがベトナム人で、群馬、埼玉両県を中心に関東の住所が多く、関西もあった。
     県警は窃盗事件の捜査で、SNSを通じて肉や果物を売るベトナム人のグループを把握。入管難民法違反容疑で太田市の住宅を家宅捜索、ベトナム人13人を逮捕した。

     家畜や果物の盗難被害は、今年夏から秋にかけて群馬を含む北関東の各地で起きた。群馬県では豚約710頭、ニワトリ約140羽、ナシ約5400個が盗まれた。

     6年前に岐阜県で除草用のヤギが盗まれる事件があり、犯人はベトナム人で「食べるために盗んだ」と供述。10年前にはビニールハウスのイチゴが大量に盗まれる事件があり、ベトナム人が逮捕。今回と類似した事件が起きていた。

     ベトナム事情通は「来日ベトナム人の数が増えるのと比例して、不法滞在や犯罪も増加している。ベトナム人は、とても強固なコミュニティーを築きます。そのコミュニティーだけで闇売買のマーケットが形成されるのに十分な人数になっています」と指摘する。

     在留外国人の人数は、国籍別では中国(約76万人)、韓国(約45万人)に次ぐのがベトナム(約33万人)だ。

     しかし、警察庁まとめによる「令和元年の来日外国人犯罪情勢」などでは、総検挙状況(検挙件数1万7260件、検挙人員1万1655人)について「国籍別に見ると、検挙件数ではベトナムが35・0%、中国が26・0%、検挙人員ではベトナムが28・9%、中国が25・3%の順に多く、この2か国で半数以上を占めた」との説明がある。

     人数が3位なのに、犯罪数は多いようだ。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/social/incident/2344833/


    相次ぐ家畜や果物の盗難

    関東地方ではことし、家畜や果物が盗まれる被害が相次いでいます。

    【群馬県】
    ▽豚が710頭余り
    ▽鶏が140羽余り
    ▽牛が2頭
    ▽梨がおよそ5700個

    【埼玉県】
    ▽豚が130頭余り
    ▽鶏がおよそ230羽
    ▽ヤギが12頭
    ▽梨がおよそ5150個

    【栃木県】
    ▽牛が6頭
    ▽桃がおよそ3700個

    【茨城県】
    ▽豚が1頭
    ▽柿がおよそ1100個
    ▽スイカがおよそ610個
    ▽梨がおよそ310個など。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201027/k10012683411000.html


    【【必見】ついに『家畜盗難の犯人』が明らかに!!】の続きを読む


    life・QOL)の考えが普及すると、介護にも導入され、介護によって病人、高齢者のQOLを高め、QOLのさらなる向上に貢献することもまた介護の目的とされている。 介護保険法や支援費支給制度により障害者が在宅介護や施設介護のサービスを また、介護を行う介護福祉士や訪問介護員等の介護職や、介護サービスの利用の調整を図る介護
    16キロバイト (2,503 語) - 2020年10月9日 (金) 14:34



    (出典 ggo.ismcdn.jp)


    人間には限界というものは必ずありますからね。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/28(水) 21:49:25.55

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d8b4118b573407a48542abb6aa5c45e630f08ba

    黒髪をキュッと結んだポニーテール。白いブラウス。顔を上げた小柄な女性(22)は、年齢より幼く見えた。

    9月、神戸地裁。幼稚園教諭だった女性は、初めて法廷に立った。同居していた祖母(当時90歳)の殺害を認め、
    「介護で寝られず、限界だった」と語った。親族から介護をほぼ1人で背負わされ、仕事との両立に苦しんだ末のことだった。

    なぜ、社会人1年目の女性は「大好きだったおばあちゃん」を手にかけるまで追い詰められたのか。裁判を傍聴し、関係者への取材を重ねた。

    ◇両親離婚、育ててくれた「大好きなおばあちゃん」

    2019年10月8日早朝、女性は神戸市須磨区の自宅で同居する祖母の口にタオルを押し込み、窒息死させた。認知症だった祖母には、
    徒歩5分以内に住む3人の子供がいた。女性の伯父、父、叔母だ。にもかかわらず、介護は家族の中で女性がほぼ1人で担った。

    そうなった経緯には女性の生い立ちが大きく、関係している。

    女性が3歳の時に両親は離婚。ともに暮らした母は、小学1年生の時に脳出血で亡くなった。児童養護施設に移された女性を引き取ったのが、
    父方の祖母だった。学費や生活費を工面してくれ、ピアノも買ってもらった。幼稚園の先生になる夢も応援してくれた「大好きなおばあちゃん」だった。

    一方、祖母には気性が激しい面があった。「あんたは借金ばかりつくった母親から生まれたんや」と、女性に存在を否定するような言葉を
    投げることも少なくなかったという。女性は中学生になると、精神的なバランスを崩すようになった。睡眠薬を大量に飲み、何度も救急車で運ばれた。
    医師からは「祖母と同居しない方がいい」とアドバイスされ、叔母の家に身を寄せた。

    短大に進学し、睡眠薬の服用もなくなった女性は夢だった幼稚園教諭として働くことが決まった。しかし、その頃から祖母の体調が
    悪化し始めたことで、女性の生活は再び狂い始めた。

    19年2月、祖母は自宅前の坂道で転んで入院した。アルツハイマー型認知症と診断され、排せつや身の回りのことが1人でできない要介護「4」と認定された。
    自宅に戻った祖母は、靴を履かずに深夜にうろつき、近所の家の呼び鈴を鳴らした。「おばあちゃんを一人で家に置いておくのは危ない」。
    それが親族の総意だった。

    ◇親族の協力得られず、仕事との両立に悲鳴

    誰が祖母を介護するのか。神戸市内で清掃会社を経営する伯父は仕事に忙しく、父は手足がしびれる病気だった。叔母にも小さい子供がいた。
    「おばあちゃんに学費を出してもらったんや。あんたが介護するのが当然やろ」。叔母の一声で、介護は女性が担うことになった。
    幼稚園教諭として働き始めて1カ月後、7年ぶりに祖母との同居が始まった。

    この頃、女性は高校の同級生だった親しい友人に、「祖母の介護を始めて、おむつ代や食費も自分で出している」と打ち明けている。
    慣れない仕事への戸惑いもこぼした。連日上司や同僚に怒られ、職場で介護の話をしても「ウソつき」と、取り合ってもらえなかったという。

    祖母は平日の日中こそデイサービスに通ったが、夜間や土日は自宅にいる。女性は毎日、仕事から帰宅した後、祖母に夕食を食べさせた。
    1~2時間おきにトイレに連れていき、排せつすればシャワーを浴びさせた。深夜の散歩に付き合った。1日2時間ほどしか眠れなかった。

    同居を始めて2週間で、女性は限界を察した。「介護は無理かもしれん」。父と叔母に伝えた。

    女性と親族の関係は特殊だ。中学から短大時代まで身を寄せた叔母の家では、「許可がないと遊びに行けない」と友人にこぼし、
    叔母の子供の面倒をみるために学校の早退や部活を休むことがよくあったという。

    裁判で検察官が読み上げた供述調書によると、伯父は女性について「明るく優しい子。きょうだいが母の世話を任せきりにしていた。重い罪は望まない」と話した。

    だが、「無理かも」とこぼした女性に、叔母は「それくらいコントロールできるやろ」と言うだけだったという。女性は祖母を担当するケアマネジャーと
    直接連絡を取ることも禁じられ、何を言っても「あなたが面倒をみて」。事件が起きたのは、そんな生活が5カ月続いた末のことだった。

    事件当日は、朝からどんよりと曇っていた。まだ暗い午前5時半、女性は隣で寝ていた祖母に「汗をかいた」と起こされた。

    ※以下、全文はソースで。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1603883054/
    1が建った時刻:2020/10/28(水) 12:32:18.34


    【【衝撃】これは切ないって⁉ 介護が限界でついにやってしまった・・・】の続きを読む


    Sentenceなどの刑は公的な資料などでは「拘禁」と訳される。これらの自由にも刑務作業が定められている場合があり便宜的に「懲役」と訳されることもあるが、日本などの懲役刑とは異なり刑務作業は刑罰の内容として位置づけられているわけではない(後述)。 懲役は日本など自由
    49キロバイト (7,991 語) - 2020年10月6日 (火) 08:19



    (出典 gowell-town.com)


    今後はやはりこういったケースが増えてくるのだろうか・・・

    1 Stargazer ★ :2020/10/22(木) 09:51:42.02

     今年8月、福岡市・天神の真珠販売店。女(30)がカッターナイフを店員に向けて現金を脅し取ろうとした。結果は未遂。恐喝未遂と建造物侵入の罪に問われ、福岡地裁は21日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡した。新型コロナウイルスの影響で解雇され、路上生活を経ての犯行。相談は恥だと思っていたという。コロナ禍は弱い立場の人ほど追い込んでいく。福祉、行政は頑張りどころにきている。

     判決によると、被告は8月20日昼、店員の女性にカッターナイフを向け「お金を出してください、切りますよ」と脅迫。通報するそぶりに逃げ出した。判決理由で加藤貴裁判官は「被害者に相当の恐怖心を与えた」と指摘する一方、犯行直後に自首したことなどを踏まえ、執行猶予とした。

     公判での被告人質問などによると、物心がついた時には「久留米市の施設」にいた。中学卒業まで施設で過ごし、飲食店での勤務を転々とした。当時から現在まで、家族とはほぼ絶縁状態。父親の顔は知らない。

     「辞めてもらえないか」。2月、勤務先のうどん店の店長に告げられた。新型コロナで客足が遠のいていた。休業だと国の支援金制度の対象。解雇の場合は雇用保険などが受け皿になる。被告の保険の状況は定かではない。

     家賃が払えなくなり、相談相手もいないまま孤立を深め、夜逃げ同然で久留米市のアパートを出た。

           ◇

     福岡市に向かった。都会の求心力に引き寄せられた。中央区の警固公園や周辺で寝泊まりし、紙に「食べ物をください」と書いて路上に立つ日々。現金を差し入れてもらったときにはネットカフェで休んだ。居候をさせてくれた女性もいた。善意が染みた。

     公園を巡回する警備会社の女性(57)はベンチで過ごす被告の姿を覚えている。「ここで寝泊まりしていたら危ないよ」。声を掛けたが返事はない。通りすがった人が「福祉施設に入ったほうがいい」と話し掛ける様子も見掛けたが、しばらくして姿を見なくなったという。

     被告は福祉に頼ってはいけないと思い込んでいた。「私は健康だし、恥ずかしい」

     だが数カ月で限界がきた。所持金257円。「私もおいしいものを食べて、新しい洋服も買いたい」。カッターナイフを握った。高級感があり、店員が1人の店に狙いをつけた。ためらい、ためらい、3度目の入店で声を発した。未遂に終わると交番に駆け込み、一部始終を話し、逮捕された。公判で被告は店や被害者に謝罪した上で、「普通の生活がしたい」と打ち明けた。

     新型コロナに関する解雇や雇い止めは非正規社員を中心に6万人を超す。住まいを失うケースの増加も懸念される。自殺者は増加傾向にあり、30代以下の女性が目立つ。

     行政も路上生活をする人たちへの巡回支援をしているが、その網の目から漏れた。「支援が届かず、救えなかった」。国選弁護人を務めた若杉朗仁弁護士は言う。

     今後は一時的に宿泊場所や食事が提供される法務省の「更生緊急保護」制度で生活再建を目指すという。

     「自分で何でもできる人ばかりではないから、さまざまな支援制度がある。相談することを考えてください」。判決言い渡し後、裁判官の説諭にうなずいた被告。また、仕事をしたいと願った。

    (森亮輔)

    西日本新聞 2020/10/22 6:04
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/656595/
    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603319053/


    【【衝撃】なぜこんなことに⁉ コロナで解雇された女性が恐喝未遂で懲役刑だって⁉】の続きを読む


    新米と古米(しんまいとこまい)は、その年に収穫された米と、前年に収穫された米。 同様に、前々年に収穫された米を古古米・古々米(ここまい)、以下同様に、古古古米・古々々米(こここまい)、古古古古米・古々々々米(ここここまい)と、古(こ)を収穫した年から現在までの年数分呼ぶ。 新米と古米の区別について、明確な定義はない。
    3キロバイト (572 語) - 2020年1月22日 (水) 06:16



    (出典 www.jacom.or.jp)


    最近、こういった窃盗事件が多いように思えます。

    1 ◆SAKAi/7Pq4H6 さかい ★ :2020/09/21(月) 08:19:28.09

    出荷直前の新米3.7トン盗まれる 茨城・神栖市
    https://www.google.com/amp/s/news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/amp/000193665.html
    2020/09/21 00:55 テレ朝news

     茨城県神栖市で農家の倉庫から出荷直前の新米約3.7トンが盗まれました。

     警察によりますと、20日午前7時半ごろ、神栖市の農家の男性(70)が倉庫の中を確認したところ、新米約3.7トンがなくなっていることに気付き、警察に届け出ました。盗まれた新米は出荷する直前のもので、30キロの袋で123袋あり、80万円相当だということです。男性は倉庫のシャッターは降ろしていましたが、鍵は掛けていませんでした。警察は、男性が最後に確認した19日午後8時ごろから20日午前7時半ごろの間に何者かが倉庫に侵入して新米を盗んだとみて捜査しています。

    前スレ(★1 2020/09/21 月 06:49:44.25)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600638584/


    【【事件】ひどい・・・茨城県で出荷直前の新米が何者かに盗まれる⁉】の続きを読む


    殺害(さつがい)とは動物を死亡させること。人を死亡させることを殺人(さつじん)と表現する。 生命は、その生化学的な機能を有し、また生物的な活動を持って「生きている」と認識される。殺害は、この生命に働き掛けて、その機能を破壊するなどして、生命としての活動を停止させる行為である。
    13キロバイト (2,236 語) - 2020年5月28日 (木) 18:18



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    色んなことが積み重なって事件まで発展したように思えます、何だか切なさを感じます。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/12(土) 08:24:28.53

    https://news.yahoo.co.jp/articles/043eec1aedc85d83da6459462b1809ee3d0407e3

    高校2年の孫娘を自宅で殺害したとして、福井県警は10日、福井市黒丸城町、
    無職冨沢進容疑者(86)を殺人容疑で逮捕した。
    孫娘は上半身を複数回刺されており、捜査関係者によると、冨沢容疑者は
    「カッとなってやった」などと容疑を認める趣旨の供述をしているという。
    事件当時、酒を飲んでおり、県警は詳しい状況を調べる。

    発表では、冨沢容疑者は9日夜、同居する冨沢友美さん(16)の上半身を刃物で刺して殺害した疑い。

    捜査関係者によると、友美さんは福井市内の別の家で両親と暮らしていたが、家族の事情で最近、冨沢容疑者宅に移り住み、
    2人で暮らしていたという。

    友美さんは上半身を複数回刺されていたが、身を守ろうとした際の傷はほとんどなかった。
    横たわった状態で刺されたとみられ、県警は就寝中に襲われた可能性があるとみている。

    冨沢容疑者は友美さんの父親に電話。現場に駆けつけた父親が110番した。

    近所の住民らによると、冨沢容疑者と友美さんは一緒に買い物に行く姿が目撃されるなど、
    仲が良さそうだったという。

    友美さんが通っていた私立啓新高校(福井市)によると、友美さんは大学進学を希望しており、
    「将来は学校の先生になりたい」と話していたという。事件当日の9日も登校しており、
    荻原昭人校長は「明るく朗らかな生徒で、悩んでいる様子はなかった。本当にショックだ」と話した。


    【【衝撃】福井県の女子高生殺害事件、なぜこんなことになったのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ