オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ: 事件・事故


    硫酸の性質は濃度と温度によって大きく異なる。濃度の低い硫酸(質量パーセント濃度が約90%未満)水溶液を希硫酸(きりゅうさん)という。希硫酸は強酸性だが酸化力や脱水作用はない。濃度の高い硫酸(質量パーセント濃度が約90%以上)を濃硫酸(のうりゅうさん)と呼び、強力な酸化力や脱水作用を有し、濃硫酸のハメットの酸度関数は96%では
    37キロバイト (5,436 語) - 2021年8月26日 (木) 16:38


    まさか沖縄県まで逃亡していたとは・・・でも捕まってよかった!

    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/28(土) 12:14:20.41

    今月24日、東京・港区の地下鉄の駅で男性が硫酸を顔にかけられて大けがをした事件で、警視庁は沖縄県内で容疑者の身柄を確保し傷害の疑いで逮捕しました。被害者の男性とは大学時代に同じサークルだったということで警視庁が詳しいいきさつを調べています。

    逮捕されたのは静岡市葵区の職業不詳、花森弘卓容疑者(25)です。

    今月24日の午後9時すぎ、東京・港区の地下鉄・白金高輪駅で22歳の会社員の男性が男に突然、硫酸をかけられ顔などに全治6か月の大けがをし、後ろにいた34歳の女性も転倒して軽いけがをしました。

    警視庁は防犯カメラの映像などから、花森容疑者を特定し傷害の疑いで逮捕状をとって全国に指名手配していましたが、捜査関係者によりますと、28日午前、沖縄県内で発見し身柄を確保したということです。

    これまでの調べで、容疑者は駅の改札を出た後、被害者の男性のあとをつけるように近づき、追い抜きざまに瓶に入った硫酸をかけたとみられています。

    被害者の男性とは沖縄県内の大学で同じサークルに所属していたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

    捜査関係者によりますと調べに対して「今は話したくない」などと供述しているということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210828/k10013228661000.html

    ★1 2021/08/28(土) 10:52:06.89
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630118228/


    【【朗報】やっとか‼ 東京・白金高輪駅、硫酸による傷害事件の容疑者がついに逮捕‼】の続きを読む


    硫酸の性質は濃度と温度によって大きく異なる。濃度の低い硫酸(質量パーセント濃度が約90%未満)水溶液を希硫酸(きりゅうさん)という。希硫酸は強酸性だが酸化力や脱水作用はない。濃度の高い硫酸(質量パーセント濃度が約90%以上)を濃硫酸(のうりゅうさん)と呼び、強力な酸化力や脱水作用を有し、濃硫酸のハメットの酸度関数は96%では
    37キロバイト (5,436 語) - 2021年8月25日 (水) 15:07


    えっ、まだ捕まってないの⁉ 確か防犯カメラには映っていたはずだよね⁉

    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/26(木) 14:19:05.70

    東京メトロ南北線白金高輪駅(東京都港区)で24日夜、男性会社員(22)ら2人が男に硫酸とみられる液体をかけられるなどして負傷した事件で、男が少なくとも3駅前から男性の後を付けていたとみられることが26日、捜査関係者への取材でわかった。警視庁捜査1課は、男性を意図的に狙った計画的な犯行とみて、傷害容疑で男の行方を追っている。

    捜査関係者によると、男性は帰宅途中の白金高輪駅構内で被害に遭った。その3駅前の溜池山王駅で乗り換えていたが、駅の防犯カメラに逃走した男の特徴と似た人物が写り込む様子が記録されていたという。

    男は、男性から5~6メートル離れた同じ車両の別のドアから一緒の電車に乗り、白金高輪駅に到着後は、男性と同じドアから降りた。その後、男性と一定の距離を保ったまま後を付け、地下1階のエスカレーターを降りた踊り場で、すれ違いざまに液体を顔にかけて、そのまま逃走した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/911c0d4f60527c0778021bfc844db620da54f65b


    【【話題】東京・白金高輪駅で硫酸かけて逃走した男ってその後どうなった⁉】の続きを読む


    硫酸の性質は濃度と温度によって大きく異なる。濃度の低い硫酸(質量パーセント濃度が約90%未満)水溶液を希硫酸(きりゅうさん)という。希硫酸は強酸性だが酸化力や脱水作用はない。濃度の高い硫酸(質量パーセント濃度が約90%以上)を濃硫酸(のうりゅうさん)と呼び、強力な酸化力や脱水作用を有し、濃硫酸のハメットの酸度関数は96%では
    37キロバイト (5,436 語) - 2021年8月5日 (木) 23:55


    それにしても、硫酸なんてどこで手に入れたんだろう・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/24(火) 23:40:47.68

    24日午後9時すぎ、東京・港区の東京メトロ・白金高輪駅で、男が硫酸を男性にかけ、逃走しました。男性は顔にやけどをしているということです。

     午後9時すぎ、東京メトロ・白金高輪駅の構内で、男が20代の男性に液体をかけ、逃走しました。関係者によりますと、液体は硫酸で、かけられた男性は顔にやけどをしているということです。男性に意識はあるということです。また、撒かれた硫酸に足を滑らせ転倒した女性も、足にやけどをしているということです。男性は「目が開けられない」などと訴えているということです。

     目撃者によりますと、男がエスカレーターで男性に向かって液体をかけたということです。逃走した男は40代から50代くらいで、黒いポロシャツを着て、白いマスクを着用していたということです。警視庁が詳しい状況を調べています。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4344449.html

    ★1 2021/08/24(火) 22:58:35.12
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1629813515/


    【【速報】こわっ・・・東京・白金高輪駅で男が硫酸をかけ2人がやけど‼】の続きを読む


    窃盗罪(せっとうざい)とは、他人の財物を故意に持ち去ることや無断で使用することを禁止する犯罪類型のことである。違反して窃盗を犯した者は刑罰によって処断される。 歴史的に倫理的・道徳的に反社会的行為とされ、何らかの意味で所有の概念を持つ社会においては、殺人や強姦と並ぶ典型的な犯罪類型とされている。誰
    19キロバイト (3,115 語) - 2021年6月21日 (月) 00:35


    ますますテレ朝のイメージが悪くなりそうだ・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/19(木) 12:24:41.55

     テレビ朝日は19日、ワイヤレスイヤホンを盗んだとして、窃盗などの疑いで同社社員が警視庁に逮捕されたと発表した。

    https://nordot.app/800927006850170880


    【【速報】えっ、またテレ朝社員が事件起こしたの⁉ 今度はいったい何をした⁉】の続きを読む


    小田原急行鉄道が設立され、1941年(昭和16年)に親会社の鬼怒川水力電気がこれを合併して小田急電鉄となった。第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)5月1日に東京急行電鉄(いわゆる大東)に統合されたが、戦後の1948年(昭和23年)、東京急行電鉄の再編成により、東京急行電鉄(現在の東
    133キロバイト (17,682 語) - 2021年7月29日 (木) 17:54


    最近、こういった事件って本当に多くなっているような気がします。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/08/07(土) 10:53:38.83

    https://nordot.app/796530173542776832?c=39546741839462401

    東京都世田谷区で6日、小田急小田原線の電車内で乗客が刃物で刺されるなどして
    男女9人が重軽傷を負った事件で、警視庁成城署捜査本部は7日、重傷の20代女性への
    殺人未遂容疑で川崎市多摩区の職業不詳の対馬悠介容疑者(36)を逮捕した。
    警視庁によると、「幸せそうな女性を見ると*てやりたいと思った。誰でもよかった」と話している。

    事件は6日午後8時半ごろ、小田原線成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走行していた
    藤沢発新宿行きの快速急行(10両編成)の電車内で発生。成城署捜査本部によると、
    20代女性が背中などを刺されて重傷で、男性8人が軽傷とみられる。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1628299608/
    1が建った時刻:2021/08/07(土) 09:32:33.25


    【【必見】小田急線9人刺傷、逮捕された36歳男性の動機とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ