オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ: 投資ニュース


    【必見】このご時世、やってはいけない投資信託とは?


    投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて拠出された資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう運用を指図し、運用成果を投資
    56キロバイト (8,985 語) - 2022年1月27日 (木) 13:39


    投資は人から勧められてやると失敗した時必ず後悔してしまう。だからこそ面倒だが納得いくまで自分自身で調べ尽くしてやった方がいいと思う。

    【【必見】このご時世、やってはいけない投資信託とは?】の続きを読む


    投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて拠出された資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう運用を指図し、運用成果を投資
    56キロバイト (8,985 語) - 2022年1月27日 (木) 13:39
    頭は痛くなるけど、今はどうすることもできないので、ひたすら耐えるしかないな。

    1 スペル魔 ★ :2022/03/10(木) 19:22:21.81

    「岸田首相が『新しい資本主義』を掲げ、金融資産の運用益に対し一律20%だった課税率を引き上げる考えを示したことなどにより、自民党総裁選出時に3万円だった日経平均株価は、直近で2万5,000円台まで下落しました。リーマンショックならぬ“岸田ショック”といわれる動きを、一部の投資家だけに影響があると考える人も多いでしょう。しかし、岸田ショックに加え、コロナ禍やウクライナ情勢など、直近の株価のマイナスは、私たちの年金資金にも深く関係してくるのです」

    こう指摘するのは、1級FP技能士の古田拓也さんだ。古田さんは、実は誰もが“間接的な投資家”だと説明する。

    「たとえば銀行は、一般の人から預金を集め、その資金を運用に回して利益を出しています。運用で利益が出なければ、振り込みやATM利用時の手数料が高くなるなど影響が出ることも。私たちの年金の原資の一つである積立金も、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)によって国内外の株式や債券で運用されているため、残高は株価の影響を受けやすいのです」(古田さん)

    『2020X金融資産消滅』の著書がある、野村投信(現野村アセットマネジメント)の元ファンドマネージャー・近藤駿介さんは、次のように試算している。

    「GPIFが運用している年金積立金は、昨年末までに総額約200兆円ありましたが、米国の利上げなどのあおりを受け、あくまで概算ですが、現在までに9兆円ほど減っている可能性があります」

    この年金積立金は、高齢社会を迎える前に、年金受給者へ支払う以上の保険料が集まったことから将来のために積み立てられ、’06年度からGPIFが運用することに。

    「アメリカでは、年金の“2階部分”の資金が株式で運用されているケースはありますが、“1階部分”の基礎年金に関しては、非市場性の国債で運用。リスクは極めて低いです」(近藤さん)

    GPIFもかつては積立金の60%はリスクの低い国内債券を中心に運用していたが、安倍政権時の’14年に、リスクのある株式運用の割合を24%から50%へと倍増させた。

    その結果、’15年度の中国の景気後退では約5兆3,000億円、’18年度の米中貿易戦争時は約14兆8,000億円の損失を出すこともあった。それでも「株価は変動するもの。一喜一憂せず、長期的視野でみるべき」と楽観視されてきたがーー。

    「現役世代の保険料や国庫だけでは年金を維持できず、GPIFの資金を取り崩す時期も迫っています。長期的な運用ができる状況ではなくなりつつある」(近藤さん)

    現在、コロナ禍による業績悪化で国民の賃金が下がり、それに伴い集まる年金保険料が減少しているとみられている。

    そのしわ寄せはすでに受給額にも表れており、厚労省は、4月からの年金支給額を、昨年より0.4%引き下げると発表。厚生年金のモデル世帯の受給額は、月額22万496円から903円減額となる。年間では1万836円のマイナスだ。

    ■この先20年で年金の積立金が枯渇する可能性も

    このように、年金財政は待ったなしの状況。近藤さんは、GPIFの資金は早ければ年内にも取り崩されると予想する。

    「年間の年金支給額は55兆円ほどですが、そのうちの5兆円前後をGPIFの積立金でカバーすることになりそうです」

    (略)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5c958b43b7581e9ae2460d87e7d5f65edd92d29
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646897816/


    【【心配】どっ、どうしよう・・・日本の株価暴落が止まらないんだけど⁉】の続きを読む


    【驚愕】えっ、何これ⁉金の先物価格がマジでヤバいことになっているんだけど⁉


    先物取引といい、定型化されていなくて相対で決める物を先渡取引という。先物取引は市場デリバティブ取引となる。先物取引はかつては定期取引や清算取引とも呼ばれた。 先物取引においては、市場が期日(取引最終日・納会日)を決める。売買の当事者が任意に期日を決める先渡取引とは異なる。 取引
    60キロバイト (10,065 語) - 2021年12月31日 (金) 10:43


    これだけ買いが殺到しているという事は近いうちに大暴落も有り得るという事です。一先ず今は様子見かな。

    【【驚愕】えっ、何これ⁉金の先物価格がマジでヤバいことになっているんだけど⁉】の続きを読む


    【心配】天国か?地獄か?ウクライナショックで金価格はどうなる⁉


    先物取引の契約単位を「枚」と呼ぶなどその名残が残っている。これ以前にも、1568年に開設されたロンドン(イギリス)の取引所や1531年に開設されたアントウェルペン(ベルギー)の取引所があったが、これらの取引所で行われていたのはあくまで現物取引の先渡取引である。
    73キロバイト (12,861 語) - 2022年2月18日 (金) 23:35


    結局、これはどっちに傾くのかわからないという事か・・・完全にギャンブル化しているよね。

    【【心配】天国か?地獄か?ウクライナショックで金価格はどうなる⁉】の続きを読む


    【必見】うわっ、ちょっと待って~や‼ウクライナショックで株価が・・・


    2022年ロシアのウクライナ侵攻は、2022年2月24日に開始したロシアによるウクライナへの全面侵攻である。攻撃は、長期にわたる軍事力の増強、ロシアによるドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の国家承認、続いて2022年2月21日にウクライナ東部のドンバスへのロシア軍の派遣後に始まった。2月24
    41キロバイト (4,474 語) - 2022年2月24日 (木) 13:25


    これマジきっついわ‼売ろうにも売られへんし・・・ってそんな状況になっていませんか?

    【【必見】うわっ、ちょっと待って~や‼ウクライナショックで株価が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ