オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    カテゴリ: 政治経済


    アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎の11月に行われる一連の選挙手続
    36キロバイト (2,778 語) - 2020年11月3日 (火) 06:45



    (出典 www.nippon.com)


    これは目が離せないですね、すごい大統領選だ!!

    1 夜のけいちゃん ★ :2020/11/04(水) 16:55:37.30

    ■ロイター 開票速報(見やすいです)
    https://graphics.reuters.com/USA-ELECTION/RESULTS-LIVE-US/dgkvljawovb/index.html

    ■朝日新聞
    【速報中】米大統領選、開票作業始まる 軍配はどちらに
    https://www.asahi.com/articles/ASNBX4RX3NBXUEHF004.html

    08:00
    一部の州で開票作業始まる
    米中西部インディアナ州など一部の州で投票が締め切られ、開票が始まった。東部から西部にかけて順次開票作業が行われる。すでに1億人以上が郵便投票などで期日前投票を行っており、集計が遅れる可能性もある。

    ■Yahoo!ニュース 開票速報
    https://news.yahoo.co.jp/story/1829

    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)


    ■NHK 開票速報
    https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/

    ■CBS 開票速報
    https://www.cbsnews.com/2020-us-election-battleground-tra*er/

    ■CNN 開票速報
    https://edition.cnn.com/election/2020/results/president

    ■FOX 開票速報
    https://www.foxnews.com/elections/2020/general-results

    ■ABC 開票速報
    https://abcnews.go.com/Elections

    ■NBC 開票速報
    https://www.nbcnews.com/politics/2020-election

    ■関連ニュース
    バイデン氏がバーモント州で勝利確実
    https://this.kiji.is/696515782412862561
    トランプ氏がインディアナ州で勝利確実
    https://this.kiji.is/696522699004544097
    トランプ氏がケンタッキー州で勝利確実
    https://this.kiji.is/696523703462888545
    バイデン氏が首都ワシントンで勝利確実
    https://this.kiji.is/696527243514922081
    バイデン氏がニューヨーク州で勝利確実
    https://this.kiji.is/696543964388082785
    バイデン氏が7州と首都、トランプ氏は7州
    https://this.kiji.is/696548116738950241
    米大統領選、バイデン氏8州獲得
    https://this.kiji.is/696506216154940513
    バイデン氏14州と首都獲得
    https://this.kiji.is/696506216154940513
    フロリダ州はトランプ氏
    https://this.kiji.is/696596562763842657
    テキサス州でトランプ氏勝利
    https://this.kiji.is/696604144151725153

    ■関連スレ
    【速報】バイデン氏「結果は4日朝以降になる可能性。結果を楽観視、最後の票が集計されるまで選挙は終わらない」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604469479/
    【速報】大票田のテキサスもトランプ氏が勝利 残りは9つの州 バイデン223-トランプ212(過半数270、日本時間15時10分時点)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604470456/

    前スレ(★1が立った時間 2020/11/04 水 09:06:42.93)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604475786/


    【【速報】もう後がない・・・大統領選、トランプ氏が大ピンチ⁉】の続きを読む


    アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎の11月に行われる一連の選挙手続
    36キロバイト (2,778 語) - 2020年11月3日 (火) 06:45



    (出典 vdata.nikkei.com)


    これは結果が出るまではわからない。

    1 ばーど ★ :2020/11/04(水) 09:06:42.93

    ■朝日新聞
    【速報中】米大統領選、開票作業始まる 軍配はどちらに
    https://www.asahi.com/articles/ASNBX4RX3NBXUEHF004.html?iref=comtop_7_01

    08:00
    一部の州で開票作業始まる
    米中西部インディアナ州など一部の州で投票が締め切られ、開票が始まった。東部から西部にかけて順次開票作業が行われる。すでに1億人以上が郵便投票などで期日前投票を行っており、集計が遅れる可能性もある。

    ■NHK
    大統領選2020 開票速報
    https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/?utm_int=news_contents_news-closeup_001

    ■CBS 開票速報
    https://www.cbsnews.com/2020-us-election-battleground-tra*er/>>1

    ■CNN 開票速報
    https://edition.cnn.com/election/2020/results/president

    ■FOX 開票速報
    https://www.foxnews.com/elections/2020/general-results

    ■ABC 開票速報
    https://abcnews.go.com/Elections

    ■NBC 開票速報
    https://www.nbcnews.com/politics/2020-election


    【【速報】運命の日、大統領選の行方は⁉ さぁ~笑うのはどっちだ!!】の続きを読む


    テイクアウトとは、客が飲食物を店内から持ち出して自宅へ持ち帰るなどして店外で食べる飲食店のシステムである。 日本では持ち帰りまたはお持ち帰りとの意味でこう呼ばれる。 テークアウトとも称される。 日本において「テイクアウト」は、飲食物を店外に持ち出すことを意味する。客が直接持ち出す場合をテイクアウト
    6キロバイト (745 語) - 2020年5月28日 (木) 12:40



    (出典 www.ktv.jp)


    やっぱり唐揚げとごはんは最高の組み合わせです!!

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/11/03(火) 10:55:26.88

    唐揚げの専門店が増えている。主な材料である鶏肉は割安で、出店も手軽にできる。
    コロナ下にあっても堅調で、持ち帰り需要はむしろ追い風だ。

    ファミリーレストランや居酒屋などの大手も本格的に参入し始めた。苦境の外食業界を唐揚げが救うのか。

    調査会社の富士経済によると、唐揚げをメーンに提供する専門店は大分県北部を中心に発展し、
    2010年ごろから全国に広がり始めた。その数は、17年の920店から19年には1700店に急増した。

    10年に創業した鶏笑(とりしょう)(大阪市)は、「低コスト省スペース」を武器にフランチャイズ店を増やし、全国に150店超を構える。

    出店に欠かせないのは簡単な建物とフライヤー、冷蔵庫ぐらい。
    初期費用は700万円からで、一般的な飲食店の3分の1ほどで済む。

    6~12坪の店は駅前よりも賃料が安めの住宅地が中心だ。調理は簡単で、飲食店経営の経験がなくても始めやすいという。

    買い手の事情も追い風になっている。共働きの世帯が増え、手間のかかる唐揚げを自宅でつくらなくなった。
    新型コロナウイルスの影響で自宅で食事をする機会が増え、持ち帰り需要は高まっているもようだ。

    コロナの影響で、外食大手すかいらーくホールディングスが営むファミリーレストランは、売り上げが落ち込んだ。
    最も厳しかった今年4月の既存店売上高は前年の6割にとどまった。

    そんななか、90店ほどの唐揚げ専門店「から好(よ)し」は、前年並みを維持し続けた。持ち帰り需要が追い風になった。
    そこで、すかいらーくは「から好し」をファミレス「ガスト」のなかに併設する策に打って出た。8月のことだ。

    調理場やレジはガストと共有。フライヤーさえ増やせば、簡単に出店できる。併設店は現在200ほど。
    全国1100店超のガストに、来年3月までに一挙に入れる計画だ。

    居酒屋大手ワタミも唐揚げ店「から揚げの天才」のフランチャイズ店を急速に増やしている。
    5月時点で直営を含む7店だったが、すでに50店超。22年3月までの300店をめざす。

    10月には、ビールやハイボールなども出す「から揚げの天才酒場」を東京・五反田に開いた。
    これまでの出店は郊外や商店街中心だったが、「ちょい飲み」の要素を加えて都心への進出を図る。
    https://www.asahi.com/articles/ASNBZ5R9DNBPULFA00H.html

    ワタミが展開している「から揚げの天才」。コンテナ型の店で、999万円で出店できるという=2020年9月11日、埼玉県上尾市

    (出典 www.asahicom.jp)


    【飲食】なぜ? 唐揚げ店で「衣」をはがして食べる女性客に店主も困惑…迷惑客を追い出せるのか★7
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602994158/


    【【話題】ただいま唐揚げ専門店急増中、もう~唐揚げ好きにはタマラン!!】の続きを読む


    手数料(他行利用手数料や時間外手数料、振り込み手数料など)は、通例、口座残高から自動的に手数料を差し引いており、現在では地方銀行でも全て手数料を取るようになっており、かつて手数料が無料だったサービス(両替機の利用、土曜日の引き出しなど)も相次いで有料化する傾向もあるため、手数料
    4キロバイト (519 語) - 2019年11月2日 (土) 15:38



    (出典 may.2chan.net)


    普通に高い・・・銀行さんも収益を上げるのに必死だ!!

    1 ばーど ★ :2020/11/03(火) 08:21:40.56

    大手銀行の三井住友銀行が、来年4月からコンビニのATMを利用する際の手数料を変更します。利用が多い毎月25日と26日の日中は無料にする一方、それ以外の平日では日中は220円、夜間は330円に引き上げるとしています。

    発表によりますと、来年4月5日から、コンビニのATMで預金を引き出す際の手数料は、給料日などで利用が多い毎月25日と26日の午前8時45分から午後6時の日中は無料、それ以外の時間帯は110円にします。

    それ以外の日では平日の日中は220円、それ以外の時間帯は330円に引き上げます。

    一方、銀行の本店や支店のATMの手数料は変わらず、平日の日中や、毎月25日と26日は無料、夜間や土日などは110円とします。

    銀行によりますと、キャッシュレスの普及にともない、ATMの利用件数は去年に比べておよそ2割減っているということで、こうした変化も踏まえ、手数料を見直したとしています。

    コンビニのATMの手数料をめぐっては、ことし5月に、大手銀行の三菱UFJ銀行が、毎月25日と月末日の手数料を引き下げた一方で、それ以外の日は引き上げ、見直しの動きが広がっています。

    2020年11月2日 19時58分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201102/k10012692991000.html

    関連スレ
    【銀行】三井住友銀行、コンビニATMの手数料を改定。毎月25、26日の日中は無料、それ以外の日は値上げ [記憶たどり。★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604285726/

    ★1が立った時間 2020/11/03(火) 00:08:06.03
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604329686/


    【【必見】来年の4月からコンビニATMの手数料が高くなるってマジ⁉】の続きを読む


    東京一極集中(とうきょういっきょくしゅうちゅう)とは、日本において、政治・経済・文化・人口など、社会における資本・資源・活動が東京都区部、あるいは首都圏(東京圏)のなかでも1都3県(東京都を筆頭に神奈川県、埼玉県、千葉県)に集中している状況を言う。 首都圏への人口流入を見ると、1955年から1970年頃までは毎年30万
    95キロバイト (14,288 語) - 2020年10月31日 (土) 03:08



    (出典 s.mxtv.jp)


    やっぱり収入や人脈を増やすチャンスが多いからかな~。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/02(月) 17:36:19.06

    コロナ禍で在宅勤務やリモートワークが推奨され、人々が東京から地方へ移るという見かたがある。しかし、戦後から続く「地域間再分配」制度は、メスの入れようのない根深さだった――。

    ※本稿は『Voice』2020年11月号より一部抜粋・編集したものです。

    半世紀以上解決されない東京一極集中
    日本には2つの社会がある。“東京”と“それ以外”だ。東京は富を生み出す。世界とつながり、競争している大企業が多く存在している。多様性も高い。他者との交流から文化・芸術まで、豊かな機会を享受できる。かくして東京には人が集まる。

    他方、東京以外の社会は閉じた社会だ。地元のつながりが、経済、社会、政治を動*。三世帯同居の多さなど、家族のつながりが子育てなどを容易にしている面もあるが、若年層の流出も大きい。

    こうした2つの社会が存在していることを、多くの人々は問題視してきた。自民党政権も、東京一極集中の是正を長く主張し、安倍長期政権も地方創生を掲げ、その是正に努めてきた。

    コロナウイルス禍は、この事態を変えるのか。たしかに、災禍は時に都市構造や国土構造を変える。1923年の関東大震災では、東京からの人口流出が生じ、1925年には合併を経た大阪市の人口が東京市を抜いた。2011年の東日本大震災も多くの人々に移動を強いた。

    今回も、都市部における感染症への脆弱性を嫌い、地方へ移住する人や、企業の移転が散見される。人々の意識も変わりつつあるようだ。

    今年六月に、内閣府意識調査(「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」)で、「地方移住への関心に変化はありましたか」と尋ねたところ、関心が(やや)高くなったと答えた人は、三大都市圏の全年齢で15.0%、東京圏の20代では27.7%となる。

    今年7月の財務総研のレポートのように、こうした状況が一極集中を緩和する契機となるという予測も多い(奥愛・永井里奈「新型コロナ感染症拡大で考える東京への人口一極集中とコロナ後の変化」)。

    しかしそう簡単ではないだろう。遡れば、この問題は、1960年代に、都市部の過密と農村部の過疎が問題視され、国土の均衡ある発展をめざす国土計画がつくられたところから始まる。

    国土計画は5次にわたり改正を重ねながら、その目標を追求してきた。1980年代以降、大阪から東京への本社移転が増えたことで、「大都市圏への集中」から「東京一極集中」へと是正の対象は絞られたが、問題の構造は同じである。

    したがって、1960年代の国土計画から、現在の地方創生に至るまで半世紀以上、政府は都市とそれ以外の格差是正に取り組んできた。しかし、一極集中は強まるばかりである。

    では、なぜ失敗を続けてきたのか。それは、本当のところ、東京以外の人々も東京の人々も、“現状”を変えるインセンティブを見出せていないからではないか。

    ならば解き明かさなければならないのは、そもそも東京以外の人々、東京の人々それぞれが、現状をどう捉え、どのように評価しているかということだ。

    次ページは:戦後から変わらぬ「地域間再分配」制度

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b76446047184766f8ce6e384a5855733410cd3a8

    ★1 2020/11/02(月) 11:59:33.20
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604302077/


    【【疑問】なぜ人は東京に流れていくのか?東京一極集中の謎に迫る!!】の続きを読む

    このページのトップヘ