オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    2021年10月


    【悲報】ロッテ、痛恨の逆転負けで優勝逃す・・・


    1月18日、永田は友人である岸信介の斡旋により、ロッテをスポンサーに迎えて業務提携を結び、球団名をロッテオリオンズに改称。ただ、正式な球団買収ではないので球団の経営は従来通り毎日大映球団(=永田側)が行って、ロッテは球団名の冠スポンサー(現在に置き換えれば命名権の制度に近い)を取得する形としてとどまった。このため、ロッテ本社からの人材の派遣は行われなかった。首位阪急と5
    252キロバイト (38,046 語) - 2021年10月27日 (水) 14:33


    最後はオリックスに優勝を持っていかれたけど、後半は本当によく盛り返した思う。

    【【悲報】ロッテ、痛恨の逆転負けで優勝逃す・・・】の続きを読む


    【仰天】えっ、いつの間に⁉ パ・リーグはオリックスが25年ぶりの優勝‼


    ーズンから舞洲バファローズスタジアム(大阪市此花区の舞洲スポーツアイランド内)を本拠地に定めている。 2004年シーズン終了後に、神戸を本拠地とするオリックス・ブルーウェーブが、大阪を本拠地とする大阪近鉄バファローズを吸収合併したことによって誕生した球団である。「バファローズ
    283キロバイト (43,882 語) - 2021年10月27日 (水) 17:07


    25年ぶりといったらイチロー選手がまだ在籍していた頃でしたよね。いや~本当に長かった。

    【【仰天】えっ、いつの間に⁉ パ・リーグはオリックスが25年ぶりの優勝‼】の続きを読む


    小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年〈昭和27年〉7月15日 - )は、日本の政治家。東京都知事(第20・21代)。都民ファーストの会特別顧問。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。 テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター、参議院議員(1期)、衆議
    149キロバイト (20,835 語) - 2021年10月15日 (金) 11:44


    いくら知事といっても身体は一つしかないので、感染者が少ない今のうちに休んでおいた方が良いと思う。

    1 ネトウヨ ★ :2021/10/27(水) 20:40:56.15

    東京都は27日夜、小池知事が過度の疲労で入院したと発表しました。都によりますと、小池知事は1週間程度の静養が必要になったということです。入院の期間中は武市副知事が代理を務めるということです。

    小池知事はことし6月にも過度の疲労のため9日間、入院して静養しました。都の関係者によりますと、今回の入院はこの時と同じような理由だということです。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211027/k10013324791000.html


    【【速報】えっ、小池知事ってまた入院したの⁉】の続きを読む


    新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)のことである。20
    322キロバイト (36,415 語) - 2021年10月27日 (水) 04:19


    日々、増えたり減ったりでどちらに傾くのか・・・読めないなぁ~。

    【【速報】果たして・・・本日(10/27)の気になる東京都の新規感染者数は⁉】の続きを読む


    新聞社と呼ばれる新聞・報道を専門とした会社組織・報道機関が発行する新聞は情報の影響する範囲が広範囲であり、影響力は発行部数にほぼ比例する。小さなコミュニティの内部にも存在する場合があり、例えば学校のクラス・部活動などで発行する学級新聞や学生新聞、地域で発行する地域広報などがある。新聞
    41キロバイト (6,163 語) - 2021年9月29日 (水) 07:50


    今は新聞で記事を読むよりもネットで記事を読む時代だから仕方がないと思う。

    1 デビルゾア ★ :2021/10/27(水) 06:10:44.06

     先日、選挙ドットコムという媒体の動画企画で論客の西田亮介さんとご一緒する機会があり、その席で「おい、一郎。情報通信白書読んだか。ついに新聞を読んでる10代がゼロになったぞ」と教えてもらったんですよ。
     見物にいったら、やっぱり新聞を読んでいる10代はほぼゼロになっていました。

    政治や社会問題の争点が遠い世界のことに

     何が大変だって、新聞やラジオに親しんできた60代から80代以上の世代と、これから日本社会を担う10代の若者たちの間では、当たり前のことですが「どの媒体から情報を得て、何に信頼を置くのか」がまったく異なるようになってしまうということですよ。

     ある調査では、年代別政党支持率の参考にする次回投票意向先について、10代、20代は47%から49%が自民党に投票し、最も低い60代が30%ほどであることを考えると、中高年は特に「政治はこうであるべき」という気持ちが強いこともあって「若者の右傾化」みたいなことをいう人が増えるのも事実なんですよね。

     ただ、今回の総務省が出した情報通信白書のように、そもそも若い人が新聞を読まないよとなると、例えば党派性の強い朝日新聞や東京新聞といった媒体からの情報を得なくなる。それどころか、10代20代における新聞に対する信頼がテレビよりも低いという状態になると、彼らのリテラシーからすれば政治に関する問題やいま起きている社会問題に対する争点などは遠い世界のことになってしまう。

     他方、20代の大学院生や社会人と話をしていると、かなりナチュラルに「就職先がちゃんとある自民党のほうがいいです」とはっきり言ってくる人たちもいる。政治について語ることが若者の間でさしたるタブーにならなくなり、いまの生活に概ね満足だから自民党政治を追認するという、安保闘争を戦い抜いてきた団塊世代が聴いたら憤死しかねない発言をけっこう普通にするんです。出世をあまり考えず、給料は安くても働き口があるならば、生活ができて概ね満足という「志のない若者が増えた」と中高年が思うのは、新聞を通じて「こういう社会であるべき」というイデオロギーが希薄になって生活保守が強くなってしまったからなのでしょうか。

    (中略)

    新聞は、紙を捨てた後に何を残すのか

     何よりも、若い人にリーチしなくなった新聞を作っている新聞産業の人たちが長年の低落傾向を前に悩んでおられたのだろうと思いますが、ついに10代でほぼゼロとなってしまった新聞は、紙を捨てた後に何を残すことになるのでしょうか。海外の事例では、デジタルシフトを鮮明にしてサ*クリプション(月額課金など)に移行して影響力を保っている新聞社も出ていますが、なにぶん、日本の新聞社は巨大であり、事実上不動産業みたいな状態になっている面もあるので、あまり機動的な対応ができないまま衰退が決定的になってしまった印象です。

     再生エネルギーにせよ原発再稼働にせよ、イデオロギーとしてしか見ず、産業の転換や社会の変容のところまで読み解けないまま汚染水放流反対と論陣を張った新聞社たちの自業自得もありつつ、とはいえ新聞社が担ってきた「機能」は残っていくでしょうから、その次をどうするのか実に悩ましい局面になったなあと思います。

     若い人の読者が「ほぼゼロ」の媒体って、*しかないと思うので。

    (全文はこちら)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8fab313d1208ff1863ac871c4967b99da392c0


    【【社会】新聞を読んでる10代が『ほぼゼロ』という衝撃の実態が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ