オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    2021年10月


    オートマチックトランスミッション(英: automatic transmission、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えた、トランスミッション(変速機)の総称である。
    40キロバイト (5,973 語) - 2021年9月17日 (金) 20:42


    少子高齢化社会に伴い、事故率を減らすことが目的なのでしょうか。

    1 鬼瓦権蔵 ★ :2021/10/02(土) 09:39:40.41

    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a76ed1f67eb6d738e0158b77cd2bb9a610e3325

    今や新車の99%がAT車だと言われる日本。逆にMT車に乗っている人が珍しがられることも多くなった。
    いっぽう欧州ではいまだにMTが根強いようだが、よくよく考えれば日本にも、MTが多数派だった時代があったはずだ。
    それが、いつのまに「MT嫌い」になってしまったのだろうか?

    日本人は間違いなくMTが嫌いである。
    自販連のデータによると、2019年に販売された新車に占めるAT率は98.6%。これは、データが確認できるすべての国の中で最も高い数字だ。
    日本に続いてAT率が高い国はアメリカで、2017年のデータで97%となっている。しかしアメリカはAT発祥の地であり、もともとAT帝国だった。
    そのアメリカより、日本はAT率が高いのだから恐れ入る。

    AT率は世界の中でも日米が突出して高く、それに続くのが東南アジアや中東、そしてオーストラリアだ。
    意外なことに中国ではまだMT車が売れていて、AT率は半数に達していない。これは、中国の民族系メーカーが作る安価なクルマの多くがMTであることが主な原因だ。

    自動車発祥の地・欧州でも、AT率はじわじわ上昇中だが、2010年の段階で17%。最近のデータは不明だが、まだ圧倒的にMTのほうがメジャーだ。
    欧州では、AT車が基本的に高級車に限られるので、お金持ちの多い国ほどAT率が高く、主要国の中ではドイツが約3割でトップ。しかしそれでも7割がMTなのだ!

    その背景には、「ATはダサイ」という、日本ではカーマニアだけが持つ固定観念が、まだ広く浸透している事実がある。

    国産車に初めてATが導入されたのは、1959年のトヨグライドで、1960年代から多くのモデルにATが用意されたが、1977年の段階でもまだ少数派だったのだ。
    1970年代、多くの日本人はまだAT車に接したことはなく、1980年代から急速に普及したと考えられる。

    当初はどこか「ヘタクソ用」というニュアンスも存在したが、1977年、我が家の日産 ローレルに乗った人たちは、揃って「最新技術!」と恐れ入っていたので、そのようにポジティブに捉える人も少なくなかっただろう。
    では、日本でAT率がどのように推移したかを見てみよう。

    ■日本におけるAT比率の推移
    1985年/48.8%
    1990年/72.5%
    1995年/80.8%
    2000年/91.2%
    2005年/96.6%
    2010年/98.3%
    2015年/98.4%
    2019年/98.6%
    (日本自動車販売協会連合データより)

    ■道路環境もMT比率激減の要因
    ATは1980年代、半数を超え7割にまで大増殖し、1990年代に9割を超えた。
    近年は98%台で頭打ち状態だが、もはや極限の数字と言える。20世紀中はまだ、MT派には「MTのほうが速いし、燃費もいい」という拠り所があった。

    ところが21世紀に入るとその差がどんどん縮まり、ついには速さでも燃費でもATがMTを上回ってしまった。その時点でMT派の拠り所は趣味性のみになり、一種の変わり者扱いへと転落したのである。

    では、日本人が世界一のMT嫌いになったのは、なぜなのか?理由のひとつは、日本人の意識の変化だ。

    バブル期までは、クルマは豊かさの象徴だったから、MTには自慢や見栄(≒モテ)の一手段としての価値があったが、現在クルマは白物家電化し、運転はラクなほどいいものになった。
    一部のクルマ好きにとっても、ATのほうが性能がいいという事実が重くのしかかる。

    もうひとつの理由は、日本の道路環境にある。
    日本は道路整備を後回しにし、戦後モータリゼーションの波が到来すると、どこへ行っても渋滞だらけになった。
    現在はかなり緩和されたが、人口密度の高さや警察の「止めてナンボ」の発想もあって、一般道はどこへ行っても信号だらけ。MTで楽しく気持ちよく走れる道路は非常に限られる。

    いっぽう欧州では、大都市内はさすがに混んでいるが、一歩郊外に出ればそこはドライバーのパラダイス。
    信じられないほど運転が楽しい。郊外ではラウンドアバウト(信号のない円形交差点)がほとんどなので、停止する機会は非常に少ない。
    MTの操作は「楽しい軽スポーツ」そのもので、これを拒絶してAT車に乗る者の気が知れない。


    【【疑問】そう言えば、日本ってなぜ『AT車』ばかりなのかな?】の続きを読む


    (デマゴギーからのリダイレクト)
    デマが広がり、大別して11種類に分けられるという。内訳は「情報の混乱によるデマ」「科学的・医学的知識の欠如によるデマ(疑似科学を含む)」「偏向報道によるデマ」「政治家を貶めるデマ」「外国の支援を政府が妨げているとするデマ」「政府批判デマ」「その他企業・個人を批判するデマ」「人種差別デマ
    51キロバイト (7,797 語) - 2021年9月13日 (月) 06:35


    世の中を混沌とさせることによってお金儲けの手段として利用できるからではないでしょうか。

    1 ベクトル空間 ★ :2021/10/01(金) 00:33:07.98

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fc6154b5f3a82b2134c8a208d007c1de113dde6
    (全文はリンク先を見てください)
    国内で新型コロナワクチン接種が始まり8カ月が経った。接種できる環境は整いつつあるが、いまだに忌避する人もいる。ワクチンに対する不安や誤解が根強く残っているのはなぜか。鳥取大学医学部附属病院 感染制御部部長の千酌浩樹氏は「人間は不確実性を回避する傾向が強く、ベネフィットがリスクを上回っても合理的に判断できない」という――。
    【この記事の画像を見る】
     ※本稿は、鳥取大学医学部附属病院広報誌『カニジル 8杯目』の一部を再編集したものです。
    ■コロナワクチンは理論上、“いいとこ取り”である
    【リテラシー】 「なぜワクチンのデマが拡がるのか?」 接種のメリットを人間が合理的に判断できない理由5 [ベクトル空間★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633010474/


    【【疑問】もう嫌だなぁ~・・・なぜワクチンのデマって拡がるのだろうか?】の続きを読む


    岸田内閣(きしだないかく)は、自由民主党総裁の岸田文雄が2021年(令和3年)10月4日に第100代内閣総理大臣に任命され、宮中での閣僚の認証を経て成立する予定の内閣である。自由民主党と公明党を与党とする連立内閣(自公連立政権)となる予定。 同年9月29日に実施された2021年自由民主党総裁選挙にお
    2キロバイト (106 語) - 2021年9月30日 (木) 17:15


    副総理&財務大臣のポジション、現時点で麻生さん以外に任せられる人がいないのではないでしょうか。

    1 樽悶 ★ :2021/10/01(金) 03:37:59.36

     自民党の岸田文雄新総裁が副総裁に麻生太郎副総理兼財務大臣の起用を固めたニュースを受け、ツイッターでは「麻生太郎氏」がトレンド入り。硬直した印象のある党人事に落胆の声が多く寄せられた。

     副総裁人事のニュースが流れると、ツイッターでは「麻生太郎氏」がトレンド入り。「旧弊をがっつり温存か。ダメダメだな」「ダメだこりゃ」と落胆の声が寄せられたほか、「自民は換気の悪い密の部屋」「ここまで来ると変わらなすぎて悔しい」と、新しい風が吹かない党人事を憂慮する声が相次いだ。

     岸田新総裁は29日の総裁選で、河野太郎行政改革担当大臣を破って新総裁に選出。「総裁選は終わりました。ノーサイドです。全員野球で自民党が一丸となって衆院選、そして参院選に臨んでいこう」とあいさつした。

    9/30(木) 22:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210930-00000095-chuspo-soci

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【速報】そうですか・・・岸田新内閣、副総裁に〇〇を起用⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ