オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。

    2021年03月


    サラリーマンと呼ばれる。若者を中心にリーマンと略されることがある。サラリーマンと言う言葉は男性をイメージさせるとして、女性に対してはOLやキャリアウーマンなどと呼ぶ場合が多いが、男女平等が広まった事で、どちらも死語になりつつある。 国語辞典で「サラリーマン
    17キロバイト (2,273 語) - 2021年2月20日 (土) 10:43



    (出典 ggo.ismcdn.jp)


    今の世の中、労働のみで収入を安定させるのが難しくなっている以上、やはり投資に目覚めるしかないのだろうか。

    1 ボラえもん ★ :2021/03/01(月) 18:25:18.34

    「老後に備えて貯蓄を」十分にできているでしょうか。
    子の教育費、親の介護費、自分の生活費…。日々の暮らしに精一杯な日本人の現状は、データにも表れています。

    ●老後のための貯蓄ゼロの異常事態

    ■50代の3人に1人が老後貯蓄ゼロという現実。このままでは「下流老人」「老後破産」へまっしぐら~誰も逃げられない老後の生活苦

    最近、「下流老人」あるいは「老後破産」という言葉をよく耳にするようになりました。
    年金や貯蓄だけでは老後生活が立ち行かなく、生活が困窮してしまう高齢者のことです。
    考えるだけでも気がめいりますが、これは特別なことではなく、誰にでも起こりうる問題なのです。

    その証拠としてフィデリティ退職・投資教育研究所のレポートを紹介しましょう。
    フィデリティというのは、ご存じの方も多いと思いますが、世界的な資産運用会社で日本でも投資信託などを提供しています。

    このレポートは、サラリーマン1万人への調査を行ったものですが、驚くべきは退職準備金が0円の人が約41%もいるということです。
    2人から3人に1人が、老後のための資金をまったく準備できていないことになります[図表1]。

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    年齢が高くなるにしたがって、その比率は下がりますが、50代でも3人に1人が0円の状況です。
    定年延長が話題になっているとはいえ、50代といえば、リタイアは目前に迫っています。老後生活を迎えるまでに十分な蓄えをするのは、ほぼ不可能といってもいいでしょう。

    ■貯蓄ゼロの理由は晩婚化と高齢化

    なぜ、このような状況になってしまったのでしょうか。その理由は晩婚化と長生きだといわれています。
    最近は、一生シングルで過ごす人も増えていますが、結婚する人でもその年齢自体が上昇しているのです。

    証拠として、厚生労働省のデータを紹介しましょう。平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況によると、
    平均初婚年齢は男性が約31歳、女性が29歳です。職場の同僚や知人を見ても、20代で結婚する人は減っているのではないでしょうか。

    晩婚化が進めば、当然、子どもを産む年齢も高くなります。仮に男性が31歳で結婚し、2年後に子どもが生まれたとして33歳。
    その子が大学を卒業して独立するころには、父親の年齢が50代に突入しています。

    若いうちから老後資金を貯蓄するのが理想ではありますが、子どもの教育費がかかる間は、それで精いっぱい。
    自分たちの老後資金など、つい後回しになってしまうのが現実です。前述の調査のように老後資金の蓄えが0円ということは、十分にありうるのです。

    一方で長生きする人が増加しています。平成26年の簡易生命表によると、平均寿命は男性が80.5歳、女性が86.8歳です。
    しかも、平均寿命というのは、あくまでも平均で、多くの人は、その年齢に達しても、もうしばらくは長生きします。

    平均寿命の時点で、どのくらいの人が生存しているかを見ると、男女ともに約6割となっています。
    半分以上の人が平均寿命を超えて長生きをしており、90歳を超えても長生きしている人が男性で4人に1人、女性の2人に1人に達しています。

    そう考えると、老後資金の計算は、平均寿命までではとうてい足りないという状況になってしまいます。
    安心して長生きをするためには、100歳までを視野に入れて、資金の準備をする必要がありそうです。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7769d1661978462ad33b4678d0ff9a39a4dadd1f

    ★1が立った時間:2021/03/01(月) 16:20:18.42
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614583218/


    【【必見】これマジかよ⁉ お金のないサラリーマンが急増しているだって⁉】の続きを読む


    先進国(せんしんこく、英: developed country)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。対義語は「後進国」であったが、侮蔑的とされるようになったため、現在では発展途上(開発途上国)の呼称が一般的である。
    35キロバイト (1,201 語) - 2021年2月1日 (月) 13:01



    (出典 pbs.twimg.com)


    政府はもっと積極的に外国人の意見を取り入れた方がいいのではないでしょうか。

    1 ボラえもん ★ :2021/03/01(月) 03:44:39.52

    いまや日本社会は外国人労働者なしには成り立たない。それは健全なのか。
    作家・相場英雄氏は最新刊『アンダークラス』(小学館)で、外国人技能実習生の問題を取り上げた。
    相場氏は「日本人は貧乏になった。だから労働力を外国人に頼らざるを得ない。その事実に気付いていない人が多すぎる」という――。(前編/全2回)

    ■ニューヨークでは「ラーメン一杯2000円」が当たり前

     ――『アンダークラス』で技能実習生の問題に着目したいきさつを教えてください。

     僕の仕事場は新宿・歌舞伎町の近くにあるのですが、この数年、人の流れが目に見えて変わってきました。

     朝方、24時間営業のハンバーガーチェーンで、大きなバックパックを背負った配達員が眠りこけている。
    その隣には、たくさんの荷物が入った手提げ袋を抱えた若いホームレスが力尽きたように休んでいる。
    外には店内に入れずに一晩中、歩いている人がいる。しかも、ハンバーガーチェーンやコンビニで深夜から早朝に働いている店員は、ほとんどが外国人。いびつな風景だと感じました。

     日本は、いったい、どんな国なのか。なにかがおかしい。そんな違和感が、外国人労働者や、技能実習生に注目したきっかけでした。

     もう一つが、海外での体験です。

     数年前、ニューヨークに行く機会があり、ラーメンを食べました。日本では通用しないマズいラーメンが一杯2000円。
    小皿料理を注文し、ビールを飲んだら5000円を超えました。これはアメリカの経済が成長を続け、物価も給与水準も上がっているからです。
    一方、日本は経済が低迷し、物価が下がり続けています。日本はもはや先進国ではない、と感じたのです。

    ■「日本人はとっくにお金持ちじゃなくなった」

     ――作中に登場するベトナム人技能実習生の「日本人はとっくにお金持ちじゃなくなった」というセリフが印象的でした。

     それが外国人の実感だと思いますよ。

     4年前、取材旅行で訪ねた香港で、紹介制の高級レストランに行きました。
    店の前にはリムジンがずらりと並び、店内にいるさまざまな国の人たちは一目で裕福だとわかりました。日本人のわれわれが、明らかにもっとも金がない存在でした。

     活気にあふれた香港から東京に戻ると、日本全体が寂れたシャッター街のように見えました。
    にもかかわらず、ほとんどの人が日本が転落した現実に気づいていません。

     2000年代に入り、タイやベトナムなどの東南アジアの国々も一気に経済成長しました。
    日本が1950年代から70年代に約20年もかけて達成した高度経済成長を、わずか5年から10年程度で成し遂げつつある。
    少し前まで、アジアの国々に対して、日本が面倒を見ている発展途上国というイメージで捉えていた人が多かったのではないかと思いますが、いまその国々が日本を上回りつつある。

    ■インバウンドが増えていたのは、日本の物価が安いから

     ――この数年、「日本食がおいしい」とか「日本の伝統文化がスゴい」というテレビ番組が人気ですが、経済が後退した反動なのかもしれませんね。

     コロナ以前は、インバウンドが増えていました。もちろん日本への憧れをもって来日する人もいたとは思います。
    しかし、もっと違う理由があるのではないかという気がしていました。

     一昨年まで高校時代から北米に留学した息子の友だちが、よく日本に遊びにきていました。
    当初、気を遣って「狭いけど、うちに泊まるか? 」と聞いていた。でも「大丈夫。日本は物価が安いから。インペリアルのスイートに泊まれる」と言うんです。
    確かに、帝国ホテルの値段では、アメリカの中堅ホテルにも泊まれない。日本の物価が安いからインバウンドが増えた。そう考えると日本をめぐる現状が腑に落ちてきます。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/53d39921fb9eadbc9920bfcbb0f9e472329bad78

    ★1が立った時間:2021/02/28(日) 18:20:32.03
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614527643/


    【【衝撃】やっ、やばい!! このままでは日本はますます『貧乏』になっていく・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ