オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。


    【必見】えっ、そうなん⁉『ふるさと納税』7つの落とし穴とは?


    ふるさと納税ふるさとのうぜい)とは、日本で2008年(平成20年)5月から開始された、地方と大都市の格差是正・人口減少地域における税収減少対応・地方創生を主目的とした寄附金税制の一つ。法律で定められた範囲で地方自治体への寄付金額が所得税や住民税から控除される。…
    91キロバイト (12,847 語) - 2022年11月7日 (月) 12:09


    へぇ~知らなかった・・・気を付けないと。

    【【必見】えっ、そうなん⁉『ふるさと納税』7つの落とし穴とは?】の続きを読む


    和室(わしつ)は、伝統的な日本の家屋に特有の、畳を敷き詰めた部屋。畳の敷き方にもしきたりがあるが、その畳の敷かれた枚数で部屋の大きさを測るのもよく知られている。家の中心になる部屋には、床の間がある。 空間は、障子や襖(ふすま)で囲まれ、特に障子は、空間が完全に断絶されているとも、いないともいえる曖昧…
    3キロバイト (515 語) - 2022年11月15日 (火) 06:23
    ちょっと寂しくなるよね。

    1 ぐれ ★ :2022/12/03(土) 06:00:24.31ID:BQLxgvrX9
    ※2022.12.02
    FRaU

    和室が減っている…!
    去年から、賃貸物件を内見し続けている。資料の本が増え過ぎて手狭になり、17件も内見したうえで去年の11月にいったん引っ越しをした。しかし、選んだ部屋は定期借家だったので、期限までにもう一度引っ越さなければならないからだ。

    部屋の条件として、夫婦2人の仕事部屋と本棚置き場を確保することに加え、使い勝手のよいキッチンも欲しい。しかし予算内である程度交通と買い物が便利な場所では、なかなか見つからない。探し回っているおかげで、東京の物件事情にずいぶん通じてきた。

    たくさん部屋を見るうちに気づかされたのが、日本人の生活スタイルの変化だ。何しろ、賃貸に出されている部屋の中には、築数十年の古い物件や、元は昭和前半生まれの高齢者のオーナーが住んでいた、という部屋もあるからだ。中でも興味深いのが、和室のポジションである。そこで今回は、部屋を管理する家事の視点から、和室について考えてみたい。

    広さがある割に家賃が安い物件は、何らかの難を抱えている。交通が不便、築年数がかなり古いという事情以上に目立つのが、実は和室の数である。

    続きは↓
    https://gendai.media/articles/-/102826
    ※前スレ
    【住宅】日本人の「和室離れ」がますます進んでいる「避けられない理由」 「畳離れ」も顕著に [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669975277/

    ★ 2022/12/02(金) 19:01:17.93

    【【社会】日本人の和室離れが進んでいる『避けられない理由』とは?】の続きを読む


    森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
    37キロバイト (3,642 語) - 2022年11月28日 (月) 08:11
    当然ですね、こんな勝ち方をして続投しない訳ない‼

    1 首都圏の虎 ★ :2022/12/03(土) 11:01:24.19ID:nsglHtOI9
     日本サッカー協会は、「*組」ともいわれたE組で首位突破を決めた、森保一監督(54)の手腕を高く評価した。現在はFIFワールドカップ(W杯)期間中のため、延長オファーをすぐには出さないが、大会終了後に検証の時間を経て早ければ22年中、遅くても23年1月までには正式オファーを出す。

     森保監督との契約はこの大会まで。日本協会の田嶋会長は森保采配を高く評価しつつも「最後の決断はオレがするけれど(続投は)技術委員会で決めること。オレはしゃべらない」。しかしある幹部は「森保が断らない限り、この大会を最後に彼との契約を延長しない理由がない」と話した。

     特に今大会、負傷者が続出するなど、万全な戦力ではない上に「*組」と言われたほどの強敵ドイツ、スペインを撃破した求心力を高く評価する。

     大会後、森保監督は約1カ月の長期休暇をとり、激戦の疲れを癒やす予定。その間、大会の検証とともに、田嶋会長を中心に選定委員会数人の協議を経て正式に続投要請する流れとなる。そのため、次期監督選任は長期化するが、森保監督の続投の方針が変わることはない。

     森保監督には「(スペインのように)子どもからA代表まで同じサッカーができるように、日本もなった方がいい」との願望がある。長期体制に突入すれば、その夢の現実味も増してくる。【盧載鎭】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/508e73d3918b757e4fba9f9f0ddf21c2e050b630

    【【注目】歴代最高⁉森保一監督続投オファーへ!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ