オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。


    世論調査(よろんちょうさ、せろんちょうさ)とは、ある社会集団の構成員について世論の動向を明らかにする目的で行われる統計的社会調査、またはその調査技法。これらの業務を担当したり生業として活動する者は世論調査員と呼ばれる。 統計学的な手法を用いて世論を明らかにする調査世論調査
    56キロバイト (9,144 語) - 2021年3月4日 (木) 19:26



    (出典 i.ytimg.com)


    委員会が開催を断言している以上、世間がどう言おうと開催はほぼ間違いないでしょう。

    1 アリス ★ :2021/05/17(月) 08:07:41.83

    東京オリンピック・パラリンピックを延期、または中止したほうが良いと考える人が8割以上に上ることがANNの世論調査で分かりました。

    調査は15日、16日に行いました。

    東京オリンピック・パラリンピックについて、「7月開催で良い」と答えた人は15%にとどまり、「さらに延期した方が良い」「中止した方が良い」と答えた人が合わせて82%に上りました。

    2021/05/17 06:01
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000216300.html

    ★1:2021/05/17(月) 06:58:35.28
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621202315/


    【【必見】どうする政府⁉ 東京五輪、意地でも開催を貫き通すのか⁉】の続きを読む


    本仮屋 ユイカ(もとかりや ユイカ、1987年9月8日 - )は、日本の女優、司会者。本名同じ。東京都目黒区出身。スターダストプロモーション所属。 10歳の時に芸能事務所テアトルアカデミーに所属し[要出典]、『わくわくサイエンス』(NHK教育)でテレビ初出演。日本大学芸術学部演劇学科を卒業。
    36キロバイト (4,504 語) - 2021年5月13日 (木) 23:55



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    せっかくの新番組が・・・それにスタートしたばかりで降板なんてあまり聞いたことがないんですが。

    1 首都圏の虎 ★ :2021/05/16(日) 09:44:21.64

     女優の本仮屋ユイカが16日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「地方創生プログラム ONE―J」(日曜・午前8時)に生出演した。

     同番組で本仮屋と共にパーソナリティーを務めていた映画コメンテーターの有村昆が写真週刊誌「FRIDAY」で女性とのラブホテル密会を報じられ、当面の間の自粛が決まり番組を降板した。

     経産省が後援し地方創生がテーマの同番組は、女優の本仮屋ユイカと有村がパーソナリティーを務め今年4月にスタートしたばかりだった。

     この日の生放送で本仮屋が有村から謝罪の手紙を番組へ寄せられたことを明かし、読み上げた。リスナー、番組関係者にあてた手紙は「この度は、身勝手で不見識な行動で大変お騒がせし、誠に申し訳ございません」と謝罪し、「先日発売の一部週刊誌で報じられている内容については事実でございます」と認め「記事をご覧になりました方には大変、不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません」などと繰り返し謝罪していた。

     この手紙を本仮屋は時折、涙ぐみながら読み上げ「これを受けまして有村さんはこの番組を降板することになりました」と発表した。続けて本仮屋は、有村の降板について「正直、すごく驚いていて、まだ戸惑っています、私は」と明かした。

     さらに「でも、私自身は、人はいろんな顔を持ち合わせているんじゃないかなと考えていて、私自身もいろんな顔がありますし。私は私の知っているアリコンさんの顔?ラジオが大好きで私に対して誠実にラジオのことを教えてくださったその顔とかお言葉とか教えてくださったことを大事に今日も楽しい放送をお届けしたいと思っています」と明かした。

     その上で「今回のことでみなさんから心配やお気遣い、励ましのメッセージをいただきました。本当に本当に心強かったです。まだ番組開始して1か月でみなさんの習慣の中にONE―Jという存在が根付いていないんじゃないかなと思っていたんですけど、こんなにたくさんの方の生活や心とか、頭の中にONE―Jという存在をおいてくださっていることを感じて、すごく幸せに感じております」とリスナーへ感謝していた。続けて「なので、引き続きお耳とお知恵、お心をお借りいただければと思います」と呼びかけていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0658b6b63bb5e81ff4b8419029a05beb552622c

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【話題】いったい何が⁉ 女優・本仮屋ユイカが『涙声』で謝罪⁉】の続きを読む


    家事(かじ)とは、家庭に関することがらのことをいう。主に次の2つの意味で用いられる。 家庭に関する紛争、審判手続など。家事事件手続法に定められた事件、家庭裁判所で取り扱う事件。離婚、養子縁組、離縁、扶養、相続、成年後見などが、家庭裁判所で扱う家事事件の対象である。詳しくは家事事件手続法もしくは家庭裁判所を参照。
    4キロバイト (549 語) - 2021年3月18日 (木) 21:29



    (出典 www.e-life.jp)


    イライラする原因は何なのか?その根本的なことから解決しないと改善は難しいと思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/05/17(月) 07:39:45.42

    夫が家事に手を出したとき、妻からひどくバッシングされる代表例が「買い物」だ。家事研究家の佐光紀子さんは「妻にはいつも買っている『わが家の定番』がある。しかし夫はそれを意識していない。だから『牛乳を買ってきて』といわれても、間違った品物を選んでしまう」という――。(第2回/全3回)
    ※本稿は、佐光紀子『なぜ妻は「手伝う」と怒るのか:妻と夫の溝を埋める54のヒント』(平凡社新書)の一部を再編集したものです。



    ■妻からバッシングされがちな買い物
    「はじめてのおつかい」というテレビ番組をご存じだろうか。

    子どもが、親御さんに頼まれて、初めてひとりでおつかいに行く姿をテレビカメラが追うドキュメンタリーだ。大人と一緒ならなんのことはないタスクを、三歳、四歳の子が初めてこなすことで起こる大冒険。

    買うものを忘れてしまったり、おつりを取り忘れたり、買ったものが重くて持ち帰るのがつらくなってしまったり。そんなトラブルを乗り越えようとする子どもたちを、親ではなく、お店や周囲の大人が助ける。

    途中で、くたびれてしまって、道にへたりこんだり、一緒にでかけた弟がだだをこねたりする姿を、カメラが丁寧に映し出すという人気番組だ。

    確かに初めておつかいに行く三歳児、四歳児にとって、おつかいは文字通り未知の世界だろう。だが、見方を変えると、三歳児、四歳児でも、こなせるのがおつかいだ、とも言える。初回は確かに大冒険でも、慣れてくれば、子どもたちも、近所のお店に牛乳を買いに行くことなど、苦もなくこなせるようになってしまう。

    そういう意味で、おつかいは、子どものお手伝いの典型だ。子どもでもできるんだから、大人の夫にとっては朝飯前。そう言いたいところだが、実際は、夫が手を出したときに、妻のバッシングがひどい家事の一つが、買い物だ。

    ■妻が想定した“絶対の正解”を買わなければ感謝されない
    夫の買い物ネタをよく取り上げている投稿サイト「ガールズちゃんねる」から、バッシング具合をいくつか引用する(この章での引用は特に断りがなければ同サイトより)。

    ・大体間違えるから頼まない
    ・画像付きで買い物頼んでも違うの買ってくるからもうどうしたら……
    ・三つ頼むとそのうちの二つを忘れて、その代わり大量のお菓子を買ってくる。子供のおつかいみたいだなぁと思うことがある。
    夫の買い物へのコメントで非常によく出くわすのが「違う」「間違えた」という言葉だ。

    これは、彼女たちの頭の中に、絶対の正解があることを示している。彼女たちが買い物を頼むとき、頭の中には、ドストライクの商品が一つはっきりとイメージされている。

    それ以外のものは全て、はずれであり、間違いなのだ。別の言い方をすると、彼女たちの想定している絶対の正解を買ってこなければ、感謝もされないし、喜んでももらえない。

    子どもがおつかいでうまくいくのは、単体やごく少数のものを頼まれるからだ。そこには、子どもの自主性も独自の判断も、入り込む余地はない。言われたことをちゃんとやることが、買い物の最大のタスクなのだ。

    そういう意味で、おつかいではあくまでも、ボスたる妻のご意向にあったものを外さずに買ってくることが求められる。買い物、特に頼まれたものを買ってくるというおつかいの作業は、独自性や任せてもらうタイプの家事シェアにはなりにくいことは、頭の片隅においておきたい。

    ■頼まれた商品を買ってくればいいわけではない
    こと買い物に関して言うと、妻の中にある絶対の正解は、二つの要素から構成されている。

    一つは商品そのものの選択。もう一つは「正しい」単価だ。この両方がクロスしたところが彼女のドストライクの正解となる。そして、このドストライクから外れればはずれるほど、「これじゃない!」「違うものを買ってきた!」という怒りは大きくなると、腹をくくった方がよいと思われる。

    ストライクゾーンについて、ガールズちゃんねるに出てくる例から、いくつか具体的に考えてみたい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/20200620/
    2021年5月16日 11時15分
    プレジデントオンライン

    前スレ 2021/05/17(月) 00:06
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621198433/


    【【話題】妻がイライラする夫の行動とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ